教員情報 : 高知工科大学

高知工科大学

教員情報

yamamoto-tetsuya-1.jpg

 

山本 哲也   YAMAMOTO Tetsuya
              1959年生まれ   男性

  職位 教授
  役職 マテリアルデザインセンター長
  所属 総合研究所
総合研究所 マテリアルデザインセンター

教員略歴

学位 理学博士
学歴 北海道大学大学院理学研究科物理学専攻前期博士過程 修了(1988)
大阪大学大学院基礎工学研究科物理学専攻後期博士課程 修了(1997)
職歴 旭化成株式会社研究開発本部基盤技術センター・コンピュータサイエンス室配属(1988~1999)
EOM 国際コンソーシアム in U.S.A.委員(1992~1997)
ダルムシュタット工科大学(ドイツ)派遣研究員(1996~1997)
阪大客員研究員(1997~1998)
高知工科大助教授(1999~2002)
高知工科大教授(2002~)
東北大金属材料研究所非常勤講師(1999~2000)
名工大非常勤講師(2000~2001)
宮崎大非常勤講師(2001~2002)
大阪府大非常勤講師(2001~2003)
理化学研究所共同研究員(2002~2004)
東工大非常勤講師(2003~2004)
資格
専門分野 物質設計
半導体物理工学
磁性体物理工学
計算物理
物性理論
所属学会 応用物理学会
Material Research Society
日本材料学会
Society for Information Display (SID)

本年度担当講義

学部・学群 

大学院

研究シーズ

相談可能な領域 

  • 物質設計全般:製膜プロセスと薄膜物性機能との関わり
  • 計算科学:第1原理電子構造計算による物質設計
  • 物質設計と基本特許

現在の研究 

  • ワイドバンドギャップ半導体 (ZnO、 GaN、 AlN、 ZnS など)における価電子制御
  • 酸化物透明導電膜の電気・光学・磁気特性の設計と成膜装置の開発、および製膜プロセスと薄膜機能(電気特性・光学特性・多結晶構造による粒界効果など)との関係
  • フレキシブルデバイス用透明電極の設計と機能制御
  • 半導体ガスセンサー

研究業績

主な受賞歴など 

  1. 文部科学大臣賞受賞(研究部門)。業績名:「液晶ディスプレイに実用可能な酸化亜鉛機能膜の開発研究」(2011)

