news : 高知工科大学

高知工科大学

NEWS

平成22年度 科学研究費補助金(新学術領域研究 研究領域提案型)に赤澤教授が採択!

2010.09.01  

文部科学省 平成22年度 科学研究費補助金(新学術領域研究 研究領域提案型)において、総合研究所 赤澤威 教授を研究代表者とする「ネアンダルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究」が採択されました。


【研究課題名】
ネアンダルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究

【研究代表者】
赤澤 威  高知工科大学 総合研究所 博物資源工学センター 教授

【研究の目的】
本領域研究は、20 万年前の新人ホモ・サピエンス誕生以降、世界各地で漸進的に進行した新人と旧人ネアンデルタールの交替劇を、生存戦略上の問題解決に成功した社会と失敗した社会として捉え、その相違をヒトの学習能力・学習行動という視点にたって調査研究する。そして、交替劇の原因を両者の学習能力差に求め、その能力差によって生じた社会・文化格差が両者の命運を分けたとする作業仮説 (「学習仮説」と称する)を検証する。

具体的には、人文系・生物系・理工系諸分野の連携研究のもとに、
①旧人・新人の間に学習能力差・学習行動差が存在したこと、
②その能力差・行動差はヒトにおける学習能力の進化の結果であること、
③その能力差・行動差の存在を両者の脳の神経基盤の形態差で証明すること、
以上の研究によって学習仮説を実証的に検証する。そして、人類がどのような存在として進化してきたかについて、学習能力の視点に立つ新たな実証的モデルの構築をめざす。


〈科学研究費補助金〉
人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。《新学術領域研究 研究領域提案型》は、研究者又は研究者グループにより提案された、我が国の学術水準の向上・強化につながる新たな研究領域について、共同研究や研究人材の育成等の取り組みを通じて発展させることを目的としています。