news : 高知工科大学

高知工科大学

NEWS

重山教授の作品が「しまね景観賞大賞」を受賞!

2015.11.27  



 島根県の魅力ある景観作りに特に貢献した建造物などに贈られる「第23回しまね景観賞」が、11月25日に島根県都市計画課から発表され、116件の応募の中から、システム工学群 重山 陽一郎 教授がデザインを手がけた「天神川水門」が大賞を受賞しました。

 水門は夕日の名所として知られる宍道湖(島根県松江市)の天神川河口に位置し、宍道湖からの浸水を防ぐ目的で建設されました。水門の両端には市民の憩いの場である公園や県立美術館があり、付近一帯は「宍道湖景観形成区域」に指定されるなど、宍道湖畔でも屈指の夕日鑑賞スポットとして知られている場所。それだけに、水門は湖岸堤としての機能を損なうことなく、いかに周囲の風景に調和させるかということを念頭にデザインされました。
 円筒を縦に割ったようなスタイリッシュなゲートを採用し、湖側からの景観を保つために管理橋をあえて湖側に設置するなど、周囲の環境に溶け込ますための様々な工夫がこらされたこの水門は、見事に宍道湖の夕暮れに調和しています。