news : 高知工科大学

高知工科大学

NEWS

永野教授、那須教授らの「宿毛バイオマス発電所」と「木質ペレット製造所」竣工式が執り行われました

2015.01.28  


 1月27日、「株式会社グリーン・エネルギー研究所 宿毛バイオマス発電所および木質ペレット製造所」の竣工式が執り行われ、県や地元、林業関係者ら約120名が出席しました。
 この研究所は、本学、永野正展 教授(地域連携機構)、那須清吾 教授(マネジメント学部)の研究チームが中心となり平成24年7月30日に設立されました。エネルギーの地産地消による、「地域経済活性化(新たな雇用創出・エネルギー移入による県外支出削減)」、「再生可能資源活用による地球温暖化防止」、「環境を基軸とする新しい地域モデル形成」などを目的として、木質バイオマス発電施設および木質ペレット製造施設を設置し、運営するものです。

 同研究所社長の那須教授は、「森林などの再生可能な資源を利用したエネルギー供給などを通じて、地球環境や地域環境の改善に努め、地域とともに生きる企業として産業や経済に貢献します。持続可能な地域社会や我々の生活にはエネルギーは必要不可欠ですが、限りある化石燃料に頼ると二酸化炭素を排出することで環境に様々な影響を及ぼします。自然豊かな高知県には森林などの再生可能な資源が豊富にあり、林業との共存共栄によりエネルギーを供給する事業を展開することで環境エネルギー問題に取り組み、森林資源の有効活用と林業や関連産業の振興に貢献したいと考えます。高知県発のグリーンエネルギー供給企業として、地域の活性化と発展を支えることを目指します」と述べました。


【木質バイオマス発電事業】
間伐材や林地残材、製材端材さらには樹皮(バーク)などのこれまで利用していなかった材をボイラーで燃やし、発生した蒸気でタービンを回して発電。燃焼時に発生するCO2は、木の成長時にすでに吸引されており(カーボンニュートラル)、地球温暖化防止に有効かつ、人間の手によって作り出すことが出来る再生産可能なクリーンエネルギーと位置づけられています。

【木質ペレット燃料事業】
県内の木質ペレット利用者の需要を県内でまかなう「地産地消」を進めます。
木質ペレット:木材を細かくした「おが粉」を接着剤などの化学物質を一切使用せずに、乾燥と圧縮のみで固めた固形燃料で燃焼効率に優れているもの。輸送や保管、補給時の取り扱いやすさといった面でも有効な燃料とされています。カーボンニュートラルによる地球温暖化防止だけでなく、輸送等で消費されるエネルギーの削減(CO2排出量削減)にも有効なエコ燃料として注目が高まっており、木質製品としての吸湿性・消臭性が着目され、猫砂(ペットのトイレ用)といった燃料以外の用途にも利用が広がっています。