教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
saijo-tatsuyoshi-1.jpg

西條 辰義Tatsuyoshi Saijo

  • 1952年生まれ 男性
  • 職位: 教授
  • 役職: フューチャー・デザイン研究所長
  • 所属:
  • マネジメント学部
    フューチャー・デザイン研究所
  • researchmap: https://researchmap.jp/saijo/?lang=japanese

教員略歴

学位 Ph.D.
学歴 香川大学経済学部経済学科 卒業(1975)
一橋大学大学院経済学研究科理論経済学及び統計学専攻 修了(1978)
合衆国ミネソタ大学大学院経済学研究科 修了(1985)
職歴 合衆国オハイオ州立大学経済学部講師(1985~1986)
合衆国カルフォニア大学サンタバーバラ校経済学部助教授(1986~1988)
筑波大学社会工学系講師(1988~1991)
合衆国ワシントン大学(セントルイス)政治経済研究所研究員(1989)
筑波大学社会工学系助教授(1991~1995)
大阪大学社会経済研究所教授(1995~2012)
合衆国デューク大学経済学部ラショナル・チョイス・センター客員研究員(1999)
経済産業研究所ファカルティフェロー(2001~2004)
合衆国カルフォニア工科大学人文社会科学系研究員(2002~2003)
大阪大学サステイナビリティサイエンス研究機構教授(2006~2010)
カルフォニア大学ロスアンジェルス校CASSEL研究員(2007~2012)
大阪大学環境イノベーションデザインセンター教授(2010~2012)
大阪大学環境イノベーションデザインセンター特任教授(2013~2016)
一橋大学経済研究所教授(2015~2016)
一橋大学経済研究所客員教授(2014~2015)
総合地球環境学研究所客員教授(2016~2017)
総合地球環境学研究所プログラムディレクター(2017~)
東京財団政策研究所上席研究員(2018~)
資格
専門分野 制度設計工学
公共経済学
実験経済学
研究室 名称 フューチャー・デザイン研究室
詳細 私たちの社会の二本の柱は市場と民主制です.市場は目先の人々の欲望を満たす性能の良い仕組みですが,将来世代を考慮に入れて資源を配分する仕組みではありません.市場の欠陥を補完するはずの民主制も将来世代よりも現世代に利する仕組みです.将来世代は存在しませんので彼らの「声」を聞くことができません.さらには,私たちそのものが楽観的でしかも近視的であるため,将来世代を考慮に入れての意思決定が簡単にはできないのです.この持続可能性に関わる研究枠組みとして「フューチャー・デザイン 」を提唱しています.仮想将来世代の導入は
所属学会 日本人間行動進化学会
日本発達障害学会
日本経済学会
環境経済政策学会
Association of Environmental and Resource Economists
Economic Science Association
進化経済学会
Society for Social Choice and Welfare

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 セミナーⅡ / 経済学で使う数学 / セミナーⅠ / フューチャー・デザイン
大学院

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

現在の研究

メッセージ

研究業績

主な受賞歴など

  • 医療経済学会論文賞受賞 『医療経済研究』第24巻1号 pp.18-32 「産婦人科集約化に伴う妊婦の施設選択行動の分析 ―地理的空間的要因・施設要因・社 会的経済的要因の影響―」 (2013) 医療経済学会

