ジョン万次郎プログラム・KUT Youth Ambassador

ジョン万次郎プログラムに登録しよう!!

グローバル社会を生き抜くために必須となる英語力、コミュニケーション能力、異文化理解力の修得を目指す学習プログラムが平成26年4月からスタートしました。
このプログラムは、正課授業と正課外の学習や活動で構成し、指定する正課授業の取得単位、正課外である国際交流関連活動への参加、TOEICスコア等に応じてポイントが与えられるもので、プログラム修了要件を満たすポイント数を取得した学生に対しては、グローバル社会に必須の能力を身に付けた証として、プログラム修了証を発行します。さらに、プログラムを修了し、特に高度な英語力を身につけ、豊富な国際経験をもつ学生は、本学の「大使」として、海外に本学の魅力を伝えていく「KUT Youth Ambassador」に任命します。
プログラムに登録した学生限定の英語学習支援等、様々なメリットもあります。

まずはプログラムに登録しましょう!

プログラムへの登録はポータルシステムのアンケートへの回答により行います。

プログラム登録のメリット

  1. TOEIC対策講座(有料)
    リーディング力、リスニング力を強化する外部講師による講座をプログラムに登録した学生に限定し開講します。開講日は随時ご案内します。TOEICスコアアップのテクニックや学習方法も学べます。
  2. 英会話クラス"Talkn'Chat"
    はじめて英会話に挑戦しようとするビギナー向けに、リラックスした雰囲気の中で、英会話を楽しめるクラスを割安な受講料で開講します。
  3. 本学主催海外研修や国際サマースクール等、国際交流関連活動への参加の選考において考慮します。
  4. メールサービス
    ジョン万次郎プログラムに関する情報、留学に関する情報、英語学習支援講座のお知らせ等、様々な国際交流や英語学習に関する情報を提供します。

プログラムの詳細

1. 対象

学士課程在学生 1〜4年生 

2. 登録期間・方法

第1期登録期間:平成31年4月1日〜5月31日
第2期登録期間:令和元年10月1日〜10月31日
※プログラムへの登録はポータルシステムのアンケートへの回答により行います。

3. プログラム継続条件

年に1回以上のTOEIC-IP(団体受験)を受験してください。本学が主催するTOEIC-IP(団体受験)を受験しなかった学生は、翌年度、自動的に登録が停止されます。なお、TOEIC(公開テスト)を受験し「公式認定証」を提出した場合は、継続が認められます。

※登録抹消後、TOEICを受験し申請した場合、再登録が可能です。
※1年生全員を対象とした一斉受験も含まれます。

4. ポイント制度の仕組みについて

プログラムのポイントは、「正課授業」、「国際交流関連活動」、「TOEICスコア」、「特別ポイント」の大きく4つに区分されています。指定された正課授業での取得単位、海外研修やサマースクールをはじめとする国際交流に関する活動、受験したTOEICのスコア等に応じてポイント(Pt)を得ることができます。

1)正課授業

指定された英語科目、教養科目、専門科目を履修し、単位を取得した場合、1単位当たり10Ptを付与します。プログラム修了のためには、合計180Pt以上が必要です。ただし、250Ptを超えるポイント分は認められません。
なお、プログラムとして特別な申請等の手続きは必要としませんので、通常の授業と同様に履修し授業を受けてください。

(1)指定英語科目

下表に記載される英語科目を履修し単位を取得した場合は、1単位当たり10Ptを付与します。

(2)指定教養科目

下表に記載される教養科目を履修し単位を取得した場合は、1単位当たり10Ptを付与します。

(3)指定専門科目

下表に記載される専門科目を履修し単位を取得した場合は、1単位当たり10Ptを付与します。
※経済・マネジメント学群の科目ですが、工学系の学生は他学群履修として履修可能です。

授業科目名配当年次単位数備考
指定英語科目 Reading/Listening1 1 1 2016年度入学者まで適用
Reading/Listening2 1 1 2016年度入学者まで適用
Listening/Speaking 1 1
Science English 1 1
Science Lab 1 1
Reading / Listening 1 2
English Projects 1 2
Speech Communication 1 2
Power English 1 2
Thinking in English1 2 1
Thinking in English2 2 1
Science Reading1 2 1
Science Reading2 2 1
Presentation 2 2
Reading & Writing Workshop 2 2
Reading Workshop 2 2
Presenting Ideas 2 2
Global Leadership I 3 2
Academic English/TOEFL 3 2
Debate 3 2
Advanced Reading & Writing 3 2
Global Citizen 3 2 2016年度入学者まで適用
Business/TOEIC English 3 2
Technical Reading 3 2
Technical Presentation/Writing 3 2
Communication Skills-Speaking and Listening- 3・4 2
指定教養科目 現代社会と国際関係論 1 2
日本人の教養 1 2
日本発展史(E) 1 2 英語による授業
国際関係の諸問題 1 2
指定専門科目 経済・経営学入門(E) 1 2 英語による授業
プロジェクトマネジメント(E) 1 2 英語による授業
リスクマネジメント(E) 2 2 英語による授業
国際開発経済学(E) 2 2 英語による授業
グローバルコンピテンシーモデル(E) 3 2 英語による授業
国際マーケティング(E) 3・4 2 英語による授業
企業価値評価論(E) 3・4 2 英語による授業

