news : 高知工科大学

高知工科大学

NEWS

伊藤達也内閣府大臣補佐官が来高され、松本准教授が研究内容を
披露しました

2015.05.07  


 5月1日、伊藤達也 内閣府大臣補佐官 兼 衆議院地方創生特別委員会委員が、高知県の地方創生の取り組みを視察するために来高し、本学 地域連携機構 松本泰典 准教授(ものづくり先端技術研究室長)らと共同研究を行っている株式会社 垣内様を訪問されました。
 訪問中、共同研究の成果のひとつである「凍結濃縮システム」について説明する機会があり、凍結濃縮で3倍に濃縮された果汁に大変ご興味をお持ちいただきました。

 この懸濁結晶法による凍結濃縮装置は、6月9日から東京ビックサイトで開催される「FOOMA JAPAN2015 国際食品工業展」でも共同出展される予定です。


【凍結濃縮システムとは…】
スラリーアイスを製氷すると水溶液中に氷粒子が増加する。この氷の成分は水(H2O)であることから、氷粒子が増加すると水溶液中の水(H2O)が奪われ、水溶液が濃縮される。この現象を用い、冷却しながら水溶液を濃縮する方法が凍結濃縮システムです。