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
"Reconciling intergenerational conflicts with imaginary future generations - Evidence from a participatory deliberation practice in a municipality in Japan" K. Hara,R. Yoshioka,M. Kuroda,S. Kurimoto,Tatsuyoshi Saijo Sustainability Science(forthcoming) 2019
「フューチャー・デザイン」 西條 辰義 学術の動向,Vol.23,No.6,pp.7-9 2018
「フューチャー・デザイン-持続可能な未来社会の設計」 西條 辰義 環境会議,Vol.49,pp.168-173 2018
Future Design 西條 辰義 Herve Moulin ed, Future of Economic Design(Forthcoming) 2018
Second Thoughts of Social Dilemma in Mechanism Design Tatsuyoshi Saijo Walter Trockel ed, Social Design: Essays in Memory of Leonid Hurwicz (Forthcoming) 2018
フューチャー・デザイン:持続可能な自然と社会を将来世代に引き継ぐために 西條 辰義 環境経済・政策研究,Vol.11,No.2,pp.29-42 2018
Intergenerational retrospective viewpoints and individual policy preferences for future: A deliberative experiment for forest management Yoshinori Nakagawa,Koji Kotani,Mika Matsumoto,Tatsuyoshi Saijo Futures,Vol.105,pp.40-53 2019
Low-quality or high-quality coal? Household energy choice in rural Beijing Energy Economics Zhang Jingchao,Koji Kotani,Tatsuyoshi Saijo Energy Economics,Vol.78,pp.81-90 2019
フューチャー・デザイン 西條 辰義 学術の動向,Vol.23,No.2,pp.64-67 2018
Examining Japanese women’s preferences for a new style of postnatal care facility and its attributes Junyi Shen,Takako Nakashima,Izumi Karasawa,Taturo Furui,Kenichiro Morishige,Tatsuyoshi Saijo International Journal of Health Planning and Management,Vol.33,No.4,pp.890-901 2018
Public acceptance of environmentally friendly heating in Beijing: A case of a low temperature air source heat pump Jingchao Zhang,Koji Kotani,Tatsuyoshi Saijo Energy Policy,Vol.117,pp.75-85 2018
Instability in the voluntary contribution mechanism with a quasi-linear payoff function: An experimental analysis Feng Jun,Tatsuyoshi Saijo,Junyi Shen,Xiangdong Qin Journal of Behavioral and Experimental Economics,Vol.72,pp.6-77 2018
Approval Mechanism to Solve Prisoner's Dilemma: Comparison with Varian's Compensation Mechanism Tatsuyoshi Saijo,Takehiko Masuda,Takafumi Yamakawa Forthcoming in Social Choice and Welfare 2018
Common-pool resources are intrinsically unstable Tatsuyoshi Saijo,Jun Feng,Yutaka Kobayashi International Journal of the Commons,Vol.11,No.2,pp.597-620 2017
フューチャーデザイン-参加型討議の実践から見える可能性と今後の展望 原 圭史郎,西條 辰義 水環境学会誌,Vol.40,No.4,pp.112-116 2017
Negotiating with the future: incorporating imaginary future generations into negotiations KAMIJO Yoshio,KOMIYA Asuka,MIFUNE Nobuhiro,SAIJO,Tatsuyoshi Sustainability Science,pp.1-12 2016
社会的ジレンマの解決をめざして 西條 辰義 理論と方法,Vol.31,No.2,pp.334-334 2016
Using Economic Games to Investigate the Neural Substrates of Cognitive Processes NAGATSUKA, Masao,SHINAGAWA, Hideo,OKANO,Yoshitaka,KITAMURA, Yuri,SAIJO,Tatsuyoshi American Journal of Clinical Medicine Research,Vol.1,No.4,pp.71-74 2013
Intergenerational sustainability dilemma and the degree of capitalism in societies: A field experiment Shahrier Shibly,Koji Kotani,Tatsuyoshi Saijo Sustainability Science,Vol.12,No.6,pp.957-967 2017
Mate choice mechanism for solving a quasi-dilemma Tatsuyoshi Saijo,Junyi Shen Journal of Behavioral and Experimental Economics,Vol.72,pp.1-8 2018
フューチャー・デザイン 西條 辰義 経済研究,Vol.68,No.1,pp.33-45 2017
“Inter-Generational Games with Dynamic Externalities and Climate Change Experiments” Katerina Sherstyuk,Nori Tarui,Majah-Leah V. Ravago,SAIJO,Tatsuyoshi Journal of the Association of Environmental and Resource Economists,Vol.3,No.2,pp.247-281 2016
"Negotiating with the future: incorporating imaginary future generations into negotiations” KAMIJO Yoshio,KOMIYA Asuka,MIFUNE Nobuhiro,SAIJO,Tatsuyoshi Sustainability Science,pp.1-12 2016
"Detecting motives for cooperation in public goods experiments" Takafumi Yamakawa,Yoshitaka Okano,Tatsuyoshi Saijo Experimental Economics [Q1] 2015
「産科医不足のため分娩維持が困難な地域公立病院における費用便益分析」 中島 孝子,森重 健一郎,瀋 俊毅,古井 辰郎,西條 辰義 国民経済雑誌,Vol.212,No.5,pp.31-46 2015
“Why does real-time information reduce energy consumption?” John Lynham,Kohei Nitta,Tatsuyoshi Saijo,Nori Tarui Energy Economics,Vol.54,pp.173-181 [Q1] 2016
"Using Economic Games to Investigate the Neural Substrates of Cognitive Processes" Masao Nagatsuka,Hideo Shinagawa,Yoshitaka Okano,Yuri Kitamura,Tatsuyoshi Saijo American Journal of Clinical Medicine Research,Vol.1,No.4,pp.71-74 2013
