教員情報 : 高知工科大学

高知工科大学

教員情報

yamamoto-masa-yuki-1.jpg

 

山本 真行   YAMAMOTO Masa-yuki
              1971年生まれ   男性

  職位 教授
  役職
  所属 システム工学群
大学院工学研究科 基盤工学専攻 電子・光システム工学コース

教員略歴

学位 博士 (理学)
学歴 東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士後期課程 修了(2001)
職歴 独立行政法人通信総合研究所専攻専攻研究員(2001~2003)
国立極地研究所客員准教授(2011~2013)
資格
専門分野 宇宙計測工学
超高層物理学
画像音声情報処理
理科教育
所属学会 地球電磁気・地球惑星圏学会
日本天文学会
電子情報通信学会
映像メディア学会
日本惑星科学会
日本流星研究会
天文教育普及研究会
国際天文学連合 (IAU)
UNISEC(大学宇宙工学コンソーシアム)
日本音響学会

本年度担当講義

学部・学群 

計測基礎
信号解析
電子・光システム工学実験1
電子・光システムセミナー3
卒業研究
インターンシップ
宇宙計測工学
電子・光システム工学実験3

大学院

セミナー1
セミナー2
セミナー3
セミナー4
特別研究
特別セミナー1
特別セミナー2

研究シーズ

相談可能な領域 

  • 宇宙理工学・地球物理学関連
  • 画像処理・信号処理・自動観測技術
  • 天体観測指導
  • 先進的理科教育プログラム

現在の研究 

  • ロケットによる電離圏・熱圏観測
  • 地球物理学観測データを用いた画像情報処理とその応用
  • 画像処理技術による自動処理ソフトウエアの作製
  • 自動計測カメラの開発
  • 電波・光学・航空機による流星および人工天体大気圏再突入の観測
  • 市民による観測データを用いた天文・地球物理学研究
  • 高大連携によるスプライトの観測的研究
  • インフラサウンドの計測およびセンサ開発と地域防災への応用

研究業績

主な受賞歴など 

  1. 日本航空宇宙学会賞 <技術賞〔プロジェクト部門〕>(2012)
  2. NASA Group Achievement Award(2006)
  3. 日本流星研究会 小槙記念賞(2003)

