概要

env

「地球に優しい」理工学の基礎と
応用技術を追求し、新領域の開拓を図る

「理と工の相乗効果」で総合力を身につける

env002.png

「環境」をキーワードに、物理学、化学、生物学分野の多彩な領域で融合的研究・教育を推進してきた環境理工学群。「環境数理」、「化学」、「生命科学」、「マテリアル工学」の4専攻体制で、理工学の学びを支援します。はじめに各分野の基礎を幅広く学修し、学年とともに専門性を高めていくカリキュラムで、分野の枠にとらわれない知識と深い専門性を身につけます。

数学的あるいは実験的な手法やデータ解析などを用いて自然界の根源を探る「理学(Science)」と、世界の合理的理解に基づいて人や社会の役に立つ技術を開発する「工学(Engineering)」。環境理工学群では、理学による深化と工学による進化の両方を分野横断的に学ぶことで、理学的知識と工学的センスを兼ね備えた「総合力のある人材」が育つことを目指しています。

時代を拓き、次代を担う人材を輩出する

ものづくりはもとより、人間活動のあらゆる領域において環境との関わりを考えることが重要になっています。環境理工学群では、多様な視点から環境に迫る環境リテラシー教育(「環境プログラム」)をはじめ、「環境」をキーワードとする多彩な理工学教育・研究を行っています。製造業や公的機関の専門職・技術職、教員(理科・数学・工学)や公務員など、広く活躍できる人材を輩出します。

幅広い知識が身につくカリキュラム

「2つの武器」で未来を拓く

env171101

融合化・学際化が進む現代の理工学では、複数分野の専門知識に基づいた応用力が不可欠です。環境理工学群では、4つの専攻の中から自由に「主専攻」と「副専攻」を選んで、2本立てで学べる体制を整えています。これからの学問分野の発展や社会のニーズの変化に即した「2つの武器」を持つことにより、卒業後の可能性は大きく広がります。

理科教員と併せて、学芸員の資格も取得できる

本学永国寺キャンパスから徒歩圏内にある高知城博物館、高知みらい科学館(2018年7月24日に開館予定)と連携し、理系学芸員の養成課程を提供しています。大学における従来のカリキュラムだけではなく、「博物館資料保存論」や「博物館展示論」などの科目では、連携した2つの機関で実践的に学ぶことができます。学芸員の資格をもったユニークな理科教員の輩出をめざしています。

大学院での学びに向けて可能性を広げる

環境理工学群では、大学院に進学する学生が増えています。学士課程の4つの専攻と大学院の4コースが直結した6年一貫カリキュラムによって、学びをさらに高度化・専門化させていきます。研究活動で得た高度な専門性やプレゼンテーション能力、研究の方法論に関する知識が将来の可能性や選択肢を大きく広げます。

概要図

env003.png

TOPICS

理科に加え数学や工業の教員免許も取得できます。

教職課程

理工学分野の多彩な領域で融合的教育・研究を推進する4つの専攻

env006.jpg

環境数理専攻

自然科学と環境学の幅広い知識とデータサイエンスのスキルを基本に、さまざまな分野において、地球と地域で活躍する上で必要な能力を涵養します。

環境数理専攻

env007.jpg

化学専攻

無機化学、物理化学、有機化学、高分子化学などの広い知識をベースに、環境に負荷をかけない物質や合成法、機能物質の創成に挑みます。

化学専攻

env008.jpg

生命科学専攻

分子生物学を基本として、細胞内で起こっている代謝反応や発生プロセスを分子のレベルで理解し、その応用として医薬品やバイオ関連商品の開発に挑みます。

生命科学専攻

env009.jpg

マテリアル工学専攻

材料科学を、数学、物理学、化学、生物学などの幅広い自然科学の素養に基づいて学び、これまでにない機能を発現する材料の開発に、新奇な発想で挑みます。

マテリアル工学専攻

平成28年度入学生までは、下記の3つの専攻で学んでいます
env010.jpg

分子デザイン専攻

無機化学、有機化学の広い知識をベースに環境に負荷をかけないスマートな化学合成物の創造に挑みます。

分子デザイン専攻

env011.jpg

機能材料専攻

量子力学、統計力学の深い知識に基づいて、次世代超電導素材に代表されるようなこれまでにない超機能を持つ材料の開発に挑みます。

機能材料専攻

env012.jpg

生命科学専攻

生化学反応の理解にもとづく遺伝子発現および遺伝子操作のための基礎技術を学び、その応用としての微生物による物質生産技術の確立をめざします。

生命科学専攻