"The Minimum Approval Mechanism Implements the Efficient Public Good Allocation Theoretically and Experimentally" Takehito Masuda,Yoshitaka Okano,Tatsuyoshi Saijo Games and Economic Behavior,Vol.83,pp.73-85 2014
"Impact of Specialization in Gynecology and Obstetrics Departments on Pregnant Women’s Choice of Maternity Institutions" Yoshimi Adachi,Hiroyasu Iso,Junyi Shen,Kanami Ban,On Fukui,Hiroyuki Hashimoto,Takako Nakashima,Kenichiro Morishige,Tatsuyoshi Saijo Health Economics Review,Vol.3,No.31 2013
集合住宅における排出権取引の制度設計―摂津市南千里丘の事例― 瀋 俊毅,草川 孝夫,岡野 芳隆,山川 敬史,西崎 勝彦,西條 辰義 都市問題研究,Vol.61,No.9,pp.47-61 2009
"Payment Schemes in Indefinite-Horizon Experimental Games" Katerina Sherstyuk,Nori Tarui,Tatsuyoshi Saijo Experimental Economics,Vol.16,No.1,pp.125-153 2013
"Prediction of Photovoltaic and Solar Water Heater Diffusion and Evaluation of Promotion Policies on the Basis of Consumers' Choices," Yohei Yamaguchi,Kenjyu Akai,Junyi Shen,Naoki Fujimura,Yoshiyuki Shimoda,Saijo,Tatsuyoshi Applied Energy,Vol.102,pp.1148-1159 2013
「産婦人科集約化に伴う妊婦の施設選択行動の分析―地理的空間的要因・施設要因・社会的経済的要因の影響―」 足立泰美,瀋俊毅,森重健一郎,磯博康,西條辰義 『医療経済研究』,Vol.24,No.1,pp.18-32 2012
"A Cost-Benefit Analysis on the Specialization in Departments of Obstetrics and Gynecology in Japan," Junyi Shen,On Fukui,Hiroyuki Hashimoto,Takako Nakashima,Tadashi Kimura,Kenichiro Morishige,SAIJO,Tatsuyoshi Health Economics Review,Vol.2,No.2 2012
"Spite and Reciprocity in Auctions," Naoko Nishimura,Timothy Cason,SAIJO,Tatsuyoshi,Yoshikazu Ikeda Games,Vol.2,No.3,pp.365-411 2011
"The Spite Dilemma Experiment in Korea," Chun Youngsub,Kim Jeongbin,SAIJO,Tatsuyoshi Seoul Journal of Economics,Vol.24,No.1,pp.87-98 2011
"On the Chinese Carbon Reduction Target," Michinori Uwasu,Yi Jiang,SAIJO,Tatsuyoshi Sustainability,Vol.2,pp.1553-1557 2010
"Designing Post-Kyoto Institutions: From the Reduction Rate to the Emissions Amount," SAIJO,Tatsuyoshi,Hiroshi Hamasaki Adaptation and Mitigation Strategies for Climate Change,pp.85-96 2010
「大阪府泉南地域における選択型実験法を用いた妊婦の分娩施設選択に影響する要因分析」 瀋俊毅,青木恵子,赤井研樹,福井温,橋本洋之,斧城健大,中島孝子,木村正,森重健一郎,西條辰義 『医療と社会』,Vol.20,No.2,pp.185-197 2010
"Fundamental Impossibility Theorems on Voluntary Participation in the Provision of Non-excludable Public Goods," SAIJO,Tatsuyoshi,T. Yamato Review of Economic Design,Vol.14,No.1,pp.51-73 2010
"Consumer Reaction to Information on Food Additives: Evidence from an Eating Experiment and a Field Survey," Keiko Aoki,Junyi Shen,SAIJO,Tatsuyoshi Journal of Economic Behavior and Organization,Vol.73,No.3,pp.433-438 2010
「消費者選好に基づく太陽光発電および太陽熱温水器の技術普及予測と普及推進施策評価」 山口容平,赤井研樹,瀋俊毅,藤村尚樹,下田吉之,西條辰義 『エネルギー・資源学会論文誌』,Vol.31,No.1,pp.38-44 2010
"Educational initiative of Osaka University in sustainability science: mobilizing science and technology towards sustainability" Uwasu, M.,Yabar, H.,Hara, K.,Shimoda, Y.,Saijo, T. Sustainability Science,Vol.4,No.1,pp.45-53 2009
"Does an Energy Efficiency Label Alter Consumers' Purchase Decision? A Latent Class Approach Based on Data from Shanghai," J. Shen,SAIJO,Tatsuyoshi Journal of Environmental Management,Vol.90,pp.3561-3573 2009
"Spiteful Behavior in Voluntary Contribution Mechanism Experiments," SAIJO,Tatsuyoshi Handbook of Experimental Economics Results,pp.802-816 2008
"Reexamining the Relations between Socio-demographic Characteristics and Individual Environmental Concern: Evidence from Shanghai Data," Shen, J.,SAIJO,Tatsuyoshi Journal of Environmental Psychology,Vol.28,pp.42-50 2008
"Effects of Prior Investment and Personal Responsibility in a Simple Network Game," Aoki, K.,Y. Ohtsubo,A. Rapoport,SAIJO,Tatsuyoshi Current Research in Social Psychology,Vol.13,No.2,pp.10-21 2007
"Secure Implementation," SAIJO,Tatsuyoshi,T. Sjostrom,T. Yamato Theoretical Economics,Vol.2,No.3,pp.203-229 2007
「セキュア遂行-理論と実験-」 西條辰義,大和毅彦 『経済研究』,Vol.58,No.2,pp.122-35 2007
「経済学における実験手法について考える:「日本人はいじわるがお好き?!」プロジェクトを通じて」 西條辰義 『経済学史研究』,Vol.48,No.2,pp.51-66 2006
"Secure Implementation Experiments: Do Strategy-proof Mechanisms Really Work?" Timothy N. Cason,SAIJO,Tatsuyoshi,Tomas Sjostrom,Takehiko Yamato Games and Economic Behavior,Vol.57,pp.206-235 2006
"Choosing a Model out of Many Possible Alternatives: Emissions Trading as an Example," SAIJO,Tatsuyoshi Experimental Business Research,Vol.2,pp.47-81 2005
"Non-Excludable Public Good Experiments," SAIJO,Tatsuyoshi,Takehiko Yamato,Konomu Yokotani,Timothy Cason Games and Economic Behavior,Vol.49,No.1,pp.81-102 2004
