2019.6.13在学生・保護者 / 地域・一般 / 学生生活

感謝の気持ち胸に全日本大学野球選手権大会初出場

6月11日、明治神宮野球場で行われた「第68回全日本大学野球選手権大会」の2日目第3試合に、本学硬式野球部が初出場し、阪神大学野球連盟代表の大阪体育大学を相手に熱戦を繰り広げました。

★2S1A8999.jpg ★8B0A8823.jpg

選手達は、全国各地から駆けつけた保護者や卒業生などによる応援団約200人の大声援を受け、大健闘しました。3回表に2本のヒットなどで満塁のチャンスを作り出すと、押し出し死球と河原 光明 選手(経済・マネジメント学群3年)の犠牲フライで2点を先制しました。それに応え先発のエース尾崎 修志 投手(経済・マネジメント学群4年)は持ち味である緩急を活かした巧みな投球を中心に、9回までわずか2安打2失点で抑え、試合は延長戦に突入しました。

笘・S1A9267.jpg 笘・B0A9040.jpg笘・S1A9123.jpg ★2S1A9341.jpg

地元からの支援、スタンドの割れんばかり大声援に後押しされ、選手達は強豪相手に堂々と戦いましたが、延長10回タイブレークの末に惜しくもサヨナラ負けを喫しました。

高知工科大学 002 000 000 0 2
大阪体育大学 000 002 000 1× 3

★2S1A9542.jpg

試合後、福田 直史 総監督は「来年もまたここに連れてきてくれると思います」と力強くコメントし、これまで頑張ってきた選手達へのねぎらいの気持ちと、確実に成長してきたチームに熱い思いを込めていました。

ご声援いただいた皆様、ありがとうございました。

関連記事

RELATED POST

関連記事