情報学群

STORY

人々の幸福につながる情報社会のあり方をデザインする

STORY-03.jpg

arrow-03.jpg

1・2年次

しなやかで人に優しい次世代情報技術を追求

大学1・2年次の勉強は、ともすれば専門領域を学ぶための基礎知識を習得するための座学が中心になりがち。しかし高知工科大学では、1・2年次の早い段階から「セミナー」や「学生実験」を行います。

2年次の第1クォータでは専攻に仮配属となります。
徐々に専門発展科目や専門領域科目などのカリキュラムに移行し、プロフェッショナルへの道をスタートします。

科目の一例

科学技術論/環境とイノベーション力学電気回路基礎技術者倫理感覚・神経生物学計算機言語オートマトンと形式言語知覚と認識映像音響メディア論理回路幾何学概論情報学群実験 など

arrow-03.jpg

3・4年次

情報学群には人に優しい情報社会のあり方を学ぶ4つの専攻があります。

senko-10.jpg

情報と人間専攻

人間の優れた知的能力の解明を図り、知識の表現と利用、推論と学習、認識と理解、人と協調するシステムなどの教育・研究を通じて、人に優しい未来の情報通信技術を有効に活用できる人材となることをめざします。

詳しくはこちら

senko-11.jpg

情報とメディア専攻

情報通信をより高品質で快適に行える新世代ネットワークシステムや、情報通信の性能を飛躍的に向上させる通信方式など、コンピュータネットワークに関する教育・研究を通じて、情報通信の未来を担うことが期待されます。

詳しくはこちら

senko-12.jpg

情報通信専攻

ハードウェアとソフトウェアの両面から情報工学を体系的に学ぶことで、技術の急激な進歩に柔軟に対応し、情報システムの発展に寄与できる、先導的な ICT(情報通信)技術者をめざします。

詳しくはこちら

senko-13.jpg

コンピュータサイエンス専攻

ハードウェアとソフトウェアの両面から情報工学を体系的に学ぶことで、技術の急激な進歩に柔軟に対応し、情報システムの発展に寄与できる、先導的な ICT(情報通信)技術者をめざします。

詳しくはこちら

副専攻の選択も可能

3年次からはいよいよ本配属となりますが、きっといろいろな分野の学びに心引かれることでしょう。でも大丈夫。高知工科大学では専攻科目とは別に「副専攻」として他の専攻を履修することができます。
これは欧米の大学で一般的な「メジャースタディー」「マイナースタディー」と呼ばれる教育システムを効果的にアレンジした独自の教育プログラムで、幅広い視野を身に付けることができます。
情報技術がめまぐるしく発展するのに比例して大きく変化しているのが私たちを取り巻く環境です。次代の情報革命を担うには、技術だけにとらわれず、情報と人間の関係性について洞察できる深く豊かな見識が求められます。

arrow-03.jpg

その先の未来へ

就職

情報技術の本質を理解し、大胆で柔軟な発想力を育む教育によって、高度化する情報システムに対応できる技術者・研究者を輩出しています。

大学院進学

先端企業を中心に、高度な専門知識と幅広い視野はもちろん、プロジェクトを導く豊かなコミュニケーション能力を持った理工系人材を求める傾向が強まっています。高知工科大学では、学士課程の学びを高度な研究につなぐ一貫教育型のプログラムや早期卒業などのサポートを展開し、学生が大学院でさらに成長できる環境を整えています。

修士課程のコース<情報学系>

教員免許も取得可能

免許

詳しくはこちら

CONTENTS