"A Four Country Comparison of Spite, Cooperation and Errors in Voluntary Contribution Mechanisms," Jordi Brandts,SAIJO,Tatsuyoshi,Arthur Schram Public Choice,Vol.119,No.3-4,pp.381-424 2004
"Does the Varian Mechanism Work?: Emissions Trading as an Example" Y. Hamaguchi,SAIJO,Tatsuyoshi,Satoshi Mitani International Journal of Business and Economics,Vol.2,No.2,pp.85-96 2003
"Agent-based Simulation of Emissions Trading: Evaluation of Non-compliance Penalty and Commitment Period Reserve," T. Okano,T. Kusakawa,SAIJO,Tatsuyoshi,A. Suzuki Socio-Economic Systems,Vol.3,pp.1107-1112 2003
"The Kyoto Protocol and Global Environmental Strategies of the EU, the U.S. and Japan: A Perspective from Japan," Aiba, T.,SAIJO,Tatsuyoshi in International Frameworks and Technological Strategies to Prevent Climate Change,pp.22-44 2003
"Emissions Trading Experiments: Investment Uncertainty Reduces Market Efficiency," Kusakawa, T.,SAIJO,Tatsuyoshi International Frameworks and Technological Strategies to Prevent Climate Change,pp.45-65 2003
"Voluntary Participation and Spite in Public Good Provision Experiments: An International Comparison," Timothy N. Cason,SAIJO,Tatsuyoshi,Takehiko Yamato Experimental Economics,Vol.5,pp.133-153 2002
"Emissions Trading Experiments: Investment Uncertainty and Liability," Takao Kusakawa,SAIJO,Tatsuyoshi Integrated Assessment and Decision Support: Proceedings of the First Biennial Meeting of the International Environmental Modelling and Software Society,Vol.2,pp.454-459 2002
"Price Disclosure, Marginal Abatement Cost Information and Market Power in a Bilateral GHG Emissions Trading Experiment," Hizen, Y.,SAIJO,Tatsuyoshi Experimental Business Research,pp.231-251 2002
"Designing GHG Emissions Trading Institutions in the Kyoto Protocol: An Experimental Approach," Hizen, Y.,SAIJO,Tatsuyoshi Environmental Modelling and Software,Vol.16,No.6,pp.533-543 2001
"Partial Communication in a Voluntary Contribution Mechanism Experiment," Kinukawa, S.,SAIJO,Tatsuyoshi,M. Une Pacific Economic Review,Vol.5,No.3,pp.411-428 2000
"Characterizing Natural Implementability: the Fair and Walrasian Correspondences," SAIJO,Tatsuyoshi,Y. Tatamitani,T. Yamato Games and Economic Behavior,Vol.28,pp.271-293 1999
"A Voluntary Participation Game with a Non-Excludable Public Good," SAIJO,Tatsuyoshi,T. Yamato Journal of Economic Theory,Vol.84,pp.227-242 1999
「談合実験:制限付き一般競争入札の有効性」 宇根正志,西條辰義 『経済研究』,Vol.48,No.2,pp.113-120 1998
"Toward Natural Implementation," SAIJO,Tatsuyoshi,Y. Tatamitani,T. Yamato International Economic Review,Vol.37,No.4,pp.949-980 1996
"Natural Implementation with a Simple Punishment" Tatsuyoshi Saijo,Yoshikatsu Tatamitani,Takehiko Yamato The Japanese Economic Review,Vol.47,No.2,pp.170-185 1996
"‘Dango’ Experiments" Tatsuyoshi Saijo,Masashi Une,Toru Yamaguchi Journal of the Japanese and International Economies,Vol.10,No.1,pp.1-11 1996
"The Tragedy of the Commons Revisited" Masaru Ito,Tatsuyoshi Saijo,Masashi Une Journal of Economic Behavior and Organization,Vol.28,No.3,pp.311-335 1995
"The 'Spite' Dilemma in Voluntary Contribution Mechanism Experiments" Tatsuyoshi Saijo,Hideki Nakamura Journal of Conflict Resolution,Vol.39,No.3,pp.535-560 1995
"Characterizing Neutrality in the Voluntary Contribution Mechanism" Tatsuyoshi Saijo,Yoshikatsu Tatamitani Economic Design,Vol.1,pp.119-140 1994
"On the Definition of Favorableness" Masashi Une,Tatsuyoshi Saijo Economics Letters,Vol.47,No.1,pp.109-110 1995
"Sufficient Conditions for the Non-Optimality of Monopolistic Equilibrium in a Pure Exchange Economy," Ndosi, N.,Tatsuyoshi Saijo Keio Economic Studies,Vol.28,No.2,pp.37-44 1991
"Incentive Compatibility and Individual Rationality in Public Good Economies," Tatsuyoshi Saijo Journal of Economic Theory,Vol.55,No.1,pp.203-212 1991
「厚生経済学における基本定理:新しいパースペクティブ」 西條辰義 『経済研究』,Vol.46,No.1,pp.11-21 1995
"Boundary Optima and the Theory of Public Goods Supply: A Comment," Tatsuyoshi Saijo Journal of Public Economics,Vol.42,pp.213-217 1990
"Strategy Space Reduction in Maskin's Theorem: Sufficient Conditions for Nash Implementation," Tatsuyoshi Saijo Econometrica,Vol.56,No.3,pp.697-700 1988
"On Constant Maskin Monotonic Social Choice Functions," Tatsuyoshi Saijo Journal of Economic Theory,Vol.42,No.2,pp.382-386 1987
"Differentiability of Cost Functions is Equivalent to Strict Quasiconcavity of the Production Functions," Tatsuyoshi Saijo Economics Letters,Vol.12,No.2,pp.135-139 1983