代表的な研究論文 

  1. タイトル:Development of a Mobile Operational System for Small High-Altitude Balloons Evaluated by a Collaborative Flight Experiment
    著者  :Hiroki Kono,Masafumi Edamoto,KAKINAMI Yoshihiro,YAMAMOTO Masa-yuki
    発表誌 :Transactions of JSASS,Vol.14,No.ists30,pp.Pk_103-Pk_110
    発表年 :2017
  2. タイトル:Studies of Dust and Discharges around a Martian Rover with Onboard Hazard Analyses using Electromagnetic and Acoustic Wave Measurements
    著者  :YAMAMOTO Masa-yuki,SATO Mitsuteru,ISHISAKA Keigo,TAKAHASHI Yukihiro,OGOHARA Kazunori,KAMOGAWA Masashi,MIYAMOTO Hideaki
    発表誌 :Transactions of JSASS,Vol.14,No.ists30,pp.Pk_41-Pk_45
    発表年 :2016
  3. タイトル:Mesospheric observations by a forward scattering meteor radar basic setup
    著者  :Waleed Saeed Mahgoub Elsayed Madkour,YAMAMOTO Masa-yuki
    発表誌 :Astrophysics and Space Science,Vol.361,pp.247-1-247-7
    発表年 :2016
  4. タイトル:火星環境模擬チャンバーを用いた探査機器の耐環境試験
    著者  :千秋 博紀,大野 宗祐,乙部 直人,山本 真行,仲吉 信人,はしもと じょーじ,梅谷 和弘,池原 光介,藤津 裕亮
    発表誌 :千葉工業大学研究報告,Vol.63,pp.69-74
    発表年 :2016
  5. タイトル:A low cost meteor observation system using radio forward scattering and the interferometry technique
    著者  :Waleed Saeed Mahgoub Elsayed Madkour,YAMAMOTO Masa-yuki,KAKINAMI Yoshihiro,Satoshi Mizumoto
    発表誌 :Experimental Astronomy,Vol.41,pp.243-257
    発表年 :2015
  6. タイトル:Rocket-borne Lithium ejection system for the ionosphere observation
    著者  :HABU, Hiroto,YAMAMOTO, Masa-yuki,WATANABE, Shigeto,LARSEN, Miguel F.
    発表誌 :An Introduction to Space Instrumentation (Ed. K. Oyama, C. Z. Cheng),pp.53-62
    発表年 :2013
  7. タイトル:Infrasonic waves in Antarctica: A new proxy for Monitoring Polar Environment
    著者  :YAMAMOTO, Masa-yuki,ISHIHARA, Yoshiaki,KANAO, Masaki
    発表誌 :International Journal of Geosciences,Vol.4,pp.797-802
    発表年 :2013
  8. タイトル:Infrasound/seismic observation of the Hayabusa reentry: Observations and preliminary results
    著者  :Yoshiaki Ishihara,Yoshihiro Hiramatsu,YAMAMOTO, Masa-yuki,Muneyoshi Furumoto,Kazuhisa Fujita
    発表誌 :Earth Planets Space,Vol.64,No.7,pp.655-660
    発表年 :2012
  9. タイトル:Seismic Wave Interactions Between the Atmosphere - Ocean - Cryosphere System and the Geosphere in Polar Regions
    著者  :Masaki Kanao,Alessia Maggi,Yoshiaki Ishihara,YAMAMOTO, Masa-yuki,Kazunari Nawa,Akira Yamada,Tetsuto Himeno,Genchi Toyokuni,Seiji Tsuboi,Yoko Tono,Kent Anderson
    発表誌 :Seismic Waves - Research and Analysis,Vol.978-953-307-944-8,pp.1-20
    発表年 :2012
