教員情報 : 高知工科大学

高知工科大学

教員情報

tajima-masaki-1.jpg

 

田島 昌樹   TAJIMA Masaki
              1969年生まれ   男性

  職位 准教授
  役職
  所属 システム工学群

教員略歴

学位 博士(工学)
学歴 東京理科大学理工学部建築学科 卒業(1994)
東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程 修了(1996)
東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻博士後期課程 修了(2004)
職歴 国土交通省国土技術政策総合研究所(2004~2009)
国立保健医療科学院(2009~2012)
資格
専門分野 建築環境、建築設備
所属学会 日本建築学会
空気調和・衛生工学会

本年度担当講義

学部・学群 

室内環境デザイン
力学基礎
卒業研究
建築環境工学
建築環境計画

大学院

特別研究
建築環境計画論

研究シーズ

相談可能な領域 

  • 建築の省エネルギー
  • 建築の室内環境
  • 換気

現在の研究 

  • 建築物環境衛生管理及び管理基準の今後のあり方に関する研究(分担:厚生労働科学研究費補助金)
  • 節電要請下の住宅における室内環境の維持向上と省エネルギーの両立に関する研究(代表:学術研究助成基金助成金 基盤研究(C))
  • 自立循環型住宅に関する研究

研究業績

主な受賞歴など 

  1. 35th AIVC Conference Best Poster Award "DERIVATION OF EQUATION FOR PERSONAL CARBON DIOXIDE IN EXHALED BREATH INTENDED TO ESTIMATION OF BUILDING VENTILATION" (Masaki TAJIMA, Takayuki INOUE and Yuji OHNISHI)(2014)
  2. 論文賞 学術論文部門『中規模オフィスビルを対象とした全熱交換器の空調消費電力削減効果に関する実測研究』(大西茂樹、田島昌樹、伊藤一秀、范 芸青)(2014)
  3. 功績賞「SHASE-S117-2010換気・空調設備の現場風量測定法」 (2011)
  4. 論文賞「住宅用全熱交換換気ユニットの有効換気量率測定法に関する研究」 (2009)
  5. 優秀講演奨励賞「住宅の換気性能予測に関する研究 -シリンダーハウスにおける検証実験-」(2001)

代表的な研究論文 

  1. タイトル:助成制度を利用した既存住宅の省エネルギー改修による一次エネルギー削減効果に関する評価
    著者  :河田 浩太朗,田島 昌樹
    発表誌 :日本建築学会技術報告集,Vol.23,No.54,pp.579-584
    発表年 :2017
  2. タイトル:自立循環型住宅の評価手法に基づく省エネルギー性能の分析 四国の住宅を対象とした検討
    著者  :田島 昌樹,河田 浩太朗
    発表誌 :日本建築学会技術報告集,Vol.23,No.54,pp.585-590
    発表年 :2017
  3. タイトル:小規模事務所建築物における空調設備の稼働実態に関する基礎的研究 ビル用マルチパッケージ空調を採用した検討事例
    著者  :天野雄一朗,堀岡建吾,安岡稔弘,田島 昌樹
    発表誌 :日本建築学会環境系論文集,Vol.81,No.739,pp.997-1005
    発表年 :2016
  4. タイトル:換気量測定のための在室者の二酸化炭素呼出量の推定
    著者  :田島 昌樹,井上 貴之,大西 裕治
    発表誌 :日本建築学会環境系論文集,Vol.81,No.728,pp.885-892
    発表年 :2016
  5. タイトル:高知県のある中山間地域における住宅の室内環境とエネルギー消費量の分析
    著者  :田島 昌樹,河田 浩太朗
    発表誌 :高知工科大学紀要,Vol.13,No.1,pp.73-82
    発表年 :2016
  6. タイトル:Evaluation of Subsidy Systems for Energy Retrofit of Existing Dwellings in Japan
    著者  :Koutaro Kawata,TAJIMA Masaki
    発表誌 :SSMS Symposium Papers
    発表年 :2016
  7. タイトル:DERIVATION OF EQUATION FOR PERSONAL CARBON DIOXIDE IN EXHALED BREATH INTENDED TO ESTIMATION OF BUILDING VENTILATION
    著者  :TAJIMA,Masaki,Takayuki Inoue,Yuuji Ohnishi
    発表誌 :35th AIVC conference proceedings,pp.427-435
    発表年 :2014