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. "Future Design: Bequeathing Sustainable Natural Environments and Sustainable Societies to Future Generations",NRCP Annual Scientific Conference and 86th General Membership Assembly(2019)
  2. "Future Design: Bequeathing Sustainable Natural Environments and Sustainable Societies to Future Generations",Academia Sinica Workshop on Futurability: Intergenerational Equity and Sustainable Governance(2019)
  3. 「フューチャー・デザイン:持続可能な自然と社会を将来世代に引き継ぐために 」,昭和大学発達障害医療研究所セミナー(2019)
  4. 「フューチャー・デザインと哲学」,Philosophy for Futurability,フューチャー・デザイン+哲学ワークショップ(2019)
  5. “Future Design”,地球研-Stockholm Resilience Centreとの共同ワークショップ(2018)
  6. “Future Design”,Future Design: Exploring Affirmative Futures through an Intergenerational Outlook(2019)
  7. “Negotiating with the future: incorporating imaginary future generations into negotiations”,New Directions in Economic Theory and Empirical Economics(2018)
  8. 「フューチャー・デザイン」,Techno Research Arena フォーラム 『フューチャー・デザイン』(2018)
  9. “Future Design”,Future Earth Philippines Program Launch meeting in Manila(2018)
  10. “Future Design”,HKUST Workshop on Experimental Economics(2018)
  11. 「フューチャー・デザイン:持続可能な自然と社会を将来世代に残すために」,第22回実験社会科学カンファレンス(2018)
  12. 「フューチャー・デザイン:自然と社会を将来世代に引き継ぐために」,フューチャー・デザイン・ワークショップ 2019(2019)
  13. 「フューチャー・デザイン:かんがえようこれからの地域の未来」,地域コミュニティの未来を考えるシンポジウム(2018)
  14. 「フューチャー・デザイン:持続可能な自然と社会を将来世代に引き継ぐために」,第2回高知大学拠点プロジェクト・総合地球環境学研究所サニテーションプロジェクト合同勉強会(2018)
  15. Future Design: An Overview/Session Chair,World Social Socience Forum 2018(2018)
  16. 「フューチャー・デザイン」,総合地球環境学研究所 ・高知工科大学・日本学術会議(2018)
  17. Future Design,Democratic Responsibilities and Future People, Twenty-First Annual Meeting of the International Association for Environmental Philosophy(2017)
  18. Future Design,RIHN/UCB 2017(2017)
  19. Future Design,School of Human Evolution and Social Change, Arizona State University,(2017)
  20. フューチャー・デザイン,シンポジウム「フューチャーデザインと新国富論:将来の持続可能な社会をいかにデザインしていくか?」,環境経済・政策学会2017年大会(2017)
  21. Future Design,HSI2017—3rd Hitotsubashi Summer Institute(2017)
  22. 周産期医療体制の制度デザイン:大阪府泉南地域と下呂市の調査,周産期医療に関する飛騨地域の現状と最近の話題について, 高山市(2017)
  23. フューチャー・デザイン―バングラデシュ,ネパール,日本における実験の成果から,学術フォーラムアジアの経済発展と立地・環境都市・農村関係の再構築を考える(2017)
  24. Future Design,Research on Future Design, Graduate Program in Sustainability Science(2017)
  25. フューチャー・デザイン,環境学委員会全体会議(2017)
  26. Future Design,T.S. Kim Bidecennial Memorial Workshop Theoretical and Applied Economics(2017)
  27. Negotiating with the Future,5th Workshop on Future Earth in Asia(2017)
  28. 地球の将来のための脳科学,理研脳科学総合研究センター20周年記念シンポジウム(2016)
  29. 世代間の持続可能性:バングラデシュにおける都市域と農 漁村域におけるフィールド実験,エコデザイン・プロダクツ&サービスシンポジウム2016(2016)
  30. フューチャー・デザイン:持続可能な社会への変換をめざして,第20回実験社会科学カンファレンス(2016)
  31. フューチャー・デザイン,日本学術会議公開シンポジウム「フューチャー・ソシオロジー:理論の未来、実証の未来、政策の未来」(2016)
  32. フューチャーセンターとは何か,合併10周年記念 第2次総合計画策定シンポジウム(2016)
  33. フューチャー・デザイン:仮想将来世代になって持続可能性を考えてみよう,平成28年度連続自治体特別企画セミナー(KPIセミナー)【第3回】「フューチャーデザインと地域創生~7世代先から自治体政策を考える~」(2016)
  34. “Negotiating with the Future: Incorporating Imaginary Future Generations”/ Session Chair,HDCA 2016 Conference(2016)
  35. "Negotiating with the Future: Incorporating Imaginary Future Generations",Asia Meeting of Econometric society 2016(2016)
  36. ”Negotiating with the future: Incorporating imaginary future generations into negotiations"/Session Chair,EAAERE2016(2016)
  37. フューチャー・デザイン,プロジェクト研究会(2016)
  38. フューチャー・デザイン,一橋大学経済研究所定例研究会(2016)
  39. ​"Future Design: Incorporating imaginary future generations"​,Future Earth/Transdisciplinary勉強会(2016)