  10. タイトル:Detection of Acoustic/Infrasonic/Seismic Waves Generated by Hypersonic Re-Entry of the HAYABUSA Capsule and Fragmented Parts of the Spacecraft
    著者  :YAMAMOTO, Masa-yuki,Y. Ishihara,Y. Hiramatsu,Kazuki Kitamura,M. Ueda,Y. Shiba,M. Furumoto,K. Fujita
    発表誌 :Publications of the Astronomical Society of Japan,Vol.63,No.5,pp.971-978
    発表年 :2011
  11. タイトル:An Overview of JAXA's Ground-Observation Activities for HAYABUSA Reentry
    著者  :K. Fujita,YAMAMOTO, Masa-yuki,S. Abe,Y. Ishihara,O. Iiyama,Y. Kakinami,Y. Hiramatsu,M. Furumoto,H. Takayanagi,T. Suzuki,T. Yanagisawa,H. Kurosaki,M. Shoemaker,M. Ueda,Y. Shiba,M. Suzuki
    発表誌 :Publications of the Astronomical Society of Japan,Vol.63,No.5,pp.961-969
    発表年 :2011
  12. タイトル:Trajectory of HAYABUSA Reentry Determined from Multisite TV Observations
    著者  :M. Ueda,Y. Shiba,YAMAMOTO, Masa-yuki,K. Fujita,J. Watanabe,M. Sato,S. Abe,Y. Kakinami,S. Uehara,S. Okamoto,Y. Fujiwara,Y. Tanabe
    発表誌 :Publications of the Astronomical Society of Japan,Vol.63,No.5,pp.947-953
    発表年 :2011
  13. タイトル:前方散乱法を用いた流星電波エコー自動方探システム
    著者  :山本 真行,埜口 和弥
    発表誌 :電子情報通信学会誌,Vol.94,No.10,pp.868-870
    発表年 :2011
  14. タイトル:リチウムガス噴射装置(LES)の研究開発
    著者  :羽生 宏人,荒川 聡,阿部 琢美,吉田 裕二,山本 真行,渡部 重十,山本 衛
    発表誌 :宇宙航空研究開発機構研究開発報告,Vol.10,No.011,pp.1-19
    発表年 :2011
  15. タイトル:Impact of lithium releases on ionospheric electron density observed by impedance probe during WIND campaign
    著者  :Uemoto, J.,Ono, T.,Yamada, Y.,Suzuki, T.,Yamamoto, M.-Y.,Watanabe, S.,Kumamoto, A.,Iizima, M.
    発表誌 :Earth Planets Space,Vol.62,pp.589-597
    発表年 :2010
  16. タイトル:Development of an Automatic Echo-counting Program for HROFFT Spectrograms
    著者  :Noguchi, K,Yamamoto, M.-Y.
    発表誌 :Earth, Moon, Planets,Vol.102,pp.323-329
    発表年 :2008
  17. タイトル:Altitudinal Distribution of 20 Persistent Meteor Trains: Estimates Derived from METRO Campaign Archives
    著者  :Yamamoto, M.-Y.,Toda, M,Higa, Y.,Watanabe, J.-I
    発表誌 :Earth, Moon, Planets,Vol.95,pp.279-287
    発表年 :2005
  18. タイトル:METRO campaign in Japan II: Three-dimensional structures of two Leonids meteor trains in early stage
    著者  :Yamamoto, M.-Y.,Toda, M.,Higa, Y.,Fujita, M.,Suzuki, S.
    発表誌 :ISAS Rep. SP,Vol.16,pp.237-244
    発表年 :2003
  19. タイトル:Structures in sporadic-E observed with an impedance probe during the SEEK campaign: Comparisons with neutral-wind and radar-echo observations,
    著者  :Yamamoto, M.-Y.,Ono, T.,Oya, H.,Tsunoda, R. T,Larsen, M. F.,Fukao, S.,Yamamoto, M.
    発表誌 :Geophys. Res. Lett.,Vol.25,pp.1781-1784
    発表年 :1998

