教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
shibata-kiyotaka-1.jpg

柴田 清孝Kiyotaka Shibata

  • 男性
  • 職位: 教授
  • 所属:
  • 環境理工学群
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 物質生命システム工学コース
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 環境数理コース

教員略歴

学位 博士(理学)
学歴 北海道大学理学部地球物理 卒業(1975)
北海道大学理学研究科地球物理 修了(1977)
職歴 函館海洋気象台(1977~1981)
気象大学校講師(1981~1986)
気象研究所(1986~2013)
資格 第一種放射線取扱主任者(1976)
第一級無線技術士(1982)
専門分野 気候科学
大気物理
大気化学
研究室 名称 気候科学研究室
詳細 温室効果気体の増加が引き起こす地球温暖化によって経験したことの無いような気候変動が進行中です。また、必ずおきる巨大火山噴火や太陽活動の変動などによっても短期的にせよ気候が大きく変化することが確実視されています。本研究室では、大気大循環モデルや化学-気候モデルなどを使ってシミュレーションを行い、それぞれの外力の変化に対する気候の応答を調べます。また、観測データの解析を通してローカルスケールからグローバルスケールまでの気候変動の実態も把握します。
所属学会 日本気象学会
アメリカ地球物理学連合
日本地球惑星科学連合

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 コンピュータリテラシー / セミナー2(環境理工) / セミナー3(環境理工) / 環境学2-環境学の基礎2- / 環境学3-気候変動- / 卒業研究 / 地球科学概論
大学院 地域気候の解析と予測 / セミナー1 / セミナー2 / セミナー3 / セミナー4 / 特別研究

