将来世代と話し合い、将来をともに考える「フューチャー・デザイン」という提案

西條 辰義SAIJO Tatsuyoshi

専門分野

制度設計工学、公共経済学、実験経済学

詳しくはこちら


将来を生きる人々とともに、社会をデザインする仕組みとは?

 はるか遠い未来を生きる"将来世代"。決して会うことができない彼らのことを、ぼんやりとでも考えてみたことはあるだろうか。
 近年、持続可能性という言葉をよく耳にするが、気候変動や資源枯渇は今なお深刻化の一途を辿ったまま。多くの人々は「元に戻さないとダメになる」と薄々気づきながらも、今のライフスタイルを大きく変えようという意識はない。人々が迅速に行動しないのはなぜなのか。そこには、目の前のことにとらわれる「近視性」、物事を良い方向に考える「楽観性」といった人間の特性が関係している。

 こうした特性を持つ人間がつくった社会の仕組みが「市場」と「民主制」だ。市場は私たちの目の前の欲望を実現してくれる優秀な仕組みだが、将来世代を考慮に入れて資源を配分するものではない。一方、民主制も現世代の利益を実現する仕組みであり、今は存在しない将来世代の声は届くはずもない。つまり、現世代は将来世代の可能性を惜しみなく奪っていると言える。

フリー.jpg

 そこで西條教授は、存在しない将来世代に代わって「仮想将来世代」を現世代に導入し、新たな社会を創造する枠組みを考案した。それが「フューチャー・デザイン」だ。持続可能性に代表される現代特有の課題を解決に導く新手法として、実践の場は全国に広がっている。

人々の心の中に潜む、"将来世代"の声にヒントがある

 西條教授がフューチャー・デザインを始動した根本には、人類の持続可能性への強い危機感がある。

「今の世代は将来の人類を滅ぼしかねないほど、将来世代から資源をはじめとする多くのものを奪っています。市場の力を制限し、政治の仕組みを変革することで、この状況を改善しなければなりません」

 市場や民主制に代わる新しい社会の仕組みをデザインするために、まず変えるべきは現世代の意識と行動。「2500年頃には、約10mの海面上昇が起こるだろうと言われていますが、そんな地球を将来世代に残したくありません。今すぐ始めなければ、もう間に合わないところに来ているんです」と警鐘を鳴らす。

-_X0A2934.jpg

 フューチャー・デザインの特徴は、将来世代の利益を代弁する「仮想将来世代」を現代の意思決定の場に創出するという点だ。つまり、現世代が直面する数々の課題に将来世代の視点を取り入れ、両世代の交渉によって将来そのものをデザインしようとしているのだ。

 西條教授がこの発想を得たのは、2012年3月のこと。マサチューセッツ大学で行われた研究発表後の夕食会で、「現在の意思決定が将来世代に多大な影響を及ぼすような課題について、そもそも将来世代は存在しないので交渉できない」という問題が話題にのぼった。
  その時、西條教授は「現世代の中に将来世代のことだけを考える集団をつくるのはどうか」と提案。すると、教え子の奥さんが、7世代先まで見据えて物事を決定するイロコイ・インディアンの存在を教えてくれたという。

「7世代先のことを考えて意思決定を行う人々がすでに存在していたことは大きな衝撃でした。イロコイ族を参考にすれば、現世代と将来世代の交渉が可能になるかもしれないと、夢中になってイロコイ族のことを調べました」  

 当時在籍していた大阪大学の環境工学系の若手研究者たちにこの話をすると大いに盛り上がり、このテーマを一緒に追究していこうと研究会が発足。これがフューチャー・デザインの原点となった。

将来世代の視点を取り入れ、町の将来を明るいものに

 現在は政治学、心理学、神経科学などの研究者とともに理論研究を深めながら、全国の自治体職員も参画し、町の将来を考える住民ワークショップなどにおけるフューチャー・デザインの実践も進めている。
 全国の自治体の中で最初にフューチャー・デザインの手法を採用し、将来ビジョンの策定に将来世代の視点を取り入れているのが、岩手県矢巾町だ。

「矢巾町で水道事業が大成功しているという話をテレビで見て、すごいなと思ったんです。町民の方々を集めて、水道事業の未来を考えてもらっている様子が、まさにフューチャー・デザインを実践しているように感じました」

_X0A2922.jpg

 そこで町役場にオファーしたことで、町の将来のプランづくりにフューチャー・デザインの手法が導入された。その中で行われた住民ワークショップでは、今を生きる「現世代人」、将来世代の役割を与えられた「仮想将来人」という二つのグループをつくり、それぞれに"なりきって"町の将来を考えてもらった。すると驚くことに、両者から出てきた意見はまったく異なるものだったという。

