教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
okano-yoshitaka-1.jpg

岡野 芳隆Yoshitaka Okano

  • 1977年生まれ 男性
  • 職位: 講師
  • 所属:
  • 経済・マネジメント学群
    マネジメント学部
    フューチャー・デザイン研究所

教員略歴

学位 博士(経済学)
学歴 神戸大学経済学部経済学科 卒業(2001)
東京大学大学院経済学研究科経済理論専攻 修了(2003)
東京大学大学院経済学研究科経済理論専攻 修了(2007)
職歴 東京大学大学院経済学研究科特任研究員(2007~2008)
東京理科大学経営学部非常勤講師(2007~2008)
大阪大学社会経済研究所特任研究員(2008~2013)
資格
専門分野 ゲーム理論
実験経済学
研究室 名称 集団意思決定研究室
詳細 個人の意思決定と比べた場合、集団の意思決定にはどのような特徴があるのでしょうか。家族旅行の行き先から、国の政策まで、私たちの日常生活には複数の人間が話し合って一つの意思決定をするという場面が数多くありますが、経済学では集団の意思決定に関する知見がまだそれほど蓄積されていません。本研究室では、経済学実験を通して、集団の意思決定に関する経済学的特徴を明らかにし、人間行動のより幅広い理解を得ることを目的に研究しています。
所属学会 日本経済学会
American Economic Association
Economic Science Association

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 実験経済学 / セミナーⅡ / インターンシップⅠ / プロジェクト研究(マネジメント) / ミクロ経済学1 / ミクロ経済学2 / 専攻セミナーI / 専攻セミナーII / プログラミング / セミナーⅠ
大学院

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 ゲーム理論
実験経済学
ミクロ経済学
現在の研究 集団の意思決定
経済活動を行う上で重要な「集団」という意思決定主体に焦点を当て集団の意思決定が持つ経済学的な特徴を実験的・理論的に分析している。特に、さまざまな戦略的状況における集団の意思決定の特徴、集団の構成人数による意思決定の違い、意思決定到達プロセスの解明、集団行動の経験の持続性の有無などの検証をおこなっている。また、どのような制度、交渉プロセスが紛争を解決するために望ましいかについて、理論モデルの構築、実験による検証を行っている。

メッセージ

研究業績

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
Preemptive Striking in Individual and Group Conflict MIFUNE Nobuhiro,HIZEN Yoichi,KAMIJO Yoshio,OKANO Yoshitaka PLOS ONE,Vol.11,No.5,pp.e0154859 2016
Re-examination of Team's Play in a Mixed-strategy Game Experiment OKANO Yoshitaka Applied Economics Letters,Vol.23,No.8,pp.601-604 2016
Detecting Motives for Cooperation in Public Goods Experiments YAMAKAWA Takafumi,OKANO Yoshitaka,SAIJO Tatsuyoshi Experimental Economics,Vol.19,No.2,pp.500-512 2016
The Minimum Approval Mechanism Implements the Efficient Public Good Allocation Theoretically and Experimentally MASUDA,Takehito,OKANO,Yoshitaka,SAIJO,Tatsuyoshi Games and Economic Behavior,Vol.83,pp.73-85 2014
Using Economic Games to Investigate the Neural Substrates of Cognitive Processes NAGATSUKA, Masao,SHINAGAWA, Hideo,OKANO,Yoshitaka,KITAMURA, Yuri,SAIJO,Tatsuyoshi American Journal of Clinical Medicine Research,Vol.1,No.4,pp.71-74 2013
Minimax Play by Teams OKANO,Yoshitaka Games and Economic Behavior,Vol.77,No.1,pp.168-180 2013
Predicting Investment Behavior: An Augmented Reinforcement Learning Model SHIMOKAWA,Tetsuya,SUZUKI,Kyoko,MISAWA,Tadanobu,OKANO,Yoshitaka Neurocomputing,Vol.72,pp.3447-3461 2009
集合住宅における排出権取引の制度設計―摂津市南千里丘の事例― 瀋 俊毅,草川 孝夫,岡野 芳隆,山川 敬史,西崎 勝彦,西條 辰義 都市問題研究,Vol.61,No.9,pp.47-61 2009
エージェントモデルによるオピニオンリーダーの創発とその株価への影響 参沢 匡将,鈴木 恭子,岡野 芳隆,下川 哲矢 電気学会論文誌C,Vol.129,pp.336-343 2009
Quantile Analysis to the Word of Mouth Model MISAWA,Tadanobu,SUZUKI,Kyoko,OKANO,Yoshitaka,SHIMOKAWA,Tetsuya International Journal of Computational Science,Vol.2,No.2,pp.218-232 2008

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. Team versus Individual Behavior and Descriptive Power of Minimax,研究セミナー(2016)
  2. Team versus Individual Behavior and Descriptive Power of Minimax,実験社会科学カンファレンス(2016)
  3. 高知工科大学実験ラボ,第2回実験経済学ワークショップ(2014)
  4. Aggression of Individuals and Groups,The 2014 meeting of the Asia-Pacific Economic Science Association(2014)
  5. Toward Solving Social Dilemma: Theory and Experiment,The 2013 meeting of the Asia-Pacific Economic Science Association(2013)
  6. 大阪大学実験ラボ,京都大学経済実験室オープニング記念ワークショップ(2013)
  7. Toward Solving Social Dilemma: Theory and Experiment,実験社会科学ワークショップ(2012)
  8. Mechanism Design and Experiment,実験社会科学カンファレンス特別セッション「いかにして実験は社会科学の「共通言語」となりうるか」(2011)
  9. The Approval Mechanism Experiment: A Solution to Prisoner's Dilemma,日本経済学会秋季大会(2011)
  10. The Approval Mechanism Experiment: A Solution to Prisoner's Dilemma,The 14th International Conference on Social Dilemmas(2011)
  11. Non-kindness in Public Goods Experiments,The 14th International Conference on Social Dilemmas(2011)
  12. Non-kindness in Public Goods Experiments,The 11th Society for the Advancement of Economic Theory Conference(2011)
  13. Non-kindness in Public Goods Experiments,実験社会科学ワークショップ(2011)
  14. Non-kindness in Public Goods Experiments,The 2011 meeting of the Asia-Pacific Economic Science Association(2011)
  15. Non-kindness in Public Goods Experiments,上海交通大学学術交流セミナー(2010)
  16. Non-kindness in Public Goods Experiments,実験社会科学コンファレンス(2009)
  17. Minimax Play by Teams,実験社会科学コンファレンス(2007)
  18. Minimax Play by Teams,デザインサイエンスヤングエコノミストセミナー(2006)
  19. The Effect of Time Intervals between Decision Makings: An Experimental Study of Games with a Unique Mixed Strategy Equilibrium,日本経済学会秋季大会(2006)
  20. Evolution and Local Interaction with One Forward-Looking Player,日本経済学会春季大会(2004)
  21. Evolution and Local Interaction with One Forward-Looking Player,Micro Brown-bag Lunch Seminar(2004)
  22. Evolution and Local Interaction with One Forward-Looking Player,ミクロワークショップ(2003)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
代表 行動に関する交渉問題の実験的・理論的研究 挑戦的萌芽研究 2013/04/01 - 2016/03/31 25590046
分担 戦略的状況下における集団意思決定に関する実験分析 基盤研究(B) 2014/04/01 - 2018/03/31 26285047
代表 集団の学習・選好・経験移転に関する実験研究 若手研究(B) 2016/04/01 - 2019/03/31 16K17088

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動