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

現在の研究

メッセージ

研究業績

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
Quantifying the effect of mixing on the mean Age of Air in CCMVal-2 and CCMI-1 models Dietmüller Simone,Eichinger Roland,Garny Hella,Birner Thomas,Boenisch Harald,Pitari Giovanni,Mancini Eva,Visioni Daniele,Stenke Andrea,Revell Laura,Rozanov Eugene,Plummer David A.,Scinocca John,Jöckel Patrick,Oman Luke,Deushi Makoto,Kiyotaka Shibata,Kinnison Douglas E.,Garcia Rolando,Morgenstern Olaf,Zeng Guang,Stone Kane Adam,Schofield Robyn Atmospheric Chemistry and Physics 2018
Future Changes in the Ozone Quasi-Biennial Oscillation with Increasing GHGs and Ozone Recovery in CCMI Simulations Naoe, H.,M. Deushi,K. Yoshida,K. Shibata Journal of Climate,Vol.30,pp.6977-6997 2017
Contribution of different processes to changes in tropical lower-stratospheric water vapor in chemistry–climate models Smalley, K. M.,A. E. Dessler,S. Bekki,M. Deushi,M. Marchand,O. Morgenstern,D. A. Plummer,K. Shibata,Y. Yamashita,G. Zeng Atmospheric Chemistry and Physics,Vol.17,pp.8031-8044 2017
オゾン層破壊は止まるか -モントリオール議定書の影響力を評価する- 柴田 清孝 現代化学,No.547,pp.32-33 2016
Improved predictability of the troposphere NAO using stratospheric final warmings SHIBATA KIYOTAKA J. Geophys. Res.,Vol.116,pp.D18113 2011
DIAL measurement of lower tropospheric ozone over Saga (33.24°N, 130.29°E), Japan, and comparison with a chemistry–climate model Uchino, O.,Sakai, T., Nagai, T., Morino, I., Maki, T., Deushi, M.,Shibata K.,Kajino, M., Kawasaki, T., Akaho, T., Takubo, S., Okumura, H., Arai, K., Nakazato, M., Matsunaga, T. Atmos. Meas. Tech.,Vol.7,pp.1385-1394 2014
Diagnosis of annual synchronization of the quasi-biennial oscillation: results from JRA-25/JCDAS reanalysis and MRI chemistry-climate model data Taguchi, M.,K. Shibata J. Meteor. Soc. Japan,Vol.91,pp.243-256 2013
Diurnal and daily variations in surface ultraviolet radiation due to ozone variations in the troposphere at Tsukuba, Japan: Lidar observations and chemistry-climate model simulation Shibata, K.,M. Deushi, T. Maki, T. Nagai, T. Sakai, and M. Nakazato AIP Conference Proceedings 1531,pp.899-902 2013
安定成層大気による多像の蜃気楼:レイトレーシングと温度構造推定の可能性 柴田 清孝 天気,Vol.60,pp.709-722 2013
A multimodel comparison of stratospheric ozone data assimilation based on an ensemble Kalman filter approach Nakamura, T., H. Akiyoshi, M. Deushi, K. Miyazaki, C. Kobayashi,K. Shibata,T. Iwasaki J. Geophys. Res. Atmos.,Vol.118,pp.3848-3868 2013
Damage of land biosphere due to intense warming by 1000-fold rapid increase in atmospheric methane: Estimation with a climate-carbon cycle model Obata, A.,K. Shibata J. Clim.,Vol.25,pp.8524-8541 2012
Wave activity in the tropical tropopause layer in seven reanalysis and four chemistry climate model data sets Fujiwara, M., J. Suzuki, A. Gettelman, M. I. Hegglin, H. Akiyoshi,K. Shibata J. Geophys. Res.,Vol.117 2012
Future changes in the quasi-biennial oscillation under a greenhouse gas increase and ozone recovery in transient simulations by a chemistry-climate model Shibata, K.,M. Deushi Greenhouse Gases - Emission, Measurement and Management, Dr. Guoxiang Liu (Ed.),pp.355-386 2012
The nature of Arctic polar vortices in chemistry–climate models Mitchell D. M.,Charlton-Perez A. J. , Gray L. J., Akiyoshi H., Butchart N., Hardiman S. C., Morgenstern O.,Nakamura T., Rozanov E.,Shibata, K.,Smale D., Yamashita Y. Q. J. R. Meteorol. Soc. 2012
Future changes in the influence of the quasi-biennial oscillation on the northern polar vortex simulated with an MRI chemistry climate model Naoe, H.,K. Shibata J. Geophys. Res.,Vol.117 2012
Evaluation of dynamical contribution to lower stratospheric ozone trends in northern mid-latitudes over the last three decades (1980-2006) using a chemical transport model Kobayashi, C.,K. Shibata J. Meteor. Soc. Japan,Vol.89,pp.363-376 2011

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. 太陽活動気候影響,「太陽地球圏環境予測 Project for Solar-Terrestrial Environment Prediction (PSTEP) サマースクール陸別2017」(2017)
  2. 熱帯中層大気半年振動 (SAO) のシミュレーョン改善に向けて,「極域・中緯度SuperDARN 研究集会」「MTI 研究集会」「IUGONET 研究集会」「宇宙空間からの地球超高層大気観測に関する研究会」 合同研究集会(2017)
  3. 化学-気候モデルの鉛直分解能改良が上部成層圏より上空での熱帯半年振動に及ぼす影響,アメリカ地球物理学会(2017)
  4. 熱帯成層圏における準二年振動の十数年スケールの変動について,第9回大気中の長期変動とトレンドに関するワークショップ(2016)
  5. 化学-気候モデルでシミュレートされた熱帯純二年振動(QBO)中のオゾン変動における化学と輸送の寄与の評価,国際測地学・地球物理学連合(2015)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
分担 太陽活動の北極振動への影響とメカニズムの解明 基盤研究(B) 2014/04/01 - 2018/03/31 26281016

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動

主な著書など

  1. 雲・水蒸気と放射,水の事典
    ,朝倉書店,2004,ISBN 4-254-18015-2
  2. 光と自然(第7章)、光の百科事典,丸善,2011,ISBN 978-4-621-084
  3. 大気光学,キーワード気象の事典,朝倉書店,2002,ISBN 4-254-16115-8
  4. 光の気象学,朝倉書店,1999,ISBN 4-254-16701-6