学会発表・講演など 

  1. シンポジウム 必要換気量について考える
    「CO2発生量について」,公益社団法人 空気調和・衛生工学会(2016)

代表的な設計・作品・調査など 

主な特許 

科学研究費 

  1. 研究課題:顕熱交換型太陽熱集熱システムを用いた基礎断熱床下空間のカビリスク低減手法の構築
    研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2016年4月1日~2019年3月31日(予定)
    代表者 :本間 義規
    分担者 :福島明,田島昌樹
  2. 研究課題:熱交換換気システムのための透明性の高い評価設計技術の構築
    研究種目:基盤研究(A)
    課題番号:26249084
    研究期間:2014年4月1日~2017年3月31日
    代表者 :澤地 孝男
    分担者 :三浦 尚志,赤嶺 嘉彦,宮田 征門,田島 昌樹,村田 さやか
  3. 研究課題:節電要請下の住宅における室内環境の維持向上と省エネルギーの両立に関する研究
    研究種目:基盤研究(C)
    課題番号:24560729
    研究期間:2012年4月1日~2015年3月31日
    代表者 :田島 昌樹
    分担者 :村田 さやか,掘 祐治
  4. 研究課題:建築物環境衛生管理および管理基準の今後のあり方に関する研究
    研究種目:厚労科研(健康安全)
    研究期間:2011年度~2013年度
    代表者 :大澤 元毅
    分担者 :金 勲,鍵 直樹,田島 昌樹,池田 耕一,中館 俊夫,射場本 忠彦,百田 真史,柳 宇,東 賢一

競争的資金など 

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構 自立循環型住宅・建築物における省エネルギー性能の評価手法の開発研究 委員(2014~2015)
  2. 日本建築学会 日本建築学会 代議員(2014~2016)
  3. 一般社団法人 日本サステナブル建築協会 住宅省エネシステム検討委員会 設備込基準検討WG 暖冷房・換気設備SWG(2012~2013)
  4. 一般社団法人 日本サステナブル建築協会 健康維持増進住宅研究 健康増進部会(2012~2013)
  5. 一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構 住宅における実効的な省エネルギー性能の評価手法の開発研究
    -自立循環型住宅開発プロジェクト-(2012~2014)
  6. 一般財団法人 建築試験センター ISO/TC163/SC1国内対策委員会(2012~2015)

地域活動にかかわる委員など 

  1. 高知県土木建築指導課 平成27年度高知県長期優良住宅技術講習会 講師(省エネ)(2015~2016)
  2. 平成24年度高知県長期優良住宅技術講習会 講師(2012~2013)

その他の社会活動など 

一般講演など 

  1. 自立循環型住宅設計講習会,一般社団法人 愛媛県中小建築業協会(2012)
  2. 自立循環型住宅設計講習会 蒸暑地版,徳島県木造住宅協会(2012)
  3. 自立循環型住宅設計講習会,香川県総合建設センター(2012)
  4. 自立循環型住宅設計講習会 準寒冷地版,一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(2012)

主な著書など 

  1. 住宅用 機械換気設備の計画と性能評価,一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構,2016
  2. 「換気設備計画」 温暖地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン,一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構,2015
  3. 建築技術「換気設備」,建築技術,2013
  4. IBEC「換気設備の省エネルギー手法
    ~準寒冷地版ガイドラインおよびフェーズ3にかかる検討~」,2012

その他

メッセージ