news : 高知工科大学

高知工科大学

NEWS

渡辺准教授が2013 International Awards Program for Religious Art & Architectureに入選

2014.01.20  



 システム工学群、渡辺菊眞准教授の建設作品「産泥(うぶどろ)神社 A Shrine in an Air Pocket in the City」が“2013 International Awards Program for Religious Art & Architecture”(Faith & Form Magazine、IFRAA アメリカ建築家協会 協賛)に入選しました。
 この賞は、優れた宗教的な建築、典礼デザインと芸術を表彰するものとして1978年に設立され、宗教建築、典礼/インテリアデザイン、神聖なる風景、宗教芸術の区分で審査されるもの。(Faith & Form HP より)
 入選した「産泥神社」は、新潟市で開催された『開港都市にいがた 水と土の芸術祭2012』(7月14日~12月24日開催)にて制作されたアートプロジェクト。都市開発過程でできた柳都大橋の隙間はかつて下町があった場所。その場所に新潟の土を詰めた2012個の土嚢を積み上げ、全長15メートル幅5メートルの泥の神社を建設。「失われた町の記憶に思いをはせる場所になって欲しい」と渡辺准教授。
 今年の夏にシカゴで授賞式と展示会が行われ、その後、アメリカ国内の主要都市にて展示会が巡回予定です。