卒業生の声

株式会社豊田自動織機

板東弘司朗さん

2014年 大学院修士課程 知能機械システム工学コース修了
出身校:徳島県立徳島東工業高等学校(現・徳島科学技術高等学校)

ものづくりの経験を軸に、産業車両の可能性に挑戦します。

_MG_3416

学部時代から、人の手の動きをセンシングできるグローブ型センサーについて研究していました。医療分野、スポーツ、健康増進などあらゆる分野で応用が期待されています。また中学時代にロボット制作を始め、大学でもロボット倶楽部に所属し、常に先端技術を取り入れたものづくりに励んできました。就職活動を行う上で、最も考慮したのはものづくりの経験を生かしたいということ。豊田自動織機は、トヨタグループの母体であり、世界シェアトップを誇るフォークリフトなどの産業車両を中心とした事業を展開している企業。所属する研究室の先輩が働いていることからOB訪問が実現し、社員の方々や社内の雰囲気の良さに触れ、同社への思いが強くなりました。トヨタ出身の大塚幸男先生など、多くの先生方から助言をいただけたことにも深く感謝しています。エンジニアとして自ら発想したものを世の中に発信し、産業車両の可能性を広げていけたらと願っています。

株式会社神戸製鋼所

伊賀上 貴幸さん

2012年 大学院修士課程 知能機械システム工学コース修了
出身校:愛媛県立松山工業高等学校

興味を知識と技術へと昇華できる環境で、
研究者への道が開かれました。

01

高校生の頃から抱いていた知能機械への興味。この小さな種を大きく育て、研究者へと成長させてくれる環境が KUTには整っていました。必修科目がなく、興味のある分野に注力できること(全科目選択制)や、短期集中で技術 や知識を確実に修得できる「クォータ制」。KUTの特徴的な教育システムによって、興味分野へのアンテナのはり方 、集中力の高め方が培われましたし、何より、目的を成し遂げるための強い意志力が養われたと感じています。
学部・修士を通じて所属した知能機械力学研究室では、井上喜雄教授(現 特任教授)のご指導を賜り、モーター によるエネルギー回生を用いたマスタースレーブシステムを研究していました。このシステムは、小型化・軽量化が 可能で、マスター(操作部)とスレーブ(作業部)が同じ動きをしつつ、マスター側がスレーブ側にかかる力を感じなが ら操作できるという特性があります。それを生かして福祉分野、特にリハビリへ応用するための可能性を探究しま した。研究を通して、常に井上先生がおっしゃっていたのが「本質を理解しろ」ということです。ある現象が起こった 時、なぜなのかを物理現象まで掘り下げて把握しなくては、"上辺だけの研究"になってしまう。何事も本質を見極め てから行動しなくてはならない。現在も、この意識が私の研究者としての基軸となっています。
神戸製鋼所へは、かつて井上先生が所属されていたとお聞きしたことがきっかけで、就職を志望するようになり ました。現在、油圧ショベルに関する設計・開発を中心とした研究に携わっており、「クリーン」「情報化」が将来的な スタンダードとされる建機等において、次世代モデルを世に送り出すための技術開発に取り組んでいます。神戸製 鋼所ではさまざまな事業を展開しており、所属研究者の専門分野や経歴もバラエティ豊か。一人ひとりが持ってい る知識や経験が幅広く、非常に恵まれた職場環境です。いずれは「この分野なら神戸製鋼所の伊賀上が第一人者」 と言われるよう、「世界で戦える研究者」をめざして、ここで研鑽を積んでいきたいと考えています。

