外国人観光客向け多言語対応の案内アプリの開発


情報学群学生グループ「Uranus7」

情報学群の学生グループ「Uranus7」が、情報学群の実践型授業「ソフトウェア工学演習」の一環として、観光案内アプリを開発した。

高知よさこい情報交流館を案内する「YOSANAVI(よさなび)」と、高知市内の観光施設を案内する「CHUrism(ちゅうりずむ)」の多言語対応アプリ2種類は、高知市観光協会からの依頼により開発、外国人観光客のサービス向上等に大きく貢献した。