「『現世代人』は待機児童や介護施設の不足など今起きている問題を念頭に置き、その解決を主張していました。ところが『仮想将来人』は想像以上に独創的なアイデアを次々と出すんです。これには驚きました」

  現世代人は、目の前の欲望を達成したいがゆえに行政に取り組んでほしいことを並べるが、仮想将来人は、まず理想の将来像を描き、それを実現するためにやるべきことをストーリー仕立てで考え始めるというのだ。
 なぜこのようなことが起こるのか。要因の解明については、神経科学を専門とする出馬 圭世教授、伊藤 文人講師、青木 隆太特任准教授(首都大学東京)と共同研究を行っていく。「皆さんは『ニューロ・フューチャー・デザイン』という新しい分野を切り拓いていくでしょう」と期待を込める。

 現在は長野県松本市、大阪府吹田市、京都府、京都府宇治市、愛媛県西条市などでも協働を進めており、高知県でも、西條教授が所長を務める本学フューチャー・デザイン研究所と土佐経済同友会とが2019年に共同研究協定を締結するなど、フューチャー・デザインは全国へと拡大している。

「将来のことを自分ごととして考える枠組みが社会の仕組みとなり、"将来省"や"将来課"のような組織が生まれ、"将来基本法"が制定され、憲法に"将来世代"が明示される、そんな未来を思い描いています」

★8B0A6427.jpg

(2019年、高知市において、本学と土佐経済同友会とがフューチャー・デザインワークショップを共催した)

フューチャー・デザインを世界に広め、サイエンスのあり方を変えたい

 アメリカと日本を行き来しながら研究を進め、国内外で活躍する西條教授。研究の出発点は、ミネソタ大学時代に制度設計の研究に携わったことだった。その後、「自分たちがつくった仕組みは実際の社会でも本当にうまくいくのか」という疑問から、1980年代半ば、実験による理論の検証をスタート。当時は周りの理解を得られず、自腹で実証実験を行うも、著名な仕組みでさえうまくいかず、「理論は危ない」という感覚に陥る。以降、「理論だけでなく、実験でもうまくいくような仕組みづくり」を研究の使命としてきた。

 本学に着任したのは2013年。マネジメント学部の改組転換が検討されている際に、コンセプトや教育方針についてアドバイスを行ったことがきっかけだった。経済学、心理学、生物学、政治学、工学など多様な分野の研究者が集まる"多分野融合型"は西條教授の提案によるものだ。これが功を奏し、経済・マネジメント学群内では分野の枠を超えて日常的に議論が行われ、多くの共同研究が生まれている。またRePEcによる2016年の実験経済学研究の世界ランキングにおいて、同学群は94位に入り、アジアでトップに。さらに在籍する研究者の論文数などを総合的に見て、「アジア有数の実験社会科学ラボ」と評価され、アジアを確実にリードしている。こうした実績や評価について、「想像以上の状況に驚いています」と西條教授は喜びの声を上げる。

★2S1A2528 e102 教育研究棟 経済実験室.jpg

(永国寺キャンパスにある経済実験室)

 2017年9月には、フューチャー・デザインの核となる研究施設として、西條教授を所長とする「フューチャー・デザイン研究所」が発足。幅広い領域の研究者が集まり、新たな社会を創造しようとさまざまな課題に挑んでいる。

「高知に来てフューチャー・デザインの話をしたところ、みなさんおもしろがってくださって、徐々に一緒にやってくれるメンバーが増えてきました。課題先進県である高知県の課題解決につなげることはもちろん、この研究所からアカデミックな研究をどんどん生み出していきたいですね」

_X0A3137.jpg

(高知市中心部に開設したフューチャー・デザイン研究所には、分野・国籍を超えたさまざまな研究者が集う)

 さらには、学生たちが、フューチャー・デザインを学び、実践するサークルを立ち上げ、各地で行われるワークショップにも参画しているそうだ。
 西條教授のアイデアが発端となったフューチャー・デザインは、その考え方に共感した人々の間で広まり、自由に進化を遂げつつある。こうした状況について、「これも"イロコイさん"のおかげです」と、どこまでも腰が低い。さらには、「今後もいろんな人たちがフューチャー・デザインのアプローチをしてくれるとうれしい」と新たな動きにやさしい眼差しを向ける。
 今後はフューチャー・デザインの国際化をめざし、アイデアを世界に広めていきたいという。その先に見ているのは、サイエンスの未来だ。

「サイエンスというのは非常に近視的で、将来の人たちのことは一切考えません。フューチャー・デザインを通して、将来世代を含むようなものへとサイエンスのあり方そのものを変えていきたいですね」

 その一歩となる、現世代の意識改革が今まさに始まっている。

_X0A3204.jpg

掲載日:2020年3月6日

RECOMMEND

このページを見ている方へおすすめ