教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
ugawa-tomoharu-1.JPG

鵜川 始陽Tomoharu Ugawa

教員略歴

学位 博士(情報学)
学歴 京都大学情報学研究科 修了(2005)
京都大学情報学研究科 修了(2002)
京都大学工学部情報学科 卒業(2000)
職歴 京都大学大学院情報学研究科特任助教(2005~2008)
電気通信大学大学院情報理工学研究科助教(2008~2014)
高知工科大学情報学群准教授(2014~)
資格
専門分野 プログラミング言語,システムソフトウェア
研究室 名称 プログラミング言語研究室
詳細 ソフトウェアはプログラミング言語で記述され、実行時システムの上で実行されます。本研究室では、プログラミング言語や実行時システム、プログラミングをサポートするツールの研究を行っています。これらの研究により、自然な記述でプログラミングでき、そうして作ったソフトウェアの信頼性が高く、高速に実行できたり省電力で実行できるようなプログラミング環境の開発を目指しています。
所属学会 ACM

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 コンパイラ / 情報学群実験第2 / プロジェクト研究1 / プロジェクト研究2 / プロジェクト研究3 / 情報学群ガイダンス / 情報学群セミナー / 卒業研究
大学院 計算理論 / 応用ソフトウェア工学演習 / 情報学先端セミナー1 / 情報学先端セミナー2 / 特別研究

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 プログラミング,プログラミング言語,計算機システム,ソフトウェア
現在の研究

メッセージ

研究業績

主な受賞歴など

  • First Prize Award (12th Asian Symposium on Programming Languages and Systems (APLAS 2014) ポスター発表)(2014) 12th Asian Symposium on Programming Languages and Systems (APLAS 2014)

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
Improvement of a Library for Model Checking under Weakly Ordered Memory Model with SPIN Kosuke Matsumoto,Tomoharu Ugawa,Tatsuya Abe Journal of Information Processing,Vol.26,pp.314-326 2018
Model Checking Copy Phases of Concurrent Copying Garbage Collection with Various Memory Models Tomoharu Ugawa,Tatsuya Abe,Toshiyuki Maeda Proceedings of the ACM on Programming Languages archive,Vol.1,No.OOPSLA,pp.53:1-53:26 2017
規則違反コードの構造を反映した木パタンを用いるコード検査器 中村 真也,鵜川 始陽,馬谷誠二 情報処理学会論文誌,Vol.9,No.4,pp.1-15 2016
Design and Implementation of a Java Bytecode Manipulation Library for Clojure Seiji Umatani,UGAWA Tomoharu,Masahiro Yasugi Journal of Information Processing,Vol.23,No.5,pp.716-729 2015

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. Model Checking of Persistent Queue on Non-Volatile Memory,ディペンダブルソフトウェアワークショップ(日本ソフトウェア科学会)(2018)
  2. Generating a Minimum JavaScript VM Specialised for Target Applications,SPLASH(Workshop on Virtual Machines and Language Implementations (VMIL'18))(2018)
  3. Towards Model Checking Library for Persistent Data Structures,The 7th IEEE Non-Volatile Memory Systems and Applications Symposium(2018)
  4. A Source Code Checker Using Declarative patterns to Represent Rule Violations,Thirteenth International Symposium on Functional and Logic Programming(2016)
  5. An Implementation of On-The-Fly Copying Garbage Collector on Jikes RVM,12th Asian Symposium on Programming Languages and Systems (APLAS 2014)(2014)
  6. 並行プログラムのPartial Store Ordering での実行をモデル検査するためのRelease メモリバリア,第60回プログラミングシンポジウム(情報処理学会)(2019)
  7. Reference object processing in on-the-fly garbage collection,2014 ACM SIGPLAN International Symposium on Memory Management (ISMM 2014)(2014)
  8. Exploring garbage collection with haswell hardware transactional memory,2014 ACM SIGPLAN International Symposium on Memory Management (ISMM2014)(2014)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
代表 マルチコア・メニーコア組込みシステム向け言語仮想機械のメモリ管理 基盤研究(C) 2013/04/01 - 2016/03/31 25330080
代表 IoTデバイス向けの軽量でモジュラーなJavaScript処理系 基盤研究(C) 2016/04/01 - 2019/03/31 16K00103

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 日本ソフトウェア科学会プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ プログラム委員(2018~)
  2. 情報処理学会四国支部 支部幹事(2017~2018)
  3. 日本ソフトウェア科学会 編集委員(2018~2019)
  4. 情報処理学会プログラミング研究会 編集委員(2018~2019)
  5. 2018 ACM SIGPLAN International Symposium on Memory Management (ISMM 2018) プログラム委員(2018~)
  6. ACM ICPC 2017 アジア地区予選審判(2017)
  7. ACM ICPC 2018 アジア地区予選審判(2018~)
  8. 日本ソフトウェア科学会プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ プログラム委員(2017~)
  9. 日本ソフトウェア科学会 編集委員(2017~)
  10. 情報処理学会プログラミング研究会 編集委員(2017~2019)
  11. 日本ソフトウェア科学会 プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ プログラム共同委員長(2015~2016)
  12. 第17回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2015) プログラム委員(2014~2015)
  13. 2014 ACM SIGPLAN International Symposium on Memory Management (ISMM 2014) プログラム委員(2013~2014)

主な著書など

  1. ガベージコレクション,翔泳社,2016,ISBN 9784798134208