経済・マネジメント学群

STORY

経済・マネジメント学群がめざすのは、社会・経済分野のさまざまな課題を理解し、
解決するために、社会システムの設計(社会・組織の仕組み作り)と、
マネジメント(社会・組織を動かす)能力を持った人材の輩出です。

STORY-04.jpg

arrow-04.jpg

1年次〜2年次前半

「経済」だけでも「経営」だけでもない、両分野をつなぐ学びを展開

経済マネジメント学群では「経済」と「経営」の両分野の専門基礎科目を学ぶとともに、両者をつなぎ、「社会をよりよくする」ために不可欠となるマネジメント力の土壌づくりを進めます。

arrow-04.jpg

2年次後半〜

自分がどのような対場から「社会をよくしたい」かを考え、まずはマネジメント系と経済系に分かれます。

3・4年次

経済・マネジメント学群には経済・経営の基礎を組み合わせ発展させる7つの専攻があります。

senko-14.jpg

人間行動専攻

人間の生物学的・社会的特性に関する深い知識を基礎として、人々がいかに振る舞うのかを理解し、よりよい組織作りに貢献できる人材をめざします。人間行動に関する基礎的・専門的理論から、人間行動を理解する方法論までを総合的に習得することを目標とします。

詳しくはこちら

senko-15.jpg

経済政策専攻

社会構成員としての人間の特徴と社会経済の仕組みの原理を理解し、制度・政策をデザインしてよりよい社会づくりに貢献する人材が育つことをめざします。労働政策や公共経済学などに加え、好ましい未来を実現するために社会経済をデザインしていく最先端の学問を学びます。

詳しくはこちら

senko-16.jpg

数理経済マネジメント専攻

高い数学能力を経済・経営の多彩な領域で生かす能力を身につけることをめざします。経営系・経済系の共通基礎科目の両方を幅広く習得するとともに、統計学を深く究め、大量のデータを統計解析して企業のマネジメント実務に直結する知見を導出できる能力を養います。

詳しくはこちら

senko-17.jpg

地域・行政システム専攻

実社会と学問、現象と認識をつなぎ、社会基盤の老朽化や、少子高齢化や低成長問題、気候変動や水資源問題、環境エネルギー問題など、社会の将来にとって重要な課題やそのインパクトを事前に予測し、対応方法や経営方法を創造する能力と知恵を育てます。

詳しくはこちら

senko-18.jpg

企業・起業マネジメント専攻

企業などの組織がどのように経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報・知識など)を利活用し目的達成や社会的使命を実現しているのか、マネジメントに関する様々な分野について複合的かつ実践的に学びます。また、起業家(アントレプレナー)教育も大切にしています。

詳しくはこちら

senko-19.jpg

国際経済マネジメント専攻

地球(グローバル)、国(ナショナル)、地域(ローカル)の実態と理想を理解し考える「グロ・ナ・カル」な視点を提供します。地域と日本で学ぶ自分自身の立ち位置を明確にし、同時に、グローバル競争の現実を正確に理解し、的確に対応するための基礎力を養います。

詳しくはこちら

senko-20.jpg

スポーツマネジメント専攻

大学のスポーツ分野で高度な業績を修めつつ、本学群の経営学・経済学の基本的な知識に加えてスポーツマネジメントの専門知識を習得することで、スポーツビジネスの分野で求められるマネジメントスキルを持つ人材が育つことを目的としています。

詳しくはこちら

副専攻の選択も可能

3年次からはいよいよ本配属となりますが、きっといろいろな分野の学びに心引かれることでしょう。でも大丈夫。高知工科大学では専攻科目とは別に「副専攻」として他の専攻を履修することができます。
これは欧米の大学で一般的な「メジャースタディー」「マイナースタディー」と呼ばれる教育システムを効果的にアレンジした独自の教育プログラムで、幅広い視野を身に付けることができます。
一つの専攻だけに特化せず、もう一つ違った視点から研究テーマにアプローチすることも、複雑な現代社会を切りひらくための有効な手段です。

arrow-04.jpg

その先の未来へ

就職

社会・経済分野のさまざまな課題を理解し、解決するために、社会システムの設計(社会・組織の仕組み作り)と、マネジメント(社会・組織を動かす)能力を持った人材を輩出しています。

大学院進学

修士課程のコース<理工学系>

教員免許も取得可能

免許

詳しくはこちら

CONTENTS