学会発表・講演など 

  1. スウェーデンにおける国際共同学生気球実験計画 -BEXUS EXISTによる成層圏インフラサウンド計測実験-,大気球シンポジウム(2016)
  2. 惑星大気を伝搬する超低周波音 -地表面と宇宙を繋ぐ架け橋-,日本音響学会2016年春季研究発表会(2016)
  3. 高知県黒潮町におけるインフラサウンド観測の開始と将来の面的展開案,国内インフラサウンド観測の面的展開に向けた情報交換会(2017)
  4. Observation plan for Martian meteors by Mars-orbiting MMX spacecraft,Meteoroids 2016(2016)
  5. Space fireworks for upper atmospheric wind measurements by sounding rocket experiments,IMC 2016(2016)
  6. Relationship between infrasonic and seismic waves as an example of multi-sphere interaction,JpGU 2016(2016)
  7. Lithium release experiments in daytime and moonlit thermosphere,Daytime Dynamo workshop(2015)
  8. Thermospheric neutral wind profile in moonlit midnight by Lithium release experiments in Japan,AGU fall meeting 2015(2015)
  9. 火星着陸機による電磁波・音波計測および火星夜面における発光観測,第16回 宇宙科学シンポジウム(2016)
  10. 超小型気球の国内運用における改正航空法適用条件の問題点について,2015年度 大気球シンポジウム(2015)
  11. 観測ロケット放出TMAおよびLiトレーサーによる夜間熱圏中性風プロファイル,地球電磁気・地球惑星圏学会 第136回講演会(2015)
  12. Infrasound monitoring for disaster prevention from geophysical destructions,ISFT 2016(2015)
  13. Dust and Discharge Environmental Studies with Onboard Hazard Analyses around a Martian Rover by Electro-Magnetic and Acoustic Wave Measurements,30th ISTS(2015)
  14. リチウム放出実験による昼間および月夜の熱圏中性大気風プロファイル,JpGU 2015(2015)
  15. 火星ローバ搭載電磁波・音波観測による火星地表面現象の遠隔観測,JpGU 2015(2015)
  16. 隕石突入衝撃波によるインフラサウンド観測,地球衝突関連天体研究会 ~ロシア・チェラビンスク隕石落下1周年記念~ 第6回スペースガード研究会(2014)
  17. インフラサウンド計測に与える風ノイズ定量評価のための風洞実験,第5回 極域科学シンポジウム(2014)
  18. リチウム放出と航空機観測による夜間おび昼の中性大気風速定,第28回 大気圏シンポジウム(2014)
  19. 電磁波・音波を用いた火星ローバー周辺環境及びハザード事象の監視,第15回 宇宙科学シンポジウム(2015)
  20. 火星ローバー搭載電磁波・音波計測による火星ダスト環境下放電観測の検討,第58回 宇宙科学技術連合講演会(2014)
  21. Recent progress of the infrasound studies and sensor development,地球電磁気・地球惑星圏学会 第136回講演会(2014)
  22. BASIC DEVELOPMENT OF A SMALL BALLOON-MOUNTED TELEMETRY AND ITS OPERATION SYSTEM BY UNIVERSITY STUDENTS,The 40th COSPAR Scientific Assembly(2014)
  23. LITHIUM RELEASE EXPERIMENTS IN DAYTIME AND MOONLIT THERMOSPHERE,The 40th COSPAR Scientific Assembly(2014)
  24. Lithium Release Experiments in Daytime and Moonlit Thermosphere,Asia Oceania Geosciences Society 2014(2014)
  25. Collaboration Between High Schools and Universities for TLE Triangulation: 10 Years After,Asia Oceania Geosciences Society 2014(2014)
  26. 電磁波・音波複合計測による火星ダストデビルの観測提案,Japan Geoscience Union Meeting 2014(2014)
  27. 高大連携スプライト多地点観測プログラム~10年間の活動から~,Japan Geoscience Union Meeting 2014(2014)
  28. Lithium and TMA release experiment in midnight lower thermosphere in the full moon condition,第134回 地球電磁気・地球惑星圏学会 講演会(2013)
  29. 小型気球用テレメータと大気球による雷放電音波・電磁波計測の提案,平成25年度 大気球シンポジウム(2013)
  30. MELOS計画における火星地表面での電磁場・音波計測,第46回 月・惑星シンポジウム(2013)
  31. Development of a Measurement Method of Upper Atmospheric Wind by Using Lithium Releases,29th International Symposium on Space Technology and Science(2013)
  32. TLE observation campaign by high school students: 6 years activities of SSH consortium in Japan,Asia Oceania Geosciences Society 2012(2012)
  33. Acoustic/infrasonic/seismic waves induced by hypersonic reentry of HAYABUSA capsule and mother spacecraft,Asia Oceania Geosciences Society 2012(2012)
  34. Lithium release rocket experiments in evening, dawn, and daytime thermosphere,Japan Geoscience Union Meeting 2012(2012)
  35. 多地点アレイ観測によるインフラサウンド及び可聴音波の方探実験,Japan Geoscience Union Meeting 2012(2012)
  36. インフラサウンド・音波帯域による大気リモートセンシング,平成23年度スペースプラズマ研究会(2012)
  37. インフラサウンドセンサ製作と多地点観測による津波減災警報システムについて,地球電磁気・地球惑星圏学会 第132回講演会(2012)
  38. Observation of Infrasonic/Acoustic/Seismic Waves Induced by Hypersonic Reentry of Hayabusa,Asteroids, Comets, Meteors 2012(2012)
  39. ロケット放出リチウムによる中性大気風プロファイル計測と問題点,地球電磁気・地球惑星圏学会 第130回講演会(2011)
  40. インフラサウンド計測による電離層-大気-海洋-雪氷-固体地球の相互作用解明,第5回南極観測シンポジウム(国立極地研究所)(2011)
  41. データベースにリンク可能な高層大気発光現象観測データの紹介,第179回生存圏シンポジウム:メタ情報のデータベースを利用した分野横断型地球科学研究の進展(2011)
  42. Recent Japanese Lithium Experiment -- Wind derivation from Lithium data,NASA/Goddard Space Flight Center(2011)
  43. 2010 Asia-Pacific Radio Science Conference,(2010)
  44. Taiwan-Japan Space Instrument Workshop,(2010)
  45. Asia Oceania Geoscience Society 2010,(2010)
  46. Meteoroids 2010,(2010)
  47. Meteoroids 2010,(2010)

