システム工学群の概要 : 高知工科大学

高知工科大学

システム工学群の概要

これまでの枠組みを超えた新たな「基盤工学」を創造

これからの「ものづくり」をトータルに追求し、未来社会の基盤構築に貢献するため、システム工学群は、2015年度より新体制に移行しました。新体制の最大の特徴は、機械、航空宇宙、電子・光、建築・都市デザインに、「エネルギー」という柱を加えた点です。
ではなぜ「エネルギー」なのでしょう。道路、鉄道、電気、水道、ガスなどの都市インフラも、身の周りの家電製品や自動車から、私たちが暮らす家や町並みまで、すべてが「ものづくり」の技術によって生み出され、機能しています。しかし「もの」だけで社会を支え、動かしていくことはできません。機械を動かすにも、都市基盤を構築・維持するにも、情報通信網を活用するにも、エネルギーが不可欠です。特に原油や天然ガスなどの地下資源に恵まれない我が国では、自然エネルギーも含めた広汎かつ先駆的なエネルギー開発のための研究が強く求められているのです。
システム工学群ではこうした時代の要請に応え、「ものづくり」のメインストリームを占める5つの専攻が手を携えながら、各専攻の枠組みに過度に縛られることなく「境界領域」における技術開発を進め、より安心・安全・快適かつ環境に負荷をかけない社会づくりに貢献する新たな「基盤工学」の創造をめざします。

専攻と副専攻を組み合せ、深い専門性と幅広い視野を身につける

「ものづくり」の現場では、社会のさまざまな変化に柔軟に対応し、これまでにないコンセプトをもつ製品の開発や、新たな事業分野を創出していくことがますます重要になっています。しかし、一つの技術(分野)だけではものづくりは成り立ちません。
システム工学群では、工業技術の基盤となる機械工学、航空宇宙、電子・光工学、建築・土木工学、およびエネルギー工学の5分野すべてにまたがる基礎を身につけた後、専門性を深く追求することで、幅広い視野と深い専門性を併せ持った技術者が育つことをめざします。
これにより「ものづくり」を「システムの構築」として体系的に捉えられる視点を育むと同時に、各専攻分野の高度な専門知識を習得できる、これまでにない新しい教育プログラムとなっています。1つの領域だけを身につけるのではなく、専攻・副専攻を組み合わせることで、工学領域の幅を広げ、これからの「ものづくり」に求められる能力を身につけることができます。

学びの流れ

ものづくり技術の基盤となる5つの工学分野

平成26年度入学生までは、下記の6つの専攻で学んでいます