news : 高知工科大学

高知工科大学

NEWS

学生の論文が、The Journal of Supercritical Fluidsの
編集長優秀論文に選ばれました

2015.03.24  

 本学、環境理工学群 小廣和哉教授の研究室学生らの論文が、The Journal of Supercritical Fluidsに掲載され、編集長優秀論文(Editor-in-Chief’s Featured Article)に選ばれました。これは、3ケ月間の刊行物、96報の中から選ばれた3報のうちの1つです。

掲載誌:
The Journal of Supercritical Fluids, 98巻,217-223ページ

論文名:
Ultra-simple synthetic approach to the fabrication of CeO2-ZrO2 mixed nanoparticles into
homogeneous, domain, and core-shell structures in mesoporous spherical morphologies
using supercritical alcohols

著 者:
Ellawala K.C. Pradeep(大学院博士後期課程基盤工学コース2年)、
Teppei Habu(環境理工学群4年)、
Hiroko Tooriyama(大学院修士課程物質生命システム工学コース1年)、
Masataka Ohtani(環境理工学群 助教)、Kazuya Kobiro

内 容:
超臨界アルコールを反応媒体とする、均一分散型、ドメイン型、二重層型のメソポーラスセリア-
ジルコニア複合ナノ粒子の合成法を報告している。この手法により得られるナノ複合粒子を
複合酸化物触媒や研磨剤に使用すれば、希土類元素であるセリウムの使用量の低減すことが可能である。



【第一著者 Ellawala Kankanamge Chandima Pradeepさんのコメント】
I am very happy that my research paper has been selected as the Editor-in-Chief’s featured article in The Journal of Supercritical Fluids. I would like to take this opportunity to thank my research supervisor Prof. Kobiro Kazuya for the guidance he provided me. I am also grateful to Dr. Ohtani Masataka for his valuable advice on this research. Furthermore I would like to thank my lab members, including Ms. Hiroko Tooriyama and Mr. Teppei Habu for their stimulating support to complete this research.



関連リンク>>>