代表的な設計・作品・調査など 

主な特許 

  1. インフラサウンド測定装置(特願2009-119504)

科学研究費 

  1. 研究課題:可聴下波動伝播特性による南極域の多圏融合物理現象解明と温暖化影響評価
    研究種目:基盤研究(A)
    課題番号:26241010
    研究期間:2014年4月1日~2019年3月31日(予定)
    代表者 :金尾 政紀
    分担者 :坪井 誠司,石原 吉明,豊国 源知,長尾 大道,平松 良浩,山本 真行,岩田 貴樹
  2. 研究課題:ロケット・地上連携観測による中緯度電離圏波動の生成機構の解明
    研究種目:基盤研究(B)
    課題番号:24340120
    研究期間:2012年4月1日~2015年3月31日
    代表者 :山本 衛
    分担者 :大塚 雄一,山本 真行,斉藤 享,阿部 琢美
  3. 研究課題:ロケット放出リチウムを用いた昼間熱圏における中性大気風速の精密計測
    研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2011年4月28日~2014年3月31日
    代表者 :山本 真行

競争的資金など 

  1. 研究課題:複合型インフラサウンドセンサー面的展開による津波防災情報伝達ネットワークの構築
    事業名等:セコム科学技術振興財団研究助成
    研究期間:2016/03/18~2018/03/31
    受託先 :(公財)セコム科学技術振興財団
    担当教員:山本 真行
  2. 研究課題:インフラサウンド津波センサーの高度化および防災システムへの応用展開に関する研究
    事業名等:研究成果展開事業 マッチングプランナープログラム「探索試験」
    研究期間:2015/10/01~2016/09/30
    受託先 :(独)科学技術振興機構(JST)
    担当教員:山本 真行

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 日本地球惑星科学連合 高校生ポスター発表 審査員(2016)
  2. 日本航空宇宙学会内 31st ISTS組織委員会事務局 31st ISTSプログラム小委員会 m) Sounding Rocket and Balloon セッション委員(2016~2018)
  3. 日本地球惑星科学連合 JpGU 2017 M-TT39「インフラサウンド及び関連波動が繋ぐ多圏融合地球物理学の新描像」セッション メインコンビーナ(2016~2017)
  4. 名古屋大学宇宙地球環境研究所 名古屋大学宇宙地球環境研究所 共同利用・共同研究委員会 専門委員会 委員(2015~2017)
  5. 日本地球惑星科学連合 JpGU 2016 M-TT31「インフラサウンド及び関連波動が繋ぐ多圏融合地球物理学の新描像」セッション メインコンビーナ(2015~2016)
  6. 名古屋大学太陽地球環境研究所 名古屋大学太陽地球環境研究所 電磁気圏専門委員会委員(2014~2016)
  7. 日本地球惑星科学連合 JpGU 2015 M-TT41「インフラサウンド及び関連波動が繋ぐ多圏融合地球物理学の新描像」セッション メインコンビーナ(2014~2015)
  8. 日本地球惑星科学連合 JpGU 2014 M-TT43「インフラサウンド及び関連波動が繋ぐ多圏融合地球物理学の新描像」セッション メインコンビーナ(2013~2014)
  9. 日本地球惑星科学連合 JpGU 2013 M-TT40「インフラサウンド及び関連波動が繋ぐ多圏融合地球物理学の新描像」セッション メインコンビーナ(2012~2013)
  10. 地球電磁気・地球惑星圏学会 第134回 地球電磁気・地球惑星圏学会 総会および講演会 高知LOC委員(2013~2014)
  11. 国立極地研究所 第Ⅷ期 南極地域観測事業 一般研究観測 AP36「インフラサウンド計測による電離層-大気-海洋-雪氷-固体地球の相互作用解明」代表者(2013~2016)
  12. 宇宙航空研究開発機構 S-310-42/S-520-27号観測ロケット実験班員(2013~2014)
  13. Asia Oceania Geoscience Society AOGS 2014 アウトリーチセッション メインコンビーナ (2013~2014)
  14. Asia Oceania Geoscience Society AOGS 2012 アウトリーチセッション メインコンビーナ(2011~2012)
  15. 地球電磁気・地球惑星圏学会 学生発表賞「オーロラメダル」審査員(2012)
  16. 日本学術会議(第22期) 電気電子工学委員会 URSI分科会 電離圏電波伝搬小委員会 委員(2011~2014)
  17. 宇宙航空研究開発機構 S-310-41号観測ロケット実験班員(2011~2013)
  18. 宇宙航空研究開発機構 S-520-26号観測ロケット実験班員(2011~2012)
  19. JAXA はやぶさプロジェクト共同研究員(2010~2012)
  20. 地球電磁気・地球惑星圏学会 アウトリーチ部会メンバー(2010~2017)
  21. 科学技術振興機構 全国SSHコンソーシアムによる共同研究・大学側代表者
    SSH生徒研究発表会(全国大会)講評者および分科会司会者(2010~2016)
  22. JAXA あけぼのプロジェクト共同研究員(2010~2011)
  23. 電子情報通信学会 電子情報通信学会代議員(2010~2011)

