news : 高知工科大学

高知工科大学

NEWS

朴 客員教授らの研究成果が各紙で採りあげられました<掲載メディアを追記>

2014.10.14  

地域連携機構、朴 啓彰 客員教授らの研究チームによる研究成果が各紙(毎日新聞、高知新聞、新華社通信)などで採りあげられました。

■論文タイトル
Leukoaraiosis Significantly Worsens Driving Performance of Ordinary Older Drivers

■日本語訳
白質病変は高齢者の運転能力を有意に悪化させる

■著者
Kimihiko Nakano   中野 公彦(東京大学)
Kaechang Park    朴 啓彰(高知健診クリニック・高知工科大学)
Rencheng Zheng   鄭 仁成(東京大学)
Fang Fang      方 芳(東京大学)
Masanori Ohori    大堀 真敬(東京大学)
Hiroki Nakamura   中村 弘毅(神奈川大学)
Yasuhiho Kumagai   熊谷 靖彦(高知工科大学)
Hiroshi Okada     岡田 浩(高知県警)
Kazuhiko Teramura  寺村 一彦(高知県警)
Satoshi Nakayama   中山 哲(高知県警)
Akinori Irimajiri    入交 昭典(高知県警)
Hiroshi Taoka     田岡 浩(高知県警)
Satoshi Okada     岡田 訓(高知県警)



毎日新聞の記事はこちらから

高知新聞の記事はこちらから

日刊工業新聞の記事はこちらから

新華社通信の記事はこちらからご覧いただけます。

この成果は“PLOS ONE” に掲載されています。

論文は下記よりご覧(ダウンロード)いただけます。
HTML版

PDF版



なお、10月10日、東京大学にて記者発表が行なわれました。