news : 高知工科大学

高知工科大学

NEWS

重山教授がバス路線図などをデザイン

2015.02.02  

 本学システム工学群 重山 陽一郎教授が、「とさでん交通」バス路線図などのデザイン作成を行い、昨年10月1日から公開、高知県内で利用されています。
 京都市、岐阜市、東京都品川区、熊本市、富山市、埼玉県ときがわ町の6つの事例の調査を重ね、検討。今回、高知中央地域バスの路線・系統の番号化を行い、それに併せて路線図、時刻表、バスの方向幕(行先表示)、乗換案内サインなどの抜本的な改訂を行ったものです。
 「これまで利用者が馴染んできた「○○方面△△行き」の概念をある程度尊重・継続しながら、使いやすさが維持されることも念頭に置き、バスが利用者(地元の住民だけでなく、旅行者、土地勘の無い人や外国人)に見やすく、分かりやすく、使いやすいものを目標としました。色使い等には色弱者への配慮も試み、高知中央地域のバス全体の系統が理解できる系統図等も作成しました」と重山教授。
 2016年の路線再編に向けて、今後も改訂を重ねていくようです。



「こうちバスマップ」はこちらからご覧いただけます。