地域活動にかかわる委員など 

  1. 高知県文教協会 高知県立芸西天文学習館の講師(2014~2017)
  2. 高知県教育委員会 県立芸西天文学習館の機器の運用に関する助言等(2014~2017)
  3. 高知県教育委員会生涯学習課 県立芸西天文学習館における機器の運用に関する助言等(2014)
  4. 高知県立青少年センター 「宇宙の謎に挑もう!」講師(2013)
  5. 高知県文教協会 高知県文教協会 芸西天文学習館 講師
    (平成24年度は10月8日(祝)の観測会を担当)(2012~2014)
  6. 高知県産業振興センター(ものづくり地産地消センター) ものづくり総合技術展 講師(2件=小学生親子向け、高校生以上向け)(2012~)
  7. 高知県立青少年センター 校外学習支援事業講師(2012~)
  8. 高知県立山田高等学校 高知工科大学・山田高等学校交流事業 講師(2011~)
  9. 高知県立青少年センター 「こうちの子ども理科教室」講師(2011~)
  10. 高知県宇宙利用推進研究会メンバー (てんくろうの会)
  11. 大学生が手作りプラネタリウムの記事
  12. SSHコンソーシアム高知研究会 報道

その他の社会活動など 

  1. 高知県公立大学生活協同組合 理事(2015~2017)
  2. 日本学生支援機構 平成26年度インターンシップ等実務者研修会講師および指導助言者(2014)
  3. 科学技術振興機構 平成23年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(全国大会)講評者および司会者(2011)
  4. 科学を気軽に語ろう 17日「サイエンス・カフェ」
  5. 高知工科大マイコンも出発 あかつき相乗り衛星
  6. 宇宙花火リチウムの輝き 電離層 国内初の観測実験
  7. JAXA はやぶさ帰還 地上光学観測班員
  8. NASA探査機Stardust大気圏突入航空機観測ミッションクルー

