news : 高知工科大学「植物園化構想」

高知工科大学

NEWS

高知工科大学「植物園化構想」

2016.06.01  



 緑豊かな本学 香美キャンパスでは、140種にも及ぶ有用植物を観察することが出来ます。

 このたび、地域連携機構 補完薬用資源学研究室の渡邊 高志 室長監修のもと、同機構の地域共生センターの取り組みとして、植物パネルの設置が行われました。

 設置したパネルには、テキスト情報と写真、QRコードがレイアウトされています。テキスト情報には、植物の代表的な和名、科名、学名、英名、生薬名、といった名称情報などに加えて、花が咲く時期、利用できる部位や利用方法が記載されています。

 また、パネルのQRコードによって、本学の開発した植物データベース「Lupines(ルピナス)」にアクセスし、さらに詳しい情報を閲覧することが可能です。

 本学のキャンパスは春から秋にかけて四季折々の植物が楽しめます。ぜひ、本学の美しいキャンパスに足を運んでみてください。

  Youtube動画はこちら>>>