本田技研工業株式会社

井上 皓久さん

2015年 大学院修士課程 知能機械システム工学コース修了
出身校:佐賀県立唐津東高等学校

妥協のない姿勢で、"車に乗る楽しさ"を追求した
技術開発に邁進します。

02

早期卒業制度を活用して3年次卒業後大学院に進学し、研究活動に没頭してきました。1年間在籍期間が短くなったことに加え、周りから注目されることによるプレッシャーもありましたが、それをプラスの刺激と捉え、自分で自分を追い込みながら前向きに励んできました。研究テーマは液晶を用いた発電システムの数値解析。この研究の応用例として、自動車の車軸部分の潤滑油に液晶を使用し、発電しながらの走行が可能となるシステムが挙げられます。もともと車を運転することが好きで、ものづくりに携わりたいという思いから自動車業界を志望。中でも、社員が積極的に自分のアイデアや意見を発信し、形にできる本田技研工業の自由闊達な社風に強く惹かれました。研究室の蝶野先生、辻先生から学んだのは、どんな疑問も納得するまで徹底的に掘り下げることの大切さ。新たな技術開発には単なる予想ではなく、説得力のある論理的な見解が不可欠です。決して妥協しないという姿勢は、技術者の道を歩む上でも大いに生きてくるはず。今後は"走る喜びを感じられる車をつくりたい"という自らの夢に邁進していきます。

シャープ株式会社

傍士 和輝さん

2015年 大学院修士課程 情報システム工学コース修了
出身校:高知県立高知小津高等学校

培ってきた専門性を軸に、裸眼立体視技術の
さらなる可能性に挑戦したい。

04

学部時代から裸眼による立体視について研究してきました。映画館などで3D映像を視る場合にはメガネをかけるのが主流ですが、裸眼で立体像を得ることができればリアリティが増し、より普及が進むだろうと考えられています。現状の裸眼立体視の技術で問題視されている個人差による見え方の違いを解消し、誰もが同じように立体像を得ることができる技術開発に向けた分析を行っています。就職活動を行う上で考慮したのは、自らの研究を企業でも生かしたいということ。シャープの面接は、研究に関するプレゼンテーションの後、英語による質疑応答という難易度の高いものでしたが、緊張することなく自然体で臨むことができました。それは同じ研究室の留学生たちと日常的に研究について議論し合える環境にあったこと、そして国際学会で発表した経験が大きいと感じています。また就職活動を通して企業の方々とお話する中で、自分の研究が難関大学に引けを取らない質の高いものであることを再確認でき、自信につながりました。これまで深めてきた専門性をさらに高め、裸眼立体視の技術発展に努めていきたいと考えています。

アイシン精機株式会社

安田 貴紀さん

2016年 大学院修士課程 知能機械システム工学コース修了
出身校:愛知県立岡崎西高等学校

培ってきた専門性を軸に、これまでにない
自動車の衝突安全に関わる装置を開発したい。

yasuda2017

研究テーマは、電気を運動エネルギーに変換するという液晶の特性を生かした極小サイズの駆動体装置の開発。本学の流体工学研究室は、同分野では世界最先端の研究成果をあげており、さらに研究を深めたいと3年次には大学院への進学を決意しました。培ってきたシステム工学の知識を生かした開発職に就きたいと思い、卒業後はトヨタグループの大手自動車部品メーカー、アイシン精機へ。同社には修士1年の時にインターンシップでお世話になり、開発の現場では固体力学をはじめ、大学で学んできた専門知識が応用されていることを実感。この環境で自らを成長させ、将来的には今までにない衝突安全に関わる装置を開発するのが目標です。

ローム株式会社

楠本 雄司さん

2016年 大学院修士課程 電子・光システム工学コース修了
出身校:高知県立高知追手前高等学校

電気をムダなく使えるデバイスの開発。
世界トップの企業で世界一の製品を作りたい。

kusumoto2017

六角形状に結合した多数の炭素原子が平面に広がるグラフェンは電子の移動度が非常に高いため、その特性を生かして、例えばタッチパネル用の材料として現在多用されているITO透明導電膜より特性の優れたものができると期待されています。その製造工程にプラズマを用いることで今より簡便に安価で作れる方法を研究しています。
卒業後はローム株式会社に就職します。これからの社会では、電気をむだなく使う省エネ技術が必要。ロームは、発電機、家電、自動車の回生ブレーキなどで発生する電気の制御に必要なパワーデバイスを作る技術で世界トップレベルにある企業です。学生時代に学会発表を15件行なった積極的な研究姿勢を評価いただき採用されました。

