ナノテクノロジー研究センター : 高知工科大学

高知工科大学

ナノテクノロジー研究センター

ナノテクノロジー研究センター

ナノテクノロジー研究センター(Center for Nanotechnology)は、ナノテクノロジー研究所の改組により、2014年4月に総合研究所に設置されました。

ナノテクノロジーはたいへん裾野の広い境界領域をもつ先端研究分野で、国の研究戦略の中でも重要な位置を占めています。

高知工科大学には、これまでに材料科学や電子工学分野でナノテクノロジー発展の重要な鍵となる多くの研究実績、成果の蓄積があります。

それを礎とし、ナノテクノロジー研究センターでは、ナノ材料合成方法の開発、物性の評価、及びデバイス応用などでナノテクノロジー研究を先導し、高知県はもちろんのこと我が国の産業振興に貢献することを目標としています。

ナノテクノロジーに関わる研究はクリーンルーム、透過型電子顕微鏡等の大型設備や高額な分析装置が必要となる傾向にあります。

そのため高知工科大学では、個々の研究室でこれらの設備及び装置を保有運用することをせず、また分野を横断した組織的な研究プロジェクトによって新しい研究テーマが萌芽すると期待されることから、戦略的な研究資材投資を図っています。 その結果、多くの共同研究と競争的資金の獲得に結びつき、さらに毎年たくさんの学生が施設や機器を活用することで、教育効果も表れています。

ナノテクノロジー研究センターでは、今後さらなる研究推進と発展を目指しています。

センター長

教授八田 章光

メンバー

教授古田 守
教授李 朝陽
准教授川原村 敏幸
准教授牧野 久雄
講師新田 紀子
教授辻 知宏
教授河野 日出夫
教授小廣 和哉
教授前田 敏彦
准教授古田 寛
准教授百田 左多生
助教呉 準席