news : 高知工科大学

高知工科大学

NEWS

防災イベント「守ろう命・学ぼう防災 in 工科大」を開催しました

2015.10.13  



 10月12日<体育の日>に、防災イベント「守ろう命・学ぼう防災 in 工科大」を開催しました。

 メインプログラムとなる『防災運動会』は、「スポーツ×防災」というテーマを軸に、学生防災ボランティア団体「KPAD」が、楽しく身体を使って防災を学ぶ企画。当日は学生、職員のほか、地域の方や子どもたちなど50人あまりが汗を流しました。

 この運動会では、その場でシーツを用いた即席の担架を作り、負傷者に見立てたペットボトルを運んで速さを競う「担架リレー」や、防災に関する大きな絵札を取り合う「防災ジャンボカルタ」、ヘルメットや防災バッグを装備しながら消化器による的当てを行う「障害物競走」など、計6種目を4チーム対抗で行ない、楽しみながら防災への理解を深めました。

 その後は、昨年に続いておにぎり・豚汁の炊き出し訓練だけでなく、香美市消防本部等の協力のもと、放水体験や起震車体験を行い、災害は他人事ではなく、常に自分にも襲いかかる可能性があることを実感いただきました。

■防災運動会実行委員長
 黒岩 翔平くん(システム工学群2年)のコメント:
今回の企画をきっかけに、防災のことについて少しでも興味を持って頂ければ嬉しく思います。防災運動会だけでなく、炊き出し訓練や防災スタンプラリーについても、多くの方々にご協力、ご参加いただきありがとうございました。

■防災ボランティア団体 KPAD代表
 石川 凌くん(情報学群2年)のコメント:
防災はかたいイメージが強く、関心はあっても実際に行動に結びつける事は難しいと感じていました。今回のイベントをきっかけに、より多くの方々に災害を親身になって考えていただければと思っています。
本イベント開催にあたり、多大なご協力をいただいた香美市役所、香美市社会福祉協議会、関係者のみなさま、また、当日ご参加いただいた方々、本当にありがとうございました。