アルプス電気株式会社

竹之内 良太さん

2016年 大学院修士課程 物質生命システム工学コース修了
出身校:鹿児島県立武岡台高等学校

将来的には技術営業職として
周囲と良好な信頼関係を築いていける人になりたい。

takenouchi2017

高校入学時には生き物に興味があり、農業や畜産業に従事したいと思っていたのですが、物理を勉強しだすとその面白さにすっかりハマり、その延長線上で大学では超電導の研究をしようと入学。しかし4年から半導体の研究に取組むことに。中でも資源的、コスト的な問題を抱えるレアメタルという材料を使用しない"レアメタルフリー"の酸化物半導体を企業と共同で研究するというハードルの高いもの。他の学生と異なる材料での研究のため実験も一人きりで取組み、徹夜も珍しくありませんでした。やるしかない、どうにかなるという性格のおかげで、なんとか一定の成果を挙げることができました。
就活で重視したのは、企業の雰囲気。説明会などで社員の方から直接話を聞かせていただいたりしました。アルプス電気はオートフォーカスセンサーやタクトスイッチで有名な企業。自分の研究経験が生かせることも決め手の一つでしたが、不思議な感覚で「この会社で働いている自分が見えた」気がしたんです。入社後はいろいろな知識を吸収するために現場で働き、将来的には技術営業職に就きたいです。人との付き合いの中で良好な信頼関係を築いていける社会人をめざします。

株式会社NTTドコモ

赤澤 将太さん

2016年 大学院修士課程 情報システム工学コース修了
出身校:香川県立三本松高等学校

プログラミングから電話網の仕組みまで研究内容も
TAなどで培った経験も全て就職先で生かせます。

akazawa2017

すごいスピードで進化していく携帯電話に興味を持ち、関連する分野が学べる情報学群に進学。メーカーに技術職として勤める叔父の勧めがあったことと、知識・技術をさらに深めたいとの思いから大学院に進みました。学部生時代から、主に無料通話ソフトなどで活用されているプレゼンスサービスに関する研究に取り組んでいます。プレゼンスサービスとは、会議中、移動中など相手の現在の情報をお知らせするもので、同サービスと電話やメールといったRCS(リッチコミュニケーションサービス)とを組み合わせた、新しいシステムの開発をめざしています。就職活動は、研究分野ともつながりのある通信サービス業界を回り、第一志望だったNTTドコモに就職内定。NGN(ネクストジェネレーションネットワーク)など、次世代電話網の仕組みについても在学中に学ぶことができ、その点は特に入社後の大きなアドバンテージになると思います。また、大学2年次より情報学群の新入生歓迎セミナーのスタッフを務めたほか、大学院からティーチングアシスタントも担当。ここで培われた相手の立場に立って考える視点なども、社会に出てから役立ちそうです。

総務省

山崎彬美さん

2014年 システム工学群 建築・都市デザイン専攻卒業
出身校:静岡県・浜松市立高等学校

地方生活者の目線を大切に、日本の防災・安全に貢献したい。

_MG_1456

1年生の3月に東日本大震災が発生。学んできた土木や防災の知識を生かして、国土や人々の安全を守りたいという思いが芽生えました。3年生の夏には、高知県の土木事務所でインターンシップを経験。山間地域の土木現場を実際に見たことで、社会基盤整備の大切さを実感。その後、被災地を訪問し、自治体の枠を越えた長期的な関わりが復興の鍵になるという気づきを得たことで、国という立場で防災や安全に貢献したいという思いが明確になりました。情報通信を駆使したソフト面での防災対策を行う総務省を志望し、念願通り、国家総合職として採用されることになりました。それも所属していた研究室の指導教員の関健太郎先生から、公務員試験に臨む心構えなど有益なアドバイスをいただけたからこそ。"地方生活者の目線"を大事にしながら、よりよいシステムや法整備の実現に向けて、果敢に挑戦していきます。

