2020.5.19

学生のためのQ&A

授業・履修登録について

質問・回答例

Q:2クォータからは授業は通常どおり実施されますか?
A:2クォータは、大学院科目のみ対面授業を開始します。
学士課程:6月8日(月)~8月5日(水) 遠隔授業
大学院:6月15日(月)~8月5日(水) 対面授業(大学院科目の第2クォータ開始日が変更となります(1週間遅れ))
※ただし、対面授業開始時に、「高知県外から県内に移動し、実験活動等を再開するにあたっての条件」を満たしていない学生については、その旨を科目担当教員へ連絡してください。
新しいお知らせは大学ホームページで随時確認してください。

Q:履修の変更は可能ですか?
A:2クォータの履修変更期間(6/8~13)にポータルシステムから変更可能です。詳しくは、授業時間割表P.6をご確認ください。

Q:2クォータ授業の教科書はどのように購入したらよいですか?
A:2クォータも引き続き遠隔授業となりましたので、Webを利用して希望する教科書の注文を受け付けます。詳しい申し込み方法については、後日ポータルシステムのメッセージでお知らせいたします。

Q:授業途中に回線が止まってしまったがどうしたらよいですか?
A:インターネット・機器トラブルにより途中で受講できなくなった場合でも、欠席扱いにはなりません。トラブルが起きても、慌てずに授業終了後に担当教員に事情を伝え、指示に従ってください。

Q:Office365はどのようにしたら使用できますか?
A:①http://aka.ms/self/sign/up/ にアクセス
②学内メールアドレスを入力(例 *******@ugs.kochi-tech.ac.jp)
③学内メールアドレスに通知メールが届く
※学内メールアドレスは、入学時に配布したアカウント通知書(学内ID・パスワードが記載された書類)に記載しています。
詳細は法人本部情報部のホームページで確認してください(ただし、アクセスは学内ネットワーク限定)。

Q:大学のメールアドレスがわからない場合どうしたらよいですか?
A:教務課へお問い合わせください。

Q:担当教員と連絡を取りたいのですがどうしたらよいですか?
A:教員とはメールで連絡を取ってください。教員のメールアドレスはポータルから確認できます。
※「ポータル⇒お知らせ⇒令和2年度時間割変更等(集中講義含む)について⇒令和2年度第1クォータ、第1学期科目一覧」を参照してください。
※非常勤講師への連絡については、教務課までご相談ください。

Q:パソコン・スマートフォンを所持していない又は通信環境がないもしくはその両方の場合、どのように講義を受講したらよいですか?
A:自宅に遠隔授業を受ける環境がない学生は、大学施設(ワークステーション室等)を利用して遠隔授業を受けることができます。

Q:遠隔授業を受講するのに必要なものを教えてください。
A:パソコン、ノートパソコン、タブレット、スマートフォン等を用意し、インターネットが使える環境(通信量制限のないプランを推奨)を確保してください。

Q:リアルタイム配信型の講義でZoomを使用となっています。どんな準備が必要ですか?
A:受講する端末にZoomのアプリケーションをインストールしておいてください(必ず事前に音声と映像の接続テストをしておいてください)。

Q:Zoomで授業を受講する場合、アカウントは必要ですか?
A:必要ありません。授業で指示された「ミーティングID」及び「パスワード」で受講できます。

Q:遠隔授業の通信量は1回あたりどのくらいですか?
A:90分間、連続して動画接続した場合は500MB程度と言われています。加えて教材共有をした場合はさらに通信量が増加します。

Q:なぜ研究室の自由な利用が認められないのですか?
A:研究室は、密閉 、 密集、密接の感染リスクを上げる3つの要素が重なる可能性が高い場所のため、自由な利用は認めていません 。いわゆる3密(密閉、密集、密接)を回避する体制が整った研究室については、所属する課程毎に設定した日以降に活動が再開されます。
博士後期課程・修士課程:5月18日(月)以降
       学士課程:6月8日(月)以降

Q:休学又は退学したいですがどうしたらよいですか?
A:事前に保護者や学資負担者、指導教員・アドバイザーとよく相談のうえ、教務課へ申し出てください。

Q:早期卒業をしたいがどうしたらよいですか?
A:学生便覧に記載の「高知工科大学学則」第59条を確認し、指導教員・アドバイザーとよく相談のうえ、「早期卒業認定申請書」を教務課へ提出してください。

授業・履修登録についてのお問合せは下記までお寄せください。
教務課 Tel.0887-53-1113

研究について

質問・回答例

Q:研究倫理教育について、受講は必須ですか?
A:学会発表や論文等で外部発表を行う方や卒業研究に従事する方は、必ず受講を修了する必要があります。
研究倫理教育の受講に際し、ログイン方法がわからない方やパスワードを忘れてしまった方は、研究支援課までご連絡ください。

研究についてのお問合せは下記までお寄せください。
研究支援課 Tel.0887-57-2025

経済的支援、課外活動、寮生活について

質問・回答例

Q:私生活において、 どのような行動に気を付ければよいですか?
A:感染リスクを抑えるため 、次のような行動は控えてください。 特に飲食店での感染リスクが非常に高いとの専門家の指摘がありますので、注意してください。
・多人数での会話、交流等を行うこと
・少人数であっても長時間換気の悪い場所や部屋で過ごすこと
・娯楽施設、大規模商業施設、遊技場、劇場等、人の多い、または密集する場所へ行くこと
・懇親会等、飲食を伴う行事・イベントに参加すること
なお、病院へ通うこと、食品や日用品を購入するためにスーパーやコンビニに行くこと等の日常生活を維持するために必要な外出や、屋外での散歩、ランニング等の個人的な運動等を制限するものではありません。

Q:アルバイトをしてもよいですか?
A:可能な限り自宅や寮で待機することが望ましいですが、事情によりアルバイトを休むことができない場合は、感染リスクを抑えるよう努めてください(健康に不安を感じたら、 自宅待機をしてください)。
また、専門家が示すとおり、飲食店は、密閉、密集、密接の環境、社会的距離の確保が難しい空間である場合が多いため、感染リスクが非常に高く、実際にクラスターが発生した事例のある場所です。そのような業務をせざるを得ない場合は、マスクを着用するなどの十分な対策をとってください。

経済支援、課外活動、寮生活についてのお問合せは下記までお寄せください。
学生支援課 Tel.0887-53-1118

RELATED POST

関連記事