代表的な研究論文 

  1. タイトル:Young’s Modulus and Coefficient of Linear Thermal Expansion of ZnO Conductive and Transparent Ultra-Thin Films
    著者  :YAMAMOTO, Naoki,Makino, Hisao,Yamamoto, Tetsuya
    発表誌 :Advances in Materials Science and Engineering,Vol.2011
    発表年 :2011
  2. タイトル:Development of Ga–doped ZnO Transparent Electrodes as Alternatives for ITO Electrodes in Liquid Crystal Displays
    著者  :YAMAMOTO, Naoki,Makino, Hisao,Sato, Yasushi,Yamamoto Tetsuya
    発表誌 :the SID 2011 digest of technical papers,pp.1375-1378
    発表年 :2011
  3. タイトル:Controlled Formation of ZnO Fine-Pattern Transparent Electrodes by Wet-Chemical Etching
    著者  :YAMAMOTO, Naoki,Makino, Hisao,Sato, Yasushi,Yamamoto, Tetsuya
    発表誌 :ECS Transactions,Vol.35,No.Issue: 8 ,pp.165-172
    発表年 :2011
  4. タイトル:Development of Ga-doped ZnO Transparent Electrodes for Liquid Crystal Display Panels
    著者  :YAMAMOTO, Naoki,Makino, Hisao,Osone, Satoshi,Ujihara, Akira,Ito, Takahiro,Hokari, Hitoshi,Maruyama, Taketo,Yamamoto, Tetsuya
    発表誌 :Thin Solid Films
    発表年 :2011
  5. タイトル:Effects of the O2 flow rate and post-deposition thermal annealing on the optical absorption spectra of Ga-doped ZnO films
    著者  :H. Makino,T. Yamada,N. Yamamoto,T. Yamamoto
    発表誌 :Thin Solid Films,Vol.519,No.5,pp.1521-1524
    発表年 :2010
  6. タイトル:Heat Resistance of Ga-Doped ZnO Thin Films for Application as Transparent Electrodes in Liquid Crystal Displays
    著者  :YAMAMOTO, Naoki,Yamada Takahiro,Makino, Hisao,Yamamoto, Tetsuya
    発表誌 :J. Electrochem. Soc.,Vol.157,pp.J13-J20
    発表年 :2010
  7. タイトル:Influence of substrate temperature and Zn-precursors on atomic layer deposition of polycrystalline ZnO films on glass, H. Makino, A. Miyake, T. Yamada, N. Yamamoto, T. Yamamoto,
    著者  :H. Makino,S. Kishimoto,A. Miyake,T. Yamada,N. Yamamoto,T. Yamamoto
    発表誌 :Thin Solid Films,Vol.517,pp.3138
    発表年 :2009
  8. タイトル:Influence of thermal annealing on electrical and optical properties of Ga-doped ZnO thin films
    著者  :Hisao Makino,Naoki Yamamoto,Aki Miyake,Takahiro Yamada,Yoshinori Hirashima,Hiroaki Iwaoka,Takahiro Itoh,Hitoshi Hokari,Hisashi Aoki,Tetsuya Yamamoto
    発表誌 :Thin Solid Films,Vol.518,pp.1386-1389
    発表年 :2009
  9. タイトル:Effects of surface pretreatment on growth of ZnO on glass substrate
    著者  :H. Makino,S. Kishimoto,A. Miyake,T. Yamada,N. Yamamoto,T. Yamamoto
    発表誌 :phys. stat. sol. (a),Vol.205,No.8,pp.1971-1974
    発表年 :2008
  10. タイトル:Relationship between Residual stress and Crystallographic Structure in Ga-doped ZnO Film
    著者  :YAMAMOTO, Naoki,Yamada, Takahiro,Miyake, Aki,Makino, Hisao,Kishimoto, Seiichi,Yamamoto, Tetsuya
    発表誌 :J. Electrochem. Soc.,Vol.155,No.9,pp.J221-J225
    発表年 :2008
  11. タイトル:Properties of Transparent Conductive Ga-Doped ZnO Films on Glass, PMMA and COP Substrates
    著者  :Tetsuya Yamamoto,Takahiro Yamada,Aki Miyake,Toshiyuki Morizane,Tooru Arimitsu,Hisao Makino,Naoki Yamamoto
    発表誌 :Invited Paper, IEICE TRANSACTIONS on Electronics,Vol.E91-C,No.10,pp.1547-1553
    発表年 :2008
  12. タイトル:Low resistivity Ga-doped ZnO thin films of less than 100nm thickness prepared by ion-plating with direct current arc discharge
    著者  :Takahiro Yamada,Aki Miyake,Seiichi Kishimoto,Hisao Makino,Naoki Yamamoto,Tetsuya Yamamoto
    発表誌 :APPLIED PHYSICS LETTERS,Vol.91,pp.051915
    発表年 :2007
  13. タイトル:Effects of oxygen partial pressure on film growth and electrical properties of undoped ZnO films with thichness below 100nm
    著者  :Seiichi Kishimoto,Takahiro Yamada,Keigo Ikeda,Hisao Makino,Tetsuya Yamamoto
    発表誌 :Surface & Coatings Technology,Vol.201,pp.4000-4003
    発表年 :2006
  14. タイトル:“Effects of oxygen-gas flow rate on lattice dynamics and microstructures for Ga-doped ZnO thin films prepared by reactive plasma deposition
    著者  :Tetsuya Yamamoto,Tooru Mitsunaga,Minoru Osada,Keigo Ikeda,Seiichi Kishimoto,Kiyoshi Awai,Hisao Makino,Takahiro Yamada,Toshiyuki Sakemi,Sho Shirakata
    発表誌 :Superlattices and Microstructures,Vol.38,pp.369-376
    発表年 :2005
  15. タイトル:Dependance of carrier concentrations on oxygen pressure for Ga-doped ZnO prepared by ion plating method
    著者  :Tetsuya Yamamoto,Toshiyuki Sakemi,Kiyoshi Awai,Sho Shirakata
    発表誌 :Thin SolidFilms,Vol.451,pp.439-442
    発表年 :2004
  16. タイトル:Control of N-Impurity States in N-Doped ZnO, ZnS and ZnTe
    著者  :Tetsuya Yamamoto
    発表誌 :Jpn. J. Appl. Phys.,Vol.42,pp.L514-L516
    発表年 :2003
  17. タイトル:Codoping for the fabrication of p-type ZnO
    著者  :Tetsuya Yamamoto
    発表誌 :Thin Solid Films,Vol.420-421,pp.100-106
    発表年 :2002