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)

品川滉樹さん

2014年 情報学群 情報とメディア専攻卒業
出身校:島根県立益田高等学校

最先端のIT技術で、安心感のある地域社会を実現します。

_MG_1239

初めて暮らす高知の地で、自分の力を最大限発揮しようと、常に今できることを考え、行動してきました。2年次には、子どもたちが主役になれるまちづくり活動を行う県内のNPO団体に所属。運営に携わりながら、Webの知識を生かして同団体のホームページを制作しました。また、授業の一環として行ったグループワークでは、高知県の観光振興の一助になればと、県全域の観光ルート案内システムを構築しました。一方、1年生の終わりに東日本大震災が起こり、被災地に何の役にも立てない悔しさから、学んできたIT技術を駆使し、地域に貢献できる会社で働きたいと思うようになりました。中でも、最も興味を抱いたのが、震災後いち早く緊急電話回線を整備し、被災した人々の声を広範囲に届け、日本全体に安心感をもたらしたNTT東日本でした。今後はKUTで培ったチャレンジ精神を武器に、未来を切り拓く新たなサービスを自ら生み出すことが目標です。

野村證券株式会社

林佑香さん

2014年 マネジメント学部 マネジメント学科卒業
出身校:和歌山県立桐蔭高等学校

市場動向をいち早く掴み、お客様との信頼関係を築きたい。

_MG_3163

社会をとりまく経済活動に興味があり、研究テーマは、家計に与える消費税負担について。低所得者ほど収入に対する生活必需品購入費の割合が高くなり、税負担率が大きくなる逆進性の問題を取り上げ、対策を検討しました。4年間で蓄積した経営やマネジメントの知識を生かし、地元の和歌山で地域のお客様と向き合える仕事がしたいという思いから、お客様との信頼関係が重要な金融業を志望しました。中でも、リーディングカンパニーである野村證券でなら人として大きく成長できると確信。支店見学会で、バイタリティに溢れた女性社員の方々に出会えたことが、その思いをさらに強くしました。KUTは就職支援制度が充実していたので、大変助かりました。入社後は、金融のプロとして一人ひとりのお客様と長くお付き合いしながら、人生のパートナーとして深い信頼関係を築いていけたらと思っています。

大和ハウス工業株式会社

宍戸 凌さん

2015年 システム工学群 建築・都市デザイン専攻卒業
出身校:静岡県立静岡城北高等学校

建築・土木の垣根なく、トータルな視点を持った技術者をめざす。

03

一般的な大学では建築と土木は別々に教えられていますが、高知工科大学の建築・都市デザイン専攻では建築と土木をトータルで学べます。中学生の頃から建築の道に進みたいと心に決めていましたが、学びを深めるにつれ土木にも興味を持つようになり、大きく視野が広がりました。特に「建設マネジメント」の授業では、実際の工事図面を読み、数値計算を行った後、施工計画の立案や工事費の算出も行うなど、実践に即した学びで、大いに刺激を受けました。大和ハウス工業は、住宅だけでなく、ショッピングセンターやオフィスビルなども手がける多彩な事業を展開する企業。建築の枠にとどまらず、環境エネルギー事業や農業事業にも取り組むなど、社会のニーズに先駆けて常に進化を続けています。建築・土木の垣根なく、自分自身の世界を広げ、社会に貢献したいと考えていた私にとって、最良の会社であると確信しています。まずは施工管理の経験を積み、いずれは設計も手がけられるような総合技術者となって、長くあり続けるような建造物を自ら手がけることが目標です。

