海外渡航する際の危機管理・手続

海外渡航前に必要な手続き

海外渡航する場合、大学活動、私的旅行の別を問わず、必ず以下を行ってください。

(1) 外務省の海外安全ホームページから、渡航先に関する情報を得る。

海外安全ホームページ

(2) (1) から得られるリスクとともに海外渡航について保護者に説明し、同意を得る。

大学活動で渡航する場合は「海外渡航誓約書」への本人および家族の署名が必要。以下の担当窓口へ申し出てください。

(3) 「海外渡航に際しての心構えと準備 〜学生が行うべき危機管理対応〜」を熟読する。

渡航先や危険回避に必要な十分な情報を入手し、準備を行う。海外では「自らの安全は自らが守る」が大原則であることを認識する。

海外渡航に際しての心構えと準備~学生が行うべき危機管理対応~

(4) 海外旅行保険に加入する 。

教育・研究・課外活動等、大学活動の一環として海外渡航する場合は、大学指定の海外旅行保険に加入していただきます。必ず下記の「海外渡航事前申請」を行ない、指定された期日までに必ず支払いを完了させるようにしてください。

(5) 外務省が提供する「たびレジ」への登録(3ヶ月未満の滞在)

3ヶ月以上滞在する場合は「在留届」を提出 (これらの登録により、現地在外公館から緊急連絡がメール配信され、また緊急時の安否確認・救援対象となります。

「たびレジ」

「在留届」

(6) 海外渡航前に旅程や連絡先を保護者に連絡

留意事項

海外での国際学会にて英語で発表する場合や国際交流センターが指定する海外短期プログラムに参加する場合など、渡航内容が旅費助成の対象となる場合は、「海外渡航に対する旅費助成」の申請も併せて行ってください。

高知発着でない場合、私用等で他国(地域)を経由する場合は、チケット予約時に別途書類の準備が必要です。必ず先に、旅費助成の手続きを一読してください。

海外渡航事前申請

本学では、教育・研究・課外活動等、大学活動の一環として海外渡航する学生に大学指定の海外旅行保険に加入していただきます。これらの理由により海外渡航する学生は、以下の書類一式を、出発の1ヶ月前までに以下の担当窓口へ提出してください。

申請時に提出が必要な書類

(1) 旅程(Eチケットのコピー等)

(2) 宿泊先情報(名称・住所・電話番号)

(3) 緊急連絡先リスト①②.pptx(PowerPointファイル)

(4) パスポートコピー

(5) 海外渡航事前申請書

渡航前に受け取りが必要な書類

(1) 被保険者証

(2) 海外旅行傷害保険補償内容一覧表

(3) 海外旅行ハンドブック一式

(4) 海外危機管理サポートデスクカード

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
  • 部署

    事務局 国際交流課