  40. "Negotiating with the Future: Incorporating
    Imaginary Future Generations into Negotiations",西江大学校(ソウル)セミナー(2016)
  41. "Negotiating with the Future: Incorporating Imaginary Future Generations into Negotiations”.,ソウル国立大学セミナー(2016)
  42. Future Design,The 7th Future Earth in Asia seminar: Including Future Generations in Discussions on Sustainability(2016)
  43. 周産期医療体制のデザイン,第136回東海産科婦人科学会(2016)
  44. フューチャー・デザイン,環境経済・政策学会設立 20 周年記念シンポジウム「フューチャー・デザインー7世代先を見据えた社会」(2016)
  45. Future Design,Workshop on “Institutions, Preferences and Economic Development”(2015)
  46. Future Design,Kyoto University and Kansai University Joint Workshop on Experimental Economics(2015)
  47. フューチャー・デザイン:仮想将来世代の可能性,一橋政策フォーラム「フューチャー・デザイン」(2015)
  48. Future design,EcoDesign 2015(2015)
  49. Future design,第19回実験社会科学カンファレンス(2015)
  50. Future Design: Listening to the Voice of Future Generations,Future Earth in Asia International Workshop(2015)
  51. フューチャー・デザイン,環境経済・政策学会設立20周年記念シンポジウム(2015)
  52. フューチャー・デザイン,環境経済・政策学会2015年大会(2015)
  53. Negotiating With The Future,2015 ESA World Meetings, Sydney, Australia(2015)
  54. The instability of the voluntary contribution mechanism,第3回京都大学実験経済学ワークショップ(2015)
  55. "The Instability of the Nash Equilibrium in Common-Pool Resources",HBES-J第7回大会(2014)
  56. "The Instability of the Voluntary Contribution Mechanism",京都大学フィールド実験ワークショップ(2014)
  57. "Pulsing Behavior in Common-Pool Resource",環境経済・政策学会2014年大会(2014)
  58. "Instability of the Voluntary Contribution Mechanism",2014 North-American ESA Conference(2014)
  59. "A Simplest Solution to the Free-Rider Problem: Theory and Experiment",PET 14(2014)
  60. "Future Design Experiment: Introducing the Ministry of the Future",2014 ESA International Meetings, Honolulu, Hawaii(2014)
  61. “Second thought: Theory and experiment in social dilemma”,進化経済学会金沢大会(2014)
  62. “Second thought: Theory and Experiment in Social Dilemma”,2014 Asia-Pacific ESA Conference(2014)
  63. "Toward Solving Social Dilemma: Rediscovering Human Wisdom",京都大学経済実験室オープニング記念ワークショップ(2013)
  64. “Second Thought: Theory and Experiment in Social Dilemma”,第2回京都大学実験経済学ワークショップ/キーノート(2014)
  65. "Simplified Approval Mechanism for the Solution to the Social Dilemma",The forth congress of EAAERE/座長(2014)
  66. "Second Thought: Theory and Experiment in Social Dilemma",2013 North-American ESA Conference(2013)
  67. "Second Thought: Theory and Experiment in Social Dilemma",Asian Meeting of the Econometric Society(2013)
  68. "Second Thought: Theory and Experiment in Social Dilemma",2013 Florence Workshop on Behav. & Exp. Economics(2013)
  69. "Second Thought: Theory and Experiment in Social Dilemma",Hitotsuba shi G-COE Conference Series on Choice, Games and Welfare:Equality and Welfare (2013)
  70. "Second Thought: Theory and Experiment in Social Dilemma",APESA(2013)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
代表 実験社会科学研究の支援 特定領域研究 2007/07/25 - 2014/03/31 19046009
分担 社会脳を担う前頭葉ネットワークの解明―微小電極からfMRIまでの垂直的統合研究― 基盤研究(S) 2010/04/01 - 2016/03/31 22220003
代表 社会的ジレンマの解決をめざして 基盤研究(A) 2012/04/01 - 2017/03/31 24243028
分担 気候変動を考慮した不確実性・不明確性下での集団行動理論・実験分析 基盤研究(B) 2016/04/01 - 2019/03/31 16H03621
分担 将来世代の視点を取り込んだフューチャーアセスメント手法の開発に向けた基礎研究 挑戦的萌芽研究 2016/04/01 - 2018/03/31 16K12660
代表 フューチャー・デザイン 挑戦的萌芽研究 2016/04/01 - 2018/03/31 16K13354
代表 フューチャー・デザイン 基盤研究(A) 2017/04/01 - 2022/03/31 (予定) 17H00980
分担 応用制度設計・実験経済学・社会哲学を融合した持続的発展のための新しい会計 基盤研究(B) 2018/04/01 - 2023/03/31 (予定) 18H00914
分担 技術変化・革新、所得分配、及び社会的厚生の理論分析 基盤研究(C) 2018/04/01 - 2021/03/31 (予定) 18K01514

