複合型インフラサウンド津波センサーの開発


総合研究所 インフラサウンド研究室 室長/システム工学群 山本 真行 教授

巨大海底地震発生時に海面上で発生し音速で到来する超低周波音を感知することで、津波到達前にその規模を迅速・正確に把握する「複合型インフラサウンド津波センサー」を企業と共同開発した。

平成28年より高知県黒潮町内5カ所に設置し、搭載の振動計・気圧計等と連動させ、噴火や台風等も観測対象とした実証実験を重ねている。

地上設置のため運用が簡便で低コストの本センサーは注目度が高く、現在、高知県内15箇所に設置し、地域密着型津波防災システムを構築予定である。県外では、北海道・東北・関東・中部・九州地方に数台設置しており、今後さらに太平洋沿岸域に展開し全国規模で整備する計画である。