news : 高知工科大学

高知工科大学

NEWS

建築デザインコンペで学生2名が受賞

2015.02.25  


 第20回建築デザインコンペ(一般社団法人高知県建築士事務所協会主催)の審査会が、2月12日、県建設会館で行われ、本学、システム工学群4年/吉田研究室の川村昂大くんが「県知事賞」を、宮川馨平くんが「審査委員長賞」と「KUTVテレビ高知社長賞」を受賞し、21日の表彰式に出席しました。
 同コンペは、たゆみない創造性を発展させる若い世代の感性に期待し、人材の育成助長と建築家としての将来への夢を持たせることを目的としているものです。
 今回、157点の応募の中から選出されました。
(写真)                   
左から:吉田准教授、川村くん、宮川くん

【川村昂大くんのコメント】
受賞した作品は、卒業設計で取り組んでいる小児ホスピスの設計を行ったものです。テーマに沿ってプランを考え、図面に起こし、模型やパースでプレゼンテーションを行います。今回、このような素晴らしい賞をいただき、大変光栄に思っております。これも指導教員の吉田先生のご指導や研究室のメンバーの支えがあってこその結果だと実感しています。

【宮川馨平くんのコメント】
津波避難タワーが建ち、古い木造家屋が密集した地域。町と人の「日常をかえる建築」が、私の卒業設計のテーマです。「審査委員長賞」と「KUTVテレビ高知社長賞」を受賞する事ができ、大変うれしく思います。アドバイスをくださった吉田先生、他多数の先生方、そして、いつも支えてくれた研究室のメンバーに感謝します。今後も更なる高みを目指して、頑張っていきます。