学会発表・講演など 

代表的な設計・作品・調査など 

主な特許 

  1. 酸化亜鉛透明導電膜関連

科学研究費 

  1. 研究課題:吸着酸素化学状態制御による高感度水素センサー
    研究種目:基盤研究(A)
    課題番号:24241025
    研究期間:2012年4月1日~2015年3月31日
    代表者 :山本 哲也
    分担者 :岸本 誠一,宋 華平,牧野 久雄,野本 淳一

競争的資金など 

  1. 研究課題:X線光電子分光装置用Crターゲットにおける高X線強度実現のための高融点披膜
    事業名等:知財活用促進ハイウェイ
    研究期間:2013/10/31~2014/03/31
    受託先 :(独)科学技術振興機構(JST)
    担当教員:山本 哲也

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 日本MRS-J 企画(2011)
  2. IUMRS-ICA 2011 セッション企画者(2011)
  3. AVS 国際会議シンポジウム企画委員およびセッションチェアマン (ICMCTF)(2009~)
  4. 日本学術振興会 ワイドギャップ光・電子デバイス第162委員会委員
  5. 日本学術振興会 半導体界面制御技術第154委員会委員

地域活動にかかわる委員など 

その他の社会活動など 

  1. 日経産業新聞 「希少金属インジウム原単位使用大幅削減技術」記事掲載
  2. 日本経済新聞 第二部 (平成22年3月31日)、「挑む」記事掲載
  3. テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』(平成22年4月13日)内の特集脱レアメタル ~素材・新時代を拓け~

一般講演など 

  1. 「偶然から設計へ-若き人への助言」,
  2. 「失敗は成功のもと、と言い切れる人生を」,
  3. 「本物を見る目」,
  4. 「発見と発明」,
  5. 「人類の歴史における科学の役割」,

主な著書など 

  1. 超高効率太陽電池・関連材料の最前線:第5章 薄膜太陽電池用 ZnO 系透明導電膜,シーエムシー出版株式会社,2011
  2. 酸化亜鉛の最先端技術と将来,シーエムシー出版株式会社,2011
  3. 酸化亜鉛の最先端技術と将来:第4章1.液晶ディスプレイ用透明導電膜,シーエムシー出版株式会社,2011
  4. 酸化亜鉛の最先端技術と将来:第7章1.ドーピング制御とその展開,シーエムシー出版株式会社,2011
  5. 新コーテイングのすべて第2章、2.2(3) 反応性プラズマ蒸着法による酸化亜鉛透明導電膜,株式会社加工技術研究会,2009
  6. 透明導電膜の新展開III―ITOとその代替材料開発の現状― 第8章,シーエムシー出版株式会社,2008
  7. 最新透明導電膜大全集第4章酸化亜鉛透明導電膜,株式会社情報機構,2007
  8. 最新透明導電膜大全集第9章第1原理電子構造計算法による酸化亜鉛マテリアルデザイン,株式会社情報機構,2007
  9. 最新導電性材料大全集【下】第16章第2節酸化亜鉛透明導電膜,技術情報協会,2007
  10. ZnO系の最新技術と応用, 共著, 第3章透明導電膜,シーエムシー出版,2007
  11. 脱ITOに向けた透明導電膜の低抵抗・低温・大面積製膜技術, 第2章第3節アーク放電蒸着法,技術情報協会,2005
  12. 最新透明導電膜動向~材料設計と製膜技術・応用展開~, 第13章酸化亜鉛,株式会社情報機構,2005
  13. 最新透明導電膜動向~材料設計と製膜技術・応用展開~, 第6章酸化亜鉛,株式会社情報機構,2005

その他

メッセージ 

植木枝盛「未来がその胸中にある者これを青年という」