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

競争的資金など

研究課題 事業名等 研究期間 受託先 担当教員
統括・仮想将来世代は機能するのか 森林の持続可能性 フューチャー・アース構想の推進事業 持続可能な社会へのトランスフォーメーションを可能にする社会制度の変革と設計 2015/10/01~2017/03/31 科学技術振興機構(JST) 西條 辰義

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 日本学術会議 日本学術会議 科学者委員会 研究計画・研究資金検討分科会委員(2018~)
  2. 日本学術会議国際委員会ISC等分科会委員(幹事)(2017~)
  3. 日本学術会議 日本学術会議環境学委員
  4. 日本学術会議 日本学術会議フューチャー・ソシオロジー分科会委員
  5. World Social Science Forum 2018,Local Organizeing Committee (2018~)
  6. 日本学術会議 日本学術会議国際リニアコライダー計画の見直し案に関する検討委員会技術検証分科会委員・幹事(2018~)
  7. 日本学術会議 日本学術会議国際リニアコライダー計画に関する検討委員会委員・幹事(2018~)
  8. 日本学術会議 日本学術会議会員(第24期)(2017~2020)
  9. 日本学術会議 日本学術会議フューチャー・アースの推進に関する委員会委員(2017~)
  10. 日本学術会議 日本学術会議経済学委員会第一部国際協力分科会副委員長(2017~2020)
  11. 日本学術会議 日本学術会議経済学委員会・環境学委員会合同フューチャー・デザイン分科会委員長(2017~2020)
  12. 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員(2017~2018)
  13. 日本学術会議 日本学術会議会員(第23期)(2014~2017)
  14. 独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業領域アドバイザー(2014~2016)
  15. Environmen​tal Economics and Policy Studies 編集委員(2010~2017)
  16. Journal of Behavioral and Experimental Economics 共同編集者
  17. Social Choice and Welfare 編集顧問(1997~)
  18. International Journal of Business and Economics 共同編集者(2001~)
  19. Economics Bulletin 共同編集者(2003~)
  20. 産業技術総合研究所 安全科学研究部門評価委員(2012~2014)
  21. Economic Science Association Economic Science Association副会長(アジア・環太平洋地区担当)(2010~2014)
  22. 総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業 ICTグリーンイノベーション推進型評価委員(2013~2016)
  23. 日本学術会議連携会員(2008~2014)

地域活動にかかわる委員など

  1. 高知県森林業振興・環境部 環境対策課 新たな管理型最終処分場候補地選定委員会委員(2017~2018)
  2. 公益財団法人高知市文化振興事業団 第28回高知出版学術賞審査委員(2018)
  3. 高知県立林業学校運営委員会委員(2016~2018)
  4. 高知県立林業学校(仮称)設置構想検討委員会(2015)