一般講演など 

  1. 平成28年度 科学技術講演会 講演,佐賀県立致遠館高等学校・中学校(2016)
  2. 平成28年度「サイエンスメンター制度」に係るメンター,日本科学協会(2016)
  3. 第47回教育カフェ・マラソン 話題提供,箕面こどもの森学園(2016)
  4. 天空に光の謎を追いかけて ~四万十川源流の地で惑星地球の生存環境と人類の未来を考える~,第28回「星空の街・あおぞらの街」 全国大会 in 四万十町(2016)
  5. 平成28年度スーパーサイエンスハイスクール事業における講師,高知県立高知小津高等学校(2017)
  6. 地球電磁気・地球惑星圏学会一般公開イベント・サイエンスカフェ担当,地球電磁気・地球惑星圏学会(2016)
  7. 「宇宙の渚」の世界,サイエンスカフェ『星カフェみやぎ座』(2015)
  8. 平成27年度スーパーサイエンスハイスクール事業における講師,高知県立高知小津高等学校(2016)
  9. 保・小・中・地域合同避難訓練 防災学習 講演,中村小学校ほか(2015)
  10. トライ&トライ宿泊体験学習 講演,高知市教育研究所(2015)
  11. 中大連携講座『サイエンス教育のはじめの一歩“大学を知る!”』 講師,高知中学校(2015)
  12. 平成27年度「サイエンスメンター制度」に係るメンター,日本科学協会(2015)
  13. スプライトに関する情報提供,SSH交流会支援による「高高度発光現象の同時観測」研究会(2015)
  14. スプライト講演,京都府立桃山高等学校(2014)
  15. 香美市立片地小学校理科参観日 親子理科講演会,香美市立片地小学校(2014)
  16. 「電磁波って何だろう!」のはなし,コープ自然派しこく スマートシニア(2014)
  17. 地球電磁気・地球惑星圏学会一般公開イベント・中高生イベント司会担当,地球電磁気・地球惑星圏学会(2014)
  18. 小学生親子教室「ロケットで調べる宇宙」,室戸小学校(4年生親子)(2013)
  19. ミニ講義「工科大から宇宙へ行こう!」,高知中学自立教育推進委員会(2013)
  20. 電磁波についての一般向け講演,コープ自然派しこく スマートシニア(2013)
  21. 地球電磁気・地球惑星圏学会一般公開イベント・会場担当(イベント統括),地球電磁気・地球惑星圏学会(2013)
  22. 地球電磁気・地球惑星圏学会一般公開イベント・観測ロケットはかせ,地球電磁気・地球惑星圏学会(2012)
  23. 天文講演会「はやぶさ帰還観測と宇宙花火」,胎内市役所生涯学習課(2012)
  24. 「科学教室」講師,高知市立介良潮見台小学校PTA(2012)
  25. 校外学習支援事業「観測ロケットってなんだろう」講演(小4~6:40名),高知県立青少年センター(2012)
  26. AFTER2011の高校理科~パラダイムを超えるSSHからの展開~,香川県立三本松高等学校(2012)
  27. ミニ講義「工科大から宇宙へ行こう!」,高知中学自立教育推進委員会(2012)
  28. 「科学に触れる」 ~ サイエンスとは何だろうか? ~,土佐塾中学・高等学校(2012)
  29. 「地球惑星科学における市民参加型研究と理科教育」 (高知小津高校SSH 研究開発成果報告会講演),
  30. 「謎の放電現象スプライトを観測しよう!」 (Astro-HS 全国フォーラム2004),
  31. 「宇宙観測に見るモノ作りの現場」 (Bluebird 訪問教育),
  32. 宇宙の天気予報とオーロラ,
  33. 電磁波って何だろう?,
  34. 地球電磁気・地球惑星圏学会一般公開イベント・流星はかせ,地球電磁気・地球惑星圏学会(2011)
  35. 全国オーロラ講演会2010(広島)「ロケット実験で探るオーロラ」,広島市江波山気象館, 同会事務局(2010)
  36. JAXAタウンミーティング,JAXA, 高知工科大学, 香美市(2010)
  37. 「天文・宇宙が学べる大学」中国四国地区合同進学説明会講演「はやぶさ帰還の地上観測報告」,広島市こども科学館, 同会事務局(2010)
  38. 地球電磁気・地球惑星圏学会一般公開イベント・流星はかせ,地球電磁気・地球惑星圏学会(2010)
  39. 小惑星探査機「はやぶさ」回収・観測報告会,高知工科大学(2010)