百十四銀行

西岡 真弥さん

2015年 マネジメント学部 マネジメント学科卒業
出身校:高知県立高知追手前高等学校

地方銀行の存在意義を発揮し、地域活性化に貢献したい。

05

4年間で蓄積した経営やマネジメントの知識をフルに生かし、地元四国で地域経済の中心に身を置きながら、一人ひとりのお客様と向き合える仕事がしたいと金融業を志望しました。中でも百十四銀行は香川において充実した店舗網を誇り、全国、そして海外にも進出している香川県随一の広域地方銀行。同行でなら、より多くの香川県民の力になれると確信しました。KUTは就職支援制度が充実しており、大都市圏の企業説明会に参加するバスツアーには何度か参加しました。道中で同じ目標を持つ仲間と情報交換をしたり、互いに励まし合えたことは就職活動への意欲を高め、自分の目標を再確認するよい機会となりました。研究では農林漁業者が生産だけでなく、加工・販売まで取り組む「六次産業化」をテーマとし、高知県における現状と課題を抽出した上で、将来的な展望について提案しました。その中で、農林漁業者が事業を始めるにあたっては、地方銀行による資金面での支援が不可欠であることを痛感。研究で得られた知見をもとに、高知県同様、過疎高齢化が進む香川県で、銀行業務を通して地域の活性化に寄与できればと願っています。

株式会社NTTファシリティーズ関西

髙樽 奈央子さん

2016年 システム工学群 建築・都市デザイン専攻卒業
出身校:高知県立高知追手前高等学校

古い既存のビルを新しいアイデアで
生まれ変わらせる、そんな仕事をしていきたい。

takataru2017

卒業制作では、大規模災害において医療活動の拠点となる基幹災害拠点病院である高知医療センターについて、その機能としての不足面と病院自体が持つマイナスイメージの払拭を意図した設計を提案し、高知の建築デザインコンペで知事賞をいただくことができました。このように充実した研究活動以外でも海外インターンシップに参加したり、外国人留学生の住む国際交流会館で暮らすなど大学生活自体大変実りの多い4年間でした。
NTTファシリティーズはビルの設計と維持管理を業務とする企業。新しいビルを建てるより、既存のビルを斬新なアイデアでコンバージョンすることに興味があるので、一級建築士の資格取得をめざしながら努力を続けていきたいと思います。

株式会社ハイレックスコーポレーション

前川 智美さん

2016年 環境理工学群 生命科学専攻卒業
出身校:兵庫県立西脇高等学校

将来は学んできた高分子の知識に設計の資格を加え
大好きな自動車の部品を作りたい。

maegawa2017

手厚い指導を受けることができるからと、高校の担任の先生に強く勧められて、生まれて初めての高知に。当時この分野を研究したいという明確な方向を決めきれていなかったので、専攻決定を3年次でできる学群制は私にピッタリなシステムでした。化学に最も興味があったので生命科学を専攻し、導電性高分子の研究に取組んできました。例えば、ファイバーの形状にすることで金属製透明導電体や無機半導体などの代替物として太陽電池へ使われようとしているなど、ポリマーの形状を変化させることで活用の幅や可能性を広げることを研究していました。
就職先は自動車のコントロールケーブルなど自動車・産業関連機器とマイクロカテーテルなど医療機器や医療用工業品の開発・生産を行なっている会社。職種としては技術系事務職になります。理系の知識を持った事務の窓口が必要ということで採用いただきました。実は高校生の頃からクルマが大好きで、好きな自動車関連の仕事に携わりたいということが入社の大きな動機。将来は、設計についての勉強をし資格を取得し、大学で研究してきた高分子の知識と併せて、自動車の部品開発に関わっていきたいと考えています。

