環境保全

環境先進企業との協働の森づくり事業

open02.jpg

「環境先進企業との協働の森づくり事業」とは、高知県と企業、市町村(森林組合)の3者によるパートナーズ協定に基づき、国内での温室効果ガス(二酸化炭素)の排出権取引制度の創設を視野に入れながら、環境先進企業と地域とが協働して「森林の再生」と「交流の促進」を柱とした取り組みを行うことで、現在手入れの行き届かない状況となっている森林(人工林)の再生を進めるものです。

高知工科大学と高知工科大学校友会は、高知県・香美市・物部森林組合とパートナーズ協定を締結し、『高知工科大学―物部川共生の森』と名付けられた協定森林の再生に取り組むほか、学生・教職員を対象とした森林環境保全の啓発イベントを行うなど活動を推進しています。