主な著書など 

  1. 月刊地球 南極域の表層環境に関連した雪氷変動と海洋波浪に起因する特徴的な地震動,海洋出版,2015
  2. 月刊地球 風洞実験によるインフラサウンド観測の風ノイズの定量評価の試み,海洋出版,2015
  3. 月刊地球 巨大地震に伴う津波から発生したインフラサウンド波による電離圏擾乱のケーススタディ,海洋出版,2015
  4. 月刊地球 東南極リュツォ・ホルム湾におけるインフラサウンド観測網の現状,海洋出版,2015
  5. 月刊地球 南極昭和基地で観測された微気圧変動シグナルの長期トレンド,海洋出版,2015
  6. 月刊地球 インフラサウンド・光学観測・電波観測を併用した流星総合観測,海洋出版,2015
  7. 月刊地球 南極上空での巨大隕石の火球バーストに伴う衝撃波,海洋出版,2015
  8. 月刊地球 地球システムにおける多圏相互作用と極域,海洋出版,2015
  9. 月刊地球 低コストインフラサウンドセンサ開発の取り組みと、津波避難等への防災ソフトウェアの展望,海洋出版,2015
  10. 月刊地球 火星地表面の将来探査計画へのインフラサウンド観測の応用,海洋出版,2015
  11. 月刊地球 汎用的な上空観測への応用が期待される小型・回収型気球システム,海洋出版,2015
  12. 月刊地球 はじめに:長周期波動からわかる地球システムと極域表層環境,海洋出版,2015
  13. インターンシップのプロになる,悠光堂,2015
  14. An Introduction to Space Instrumentation (Ed. K. Oyama, C. Z. Cheng) ,TERAPUB,2013
  15. Meteor shower catalog based on 3770 triangulation analyses of double-station Image-Intensified video observation over Japan
    ,The international meteor organaization,2012
  16. 天文月報
    2011年度 内地留学奨学金による成果報告書
    「高感度デジタルカメラによる流星痕の観測」
    受入機関:高知工科大学
    担当教官:山本真行
    (学外アマチュア天文研究者への指導:卒業研究等と同じく、指導教員は著者ではないが、同制度において国立天文台以外を受入機関とした初のケースと思われるため、こちらに登録した),日本天文学会,2012
  17. 月刊地球 固体地球の振動特性・不均質構造・ダイナミクス,海洋出版株式会社,2012
  18. 月刊地球 南極昭和基地での微気圧変動観測 -1センサーでのパイロット観測結果-,海洋出版株式会社,2012
  19. 月刊地球 「はやぶさ」リエントリー時のインフラサウンド・地震動観測,海洋出版株式会社,2012
  20. 月刊地球 国内外のインフラサウンド研究の現状,海洋出版株式会社,2012
  21. 月刊地球 南極域の脈動と微気圧変動 -大気・海洋・雪氷と固体地球の相互作用-,海洋出版株式会社,2012
  22. 月刊地球 総特集 ―青い地球と白い大陸の地震学― -固体地球振動特性と不均質構造・ダイナミクスの解明-,海洋出版株式会社,2012
  23. 高校生天体観測ネットワーク版スプライト観測ハンドブック2005,2004

その他

メッセージ 

宇宙と地球の境界領域における環境計測技術の開発をロケットや人工衛星などの飛翔体および電磁波によるリモートセンシングを用いて進めています。宇宙地球物理分野における先端的理科教育を高大連携により実践的に進めてきました。最新の科学研究成果の疑似体験や、宇宙観測の実体験を通して青少年の理科への好奇心を伸ばしつつ、最新の研究成果を生む活動を育て、一般市民参加型の観測から最先端科学研究成果を得るなど、新たな研究手法の確立と科学普及 (アウトリーチ) 活動を積極的に推進してきました。電子・光の工学技術と宇宙に関わる理学研究の融合を目指しつつ、画像音声処理、光学、自動制御、センシング等の技術を用いた社会貢献を進めています。