ヤフー株式会社

西本 高志さん

2016年 情報学群 コンピュータサイエンス専攻卒業
出身校:高知県立高知小津高等学校

大学で育まれた未知の分野に挑戦していく姿勢は、
社会に出てからも役立ちそう。

nishimoto2017

教職課程と情報工学の勉強。興味ある2つのことを同時に学べる環境に惹かれ、本学の情報学群に進学しました。プログラミングなどは大学に入ってから初めて学んだので、慣れるまでは大変でしたが、情報系には欠かせない数学などの科目が専門分野と教職課程の両方で開講されており、相互的に理解を深められたことがよかったと思います。研究室では、頭の中のボンヤリとしたイメージだけで似ている画像を検索できる新しい「類似画像検索」の開発に取り組んでいます。一般的にまだ実用化されていない検索手法で、新しいことにチャレンジできることが今の研究の醍醐味ですね。入学時は情報分野の知識がまったくなく、ネットワークやサーバーの構築、プログラミングなどの知識・技術を深めていくなかで、「こんなこともできるんだ!」と新しい世界がどんどん広がっていきました。好奇心を持ち、未知の分野に挑戦していく行動力が大学生活を通じて自然と育まれた感じで、身につけた専門スキルとともに、その姿勢は社会に出てからも生かせそうです。また、情報系科目と同時に履修していた教職課程を最後まで全うし、数学と情報の教員免許が取得できたことは、教職課程にチャレンジしてきた結果となり、自信になりました。

四国放送株式会社

武地 泉紀さん

2016年 経済・マネジメント学群 マネジメント学科卒業
出身校:徳島県立鳴門高等学校

志望していた地元のテレビ局に就職内定。
先生方の親身なサポートが心強かった。

takechi2017

マネジメント=経営という視点だけではなく、人や教育など、いろいろな分野でマネジメントの考えが応用されていることを知り、興味を持ったのがマネジメント学部に進学したきっかけです。卒業論文では、100年以上ないし3代以上続いた老舗企業の経営理念を中心に調べ、経営理念と会社の継続性の相関をテーマに研究に取り組みました。学部では専門分野の学びが充実していたのはもちろん、一番大きかったのが先生方との出会いです。特にマネジメント学部には大手企業や経営者、官僚など、社会での実務経験が豊富な方が多く、さまざまなお話を伺うなかで視野も大きく広がりました。卒業後は志望していた地元のテレビ局に就職。1つ上の学部の先輩の影響でアナウンサーをめざすようになりましたが、目標が定まって以降、大阪のテレビ局で働かれている卒業生の方を紹介してくださった那須先生をはじめ、学部の先生全体が親身に相談にのってくださったのが心強かったです。総合職での就職で、まだ配属先は決まっていませんが、どんな職種になっても地域の人たちとは積極的に関わり、そこで得られた"生きた情報"を地元の人たちに発信していければと思います。

株式会社四国銀行

岡﨑 大祐さん

2016年 経済・マネジメント学群 マネジメント学科卒業
出身校:高知県・私立高知高等学校

野球と勉強に打ち込んだ4年間を糧に、
さらに高いレベルでの活躍をめざす。

okazaki2017

 「高知工科大学が野球部に力を入れるから、行ってみないか」高校時代の野球部の監督にそう薦められたことが本学に進み、大学でも野球を続けるきっかけになりました。硬式野球部は四国地区大学野球連盟に加盟し、4年次の春に念願の1部に昇格。キャッチャー、キャプテンとして、みんなを引っ張りました。ゼミでは「企業スポーツの保有に関する循環モデル」をテーマに、経営理念やCSRと企業の業績の相関関係について調べ、特に企業スポーツにスポットを当てて研究を進めました。就職活動は、地元高知に貢献できる仕事、可能であれば野球が続けられる環境を条件に企業を探し、志望していた社会人野球の強豪でもある四国銀行へ。3年次の12月にあった同行の1dayインターンシップを紹介してくださるなど、担当教員の上村先生には研究指導はもちろん、就職活動時にもいろいろとお世話になりました。卒業後はより高いレベルで野球に取り組むことになりますが、まずは周りの先輩方から信頼される選手になるのが目標です。行員としては地域の方々と積極的にふれあい、問題を共有し、解決するという仕事を通じて、地域に貢献していければと思います。