アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー 〜入学者受入方針〜

高知工科大学は「大学のあるべき姿を常に追求し、世界一流の大学を目指す」ことを目標として掲げています。この目標に賛同し、来たるべき社会に活躍できる人材になるという強い意志と情熱をもち、勉学意欲のある者を求めます。
高知工科大学には、システム工学群、環境理工学群、情報学群、経済・マネジメント学群の4学群があります。各学群の教育の理念・目標を理解するとともに、それぞれの分野への高い関心と志望動機・目的意識をもち、本学で学ぶための基礎学力を有していると認められる者の入学を希望しています。

システム工学群

システム工学群は、モノづくりの根幹をなす機械工学、電子工学、建築土木工学、さらに未来を切り開く航空宇宙工学、モノづくり及び運用を支えるエネルギー工学の計5専攻からなります。これからのモノづくりは、従来の技術分野に特化するだけではなく、広範囲の技術を融合・応用した新しい分野への挑戦が要求されます。本学群では、各専攻の基礎を学んだ後、専攻を選択し、より深い内容を極めます。
また、専攻に加えて副専攻を修得することで、幅広い視野と技能を合わせ持つエンジニアを目指します。また、モノづくり体制はグローバル化の一途をたどっており、海外インターンシップや国際会議への参加にも力を入れます。

システム工学群が入学者に求める主な資質は、以下の5つです。

  1. モノづくり一般に広く興味を持ち、新しいシステム構築を切り開く意欲
  2. 論理的思考及び柔軟な発想力
  3. 協調性およびコミュニケーション能力
  4. 基礎学力(数学・理科)
  5. 国際コミュニケーション能力(英語)を高める意欲

さらに、大学院へ進学することで、モノづくり分野をけん引するようなハイレベルなエンジニアを目指すことを推奨します。

環境理工学群

環境理工学群では、自然科学の基礎科目である物理・化学・生物を広く学習したうえで理工学の最先端を学び、基礎的知識に裏付けされた技術開発ができ、環境プログラムによって生産活動と社会・自然環境の関係を理解した人材を育成します。

環境理工学群が入学者に求める人材像は次のとおりです。

  1. 自然科学に興味があり、探究心にあふれる者
  2. 環境への関心が高く、持続可能な社会の構築に尽力したい者
  3. 身につけた広い分野の知識を融合させて社会に貢献したいという情熱のある者

自然科学全般を学ぶための十分な基礎学力を有する学生を評価します。また、学んだことを社会で活かすためのコミュニケーション力、語学力のある学生を求めます。

さらに、大学院へ進学し、環境に配慮した製品開発・商品開発や持続可能な社会の構築をけん引するような、先端的な科学技術に精通した人材を目指すことを推奨します。

情報学群

情報学群では、情報学の基本的な知識並びに実践的な情報処理技術を身につけるとともに、情報と人間、情報とメディア、情報通信、コンピュータサイエンスにわたる幅広い専門的知識と技術を身につけ、それを活用して情報社会の課題を自ら発見し解決する能力を持つ人材を育成します。そのために、柔軟で大胆な発想を育てることに主眼を置き、グループによる実践的な課題解決型学習(PBL) を取り入れた教育プログラムを提供します。この教育プログラムを受けるのにふさわしい高い基礎学力や熱意と能力を持つ者を求めています。さらに、大学院へ進学することで、情報と人間、情報とメディア、情報通信、コンピュータサイエンスの各分野をけん引するような高度な技術者を目指すことを推奨します。

経済・マネジメント学群

経済・マネジメント学群では、社会・経済分野のさまざまな課題を理解し、解決するために、社会システムの設計(社会・組織の仕組みを作る)とマネジメント(社会・組織を動かす)の能力を持った人材の輩出を目指します。

経済・マネジメント学群が入学者に求める人材像は次のとおりです。

  1. 社会や組織の課題とその解決に関心を持っている者
  2. 物事に主体的に取り組める者
  3. 自分の知的な能力を伸ばしたいという向上心がある者

そのような人材が集うことで、互いに研鑽し合い、知的能力の向上をめざすことができると考えます。

入学者の選抜にあたっては、以下の点を評価します。

  1. 高等学校までの基礎学力を身に付けていること。基礎学力は、上記能力を身に付けるための前提となります。
  2. 課題が提示されたとき自分の頭で解決策を考えられること。基礎学力を身に付けるだけでなく、自分の頭で考える力も問われます。
  3. 自分の考えを他者に対して明確に伝えることができること。人や組織を動かすためには、コミュニケーション能力が必要です。
一般入試

システム工学群

大学入試センター試験及び個別学力検査によって、システム工学群で学ぶための基礎学力、特に数学と理科の学力を重視し選抜します。

環境理工学群

大学入試センター試験及び個別学力検査によって、環境理工学群で学ぶための基礎学力、特に数学と理科の学力を重視し選抜します。

情報学群

大学入試センター試験及び個別学力検査によって、情報学群で学ぶための基礎学力、特に数学と理科の学力を重視し選抜します。

経済・マネジメント学群

大学入試センター試験および個別学力検査によって、経済・マネジメント学群で学ぶための基礎学力を有し、幅広い科目をバランスよく習得している者、あるいは特定の科目の能力が高い者を評価します。なお、前期日程C方式では、特に英語あるいは数学に優れた者を選抜します。これは、将来国際的に活躍することが期待される者、および数学教員を目指したり数理的なアプローチにより経済学やマネジメント学を学ぶ意欲のある者の入学を求めていることを反映しています。

