news : 高知工科大学

高知工科大学

NEWS

白石優旗助教、竹田史章教授がICMSAO’11で論文賞を受賞しました

2011.05.12  



 4月20日、IEEE関連国際会議「ICMSAO 2011-FOURTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MODELING, SIMULATION AND APPLIED OPTIMIZATION」において、地域連携機構 連携研究センター 知的認識システム開発研究室 白石優旗助教、竹田史章教授が論文賞(Best Paper)を受賞しました。
 この賞は、学術的に意義高い研究論文に与えられるもので、知的認識システム開発研究室の研究テーマの1つである、青果物外観検査選別装置の画像処理部分が高く評価されました。
 今回は300件の応募があり、うち260件が採択。当研究論文を含む4件の論文が受賞しました。

 【受賞論文名】
 Proposal of Whole Surface Inspection System by Simultaneous Six-image Capture of Prolate Spheroid-Shaped Fruit and Vegetables