外国人観光客向け多言語対応スマートフォン用アプリ「YOSANAVI」及び「CHUrism」の開発


情報学群学生グループ「Uranus7」

情報学群高田喜朗准教授の授業「ソフトウェア工学演習」の一環として、7名の学生グループ「Uranus7」が2つの観光案内アプリを研究開発した。

高知よさこい情報交流館を案内する「YOSANAVI(よさなび)」と、高知市内の観光施設を案内する「CHUrism(ちゅうりずむ)」である。両アプリとも、日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字、繁体字)の各言語に対応している。「YOSANAVI」は、情報交流館内の16カ所を文字と音声で案内し、「CHUrism」は、地図上で飲食店や宿泊施設、観光地を各言語で案内し、施設が対応できる言語も表示する。緊急時には警察署や病院の場所も調べられる機能も搭載している。

平成28年度 高知市観光功労者表彰(団体)受賞