推薦入試

システム工学群

システム工学群が求める5つの資質を併せ持ち、システム工学群で学ぶ上で必要な適性を有する者を選抜します。具体的には、提出書類により高等学校における活動や基礎学力、入学後の意欲や熱意を評価するほか、面接を通して、目的意識が明確であること、論理的な質疑応答ができること、自らの考え方を的確に伝える表現力があること、などの観点から総合的に評価します。

環境理工学群

提出書類及び面接を通して、自然科学及び環境を学ぶ意欲、社会に貢献する意識の高い学生を選抜します。具体的には、勉学意欲、自己表現力、人間力、論理性、独創性、協調性、将来性、倫理性などについて、総合的に評価します。また、自分の考えを持ち、それを伝えることができるコミュニケ―ション力を評価します。

情報学群

情報学に対する興味と明確で適切な目的意識を持ち、情報系技術者になる適性があることが求められます。具体的には ・広い興味を持ち、主体的に真理を求める積極性と探究心 ・問題を正しく理解し、論理的に考察して、自分の考えを的確に伝えられる能力 ・問題解決にねばり強く打ち込む精神力 が望まれます。また、協調性が高く、専門領域でリーダーシップをとり活躍できる能力も評価します。これらの観点から、提出書類と面接によって選抜します。

経済・マネジメント学群

社会や組織の課題とその解決に関心を持っており、課題が提示されたとき、解決策を自分の頭で考えることができること、自分の知的な能力を伸ばしたいという向上心があり、学問に対して主体的に取り組むことができること、及び自分の考えを他者に対して明確に伝えることができることをとくに重んじて、提出書類と面接により選抜します。

特別推薦入試

経済・マネジメント学群

スポーツにおいて優れた成績を収めていることを前提として、経済・マネジメントの勉学とスポーツを両立させようとする強い意志を持ち、他の学生に良い影響を与えられることをとくに重んじて、スポーツ競技成績証明書を含む提出書類と面接により選抜します。面接では、論理性、表現力、探究心・好奇心、課題把握力についても評価します。

推薦特待生入試

システム工学群

システム工学の各分野の高度な専門知識と技術を身につけ、これからのモノづくり分野をけん引していくようなハイレベルな技術者を育成します。有為な才能をさらに伸ばすため、希望者は2年生から研究室に所属して、早期に専門教育を受けることができます。特待生としてふさわしい基礎学力を十分有すると認められる者を大学入試センター試験により選抜します。

環境理工学群

自然科学及び環境学を背景にした各分野の高度な専門知識と技術を身につけ、環境配慮型社会の課題を自ら発見し解決する能力を持つハイレベルな技術者を育成します。そのために、希望により2年生から研究室に所属して、早期に専門教育を受けることができます。特待生としてふさわしい基礎学力を十分有すると認められる者を大学入試センター試験により選抜します。

情報学群

情報学の各分野の高度な専門知識と技術を身につけ、情報社会の課題を自ら発見し解決する能力を持つ高度な技術者を育成します。そのために、希望により2年生から研究室に所属して、早期に専門教育を受けることができます。特待生としてふさわしい基礎学力を十分有すると認められる者を大学入試センター試験により選抜します。

経済・マネジメント学群

経済・マネジメントの高度な専門知識を身につけ、社会や組織の課題を自ら発見し解決する能力を持つリーダーを育成します。そのために、希望により2年次から研究室に所属して、早期に専門教育を受けることができます。特待生としてふさわしい基礎学力を十分有すると認められる者を大学入試センター試験により選抜します。

推薦入試(センターあり)

環境理工学群

提出書類及び大学入試センター試験によって、自然科学及び環境を学ぶ基礎学力を十分有すると認められる者を選抜します。

AO入試

システム工学群

ものづくりに不可欠な物理に秀でた者を求めます。学群適性検査および提出書類により、物理の能力を確認したうえで、面接により、本学でエンジニアとしての資質を伸ばしていこうとする姿勢および専門の思考法と知識を修得していく意欲を評価します。

経済・マネジメント学群

英語、数学、スポーツ(特定の種目)のいずれかに秀でた者を求めます。英語あるいは数学能力検査や実技試験により、秀でていることを確認したうえで、面接により、自分の秀でた点を入学後も伸ばしていこうとする姿勢及び経済・マネジメントの思考法と知識を修得しようとする意欲を評価します。スポーツ区分では、入学後は本学当該スポーツ団体において継続的に活動し、4年間スポーツと勉学に励む強い意志を併せ持つことも評価します。

社会人特別選抜

システム工学群

社会人としての経験に立脚したものづくりに対する興味、知識獲得への意欲が十分であり、システム工学群が求める5つの資質を併せ持つ者を提出書類と面接によって選抜します。

環境理工学群

環境理工学群が求める資質を併せ持ち、社会人経験を踏まえた明確な志望動機、勉学意欲、基礎学力及び学びたい分野への適性を有すると認められる者を提出書類と面接によって選抜します。

情報学群

豊富な社会人経験に基づいて、問題の正しい理解、論理的な考察、自分の考えの的確な表明をする能力を有することが求められます。また、明確で適切な目的意識を持つこと、高校卒業程度の基礎学力を有することが求められます。特に数学、理科と英語の学力が求められます。これらの観点から、提出書類と面接によって選抜します。

経済・マネジメント学群

実社会での経験は、経済・マネジメントを学ぶうえで役立ちます。経験に基づく明確な問題意識を持ち、経験から学んだことを他の学生たちにも伝えられることをとくに重んじて、提出書類と面接によって選抜します。

入試情報トップへ

CONTENTS