一般講演など

  1. 「フューチャー・デザイン× 京都:持続可能な社会のデザイン」,第27回地球研地域連携セミナー(2019)
  2. 「『フューチャー・デザイン』について」,エコール・トモニー講演会(2019)
  3. 「フューチャー・デザイン:持続可能な自然と社会を将来世代に引き継ぐために」,地球環境学講座(2019)
  4. 「フューチャー・デザイン」,京都府長岡京市WS(2019)
  5. 「フューチャー・デザイン:持続可能な自然と社会を将来世代に引き継ぐために」(招待),シンポジウム 『フューチャー・デザイン‐持続可能な未来に向けて』(2018)
  6. 「フューチャー・デザイン」(招待),阪神シニアカレッジ(2018)
  7. フューチャー・デザイン:持続可能な自然と社会を将来世代に引き継ぐために」(招待),消費者庁(2018)
  8. 「フューチャー・デザインの視点から考えるインフラ整備」(招待),建設技術研究所フューチャー・デザインに関する学習会(2018)
  9. 「フューチャー・デザイン」(招待),キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)(2018)
  10. 「フューチャー・デザイン:持続可能な自然と社会を将来世代に引き継ぐために」(招待),日本の金融の新しい動きを理解し戦略を考える委員会(2019)
  11. 「フューチャー・デザイン」(招待),財務省 財務総合政策研究所先端セミナー(2018)
  12. Future Design: Bequeathing Sustainable Natural Environments and Sustainable Societies to Future Generations,The Nicholas Institute for Environmental Policy Solutions and the University Program in Environmental Policy seminar series, https://nicholasinstitute.duke.edu/events/future-design-bequeathing-sustainable-natural-environments-and-sustainable-societies-future(2018)
  13. 「フューチャー・デザイン」,京都府営水道連絡協議会講演(2018)
  14. フューチャー・デザイン,信州大学公開セミナー(2017)
  15. 「農」の再発見(コメンテーター),総合地球環境学研究所(2017)
  16. 『フューチャー・デザイン』未来社会プラットフォームPhase1第3回ワークショップ,(公社)新化学技術推進協会, 東京(2017)
  17. フューチャー・デザイン,地球研市民セミナー(2017)
  18. 未来の人たちも幸せになる社会を考えよう,京都環境フェスティバル(2017)
  19. 『つながり・居場所・地域の未来』リレー講座「フューチャー・デザインで考える地域コミュニティの未来」,宇治市・京都文教大学(2018)
  20. 「フューチャー・デザイン」,大阪大学COiRE発足記念シンポジウム 『協働と共創が切り拓くオープンイノベーション 』(2016)
  21. “Future Design”,世代間問題研究会(2014)
  22. 「私たちが目指したいサステナブルな社会とは」,日東電工株式会社フューチャーセンターセッション/招待(2014)
  23. "Second Thoughts: Theory and Experiment in Social Dilemmas
    (with Yoshitaka Okano)",講演(研究者向け)/招待講演(2014)
  24. "Future Design",講演(学生向け)/招待講演(2014)
  25. "Second Thought: Theory and Experiment in Social Dilemma",第27回環境・資源経済学ワークショップ(招待講演)(2014)
  26. "Second Thought: Theory and Experiment in Social Dilemma",広島修道大学経済科学部・経済科学研究科講演会/招待講演(2014)
  27. "Second Thought: Theory and Experiment in Social Dilemma",セミナー(2014)
  28. "Future Design",世代間問題研究会(2014)
  29. "Second Thought: Theory and Experiment in Social Dilemma",Economic Seminar講義(2013)
  30. "Second Thought: Theory and Experiment in Social Dilemma",クラスターセミナー(2013)
  31. 囚人のジレンマを解決する仕組みの設計: 行動実験とfNIRS実験,日本精神神経学会(2013)
  32. 「社会的ジレンマの解決を目指して」,平成25年度 医学共通講義7 神経科学入門(2013)

主な著書など

  1. 『想創技術社会-サステイナビリティ実現に向けて』池道彦、原圭史郎編著
    第二章「フューチャー・デザイン」pp.23-33,大阪大学出版会,2016
  2. 実験政治学【西條辰義監修】,勁草書房,2016,ISBN 9784326349135
  3. 人間行動と市場デザイン,勁草書房,2016,ISBN 9784326349128
  4. 文化を実験するー社会行動の文化・制度的基盤ー【西條辰義監修】,勁草書房,2014,ISBN 9784326349173
  5. 「社会の決まり」はどのように決まるか【西條辰義監修】,勁草書房,2015
  6. 『実験が切り開く21世紀の社会科学』,勁草書房,2014,ISBN 9784326349111
  7. 「神経経済学が明らかにする社会脳」『報酬を期待する脳ーニューロエコノミクスの新展開ー』苧阪直行編 第二章,株式会社 新陽社,2014
  8. 『排出権取引-理論と実験による制度設計』,慶応義塾大学出版会株式会社,2013