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

2)国際交流関連活動

本学では、海外の大学や研究機関と活発な交流を行っています。派遣留学制度や海外インターンシップ、海外研修等を利用して国際体験ができるほか、よさこい祭りの開催時期に合わせ大学で実施する国際サマースクールにおいても、海外の大学生との交流を経験できます。こうした国際交流関連活動に参加する学生に対して、行事や活動に応じて以下のとおりポイントを付与します。プログラムの修了には50Pt以上が必要です。

※国際交流関連活動の日程や募集案内については、随時ポータルシステムにて通知します。
※以下の国際交流関連活動への参加に際しては、審査・選考がある場合があります。

(1)科目履修留学、研究留学

海外留学した場合、次のとおりポイントを付与します(大学活動の一環と認められるものに限る)。

ポイント数
科目履修留学で単位を取得した場合 200Pt
科目履修留学で単位を取得できなかった場合 50Pt
研究留学した場合 100Pt

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

  • ※トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムによる留学も含む。

    (2)本学主催海外研修

    本学では、海外研修を毎年企画し、選抜された学生を派遣しています。国際交流センターが指定した海外研修に参加した場合、100Ptを付与します。海外研修(アジア)でリーダーとして参加した場合、更に30Ptを付与します。

    (3)海外インターンシップ

    本学が主催する海外インターンシッププログラムを利用、または「インターンシップ」を履修し、海外で就業体験を行った場合、100Ptを付与します。

    (4)他機関主催海外短期プログラム

    本学以外の大学や機関が主催するサマースクールや海外短期研修を紹介し、参加を推奨しています。これら国際交流センターが推奨するプログラムに参加した場合、100Ptを付与します。
    なお、本学主催のプログラムではないため、費用負担や参加手続等は全て参加者の責任で行うことになります。

    (5)国際学会での研究発表

    本学では毎年、のべ300名近くの学生が、国内外で開かれる学会に参加し、研究発表を行っています。国際学会で英語による発表(ポスターセッション含む)を行った場合、100Ptを付与します。

    ※プログラム修了証の交付申請の際に、学会への参加を証明できるもの(大会要領、発表者が記載されたプログラム、参加証明書、写真等)が必要ですので、大切に保管してください。

    (6)本学主催国際サマースクール(国内で実施)

    本学が主催する国際サマースクールの全日程に参加した場合、50Ptを付与します。リーダーとして参加した場合、更に30Ptを付与します。
    ※全日程に参加できなかった場合において、日程の3分2以上参加した場合は、30Ptを付与します(3分2未満の場合、ポイントは付与されません)。

    (7)留学生交流事業

    本学に在籍している留学生を対象に、日本文化の体験や歴史的文化施設の訪問等を通じ、広く日本を学ぶ研修を実施しており、日本人学生の参加も募集しています。こうした留学生との交流を行う行事や活動に参加した場合、それぞれの行事に応じてポイントが付与されます。

    ポイント数
    留学生と行く日本文化研修旅行 参加者 20Pt
    世話役 30Pt
    日本文化研修(生け花) 10Pt
    日本文化研修(茶会) 10Pt

    横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

3)TOEICスコア

プログラム修了要件として、最低550点以上(80Pt)のスコアが求められます(修了証交付手続きの時点で、入学時以降に受験したTOEICの中で最も高いスコアをポイントに換算します)。また、本学が主催するTOEIC-IP(団体受験)、公開テストのどちらのスコアも有効ですので、受験後に配布されるTOEICスコアレポート、又はTOEIC公式認定証を大切に保管してください。

ポイント数
650点以上 150Pt
600〜649点 100Pt
550〜599点 80Pt

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

4) 特別ポイント

主に国際交流や英語力向上に関連する学生の主体的な活動を評価し、ポイントを付与する区分です。

(1)英語スピーチコンテスト

入学後、英語によるスピーチ大会に参加した場合、1 回に限り 50Pt を付与します。

※プログラム修了証の交付申請の際に、大会への参加を証明できるもの(大会要領、出場者が記載されたプログラム、参加証明書、写真等)が必要ですので、大切に保管してください。

(2)留学生歓迎会等でのイベント企画・実施

留学生歓迎会や海外協定校からの来賓の際に、国際交流部から特定の学生や国際交流活動を行う学生団体に対しイベントの企画・実施等を依頼する場合があります。 このような行事の企画や活動に対しポイントを付与します。

ポイント数備考
リーダー 25Pt
副リーダー 25Pt 複数可
メンバー 10Pt

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

(3)その他

上記以外の学生の主体的な活動に対してもポイントを付与する場合があります。

5. 修了要件及び修了証の交付手続きについて

1) ジョン万次郎プログラム修了要件
ポイント数修了要件備考
1. 正課授業 指定英語科目 1単位=10Pt 180Pt 以上
※上限 250Pt
指定教養科目
指定専門科目
2. 国際交流
関連活動
科目履修留学、研究留学 50〜200Pt 50Pt 以上
海外研修、海外インターンシップ 100Pt
他機関主催海外短期プログラム 100Pt 国際交流センターが推奨するものに限る
国際学会での研究発表 100Pt 英語による発表に限る
本学主催国際サマースクール(国内で実施) 30〜80Pt
留学生交流事業 10〜40Pt
3. TOEICスコア 650点以上 150Pt 80Pt 以上
600〜649点 100Pt
550〜599点 80Pt
4. 特別ポイント 英語スピーチコンテスト 50Pt 上限 1 回
留学生歓迎会等でのイベント企画・実施 10~50Pt
その他 - 随時設定
合計 400Pt 以上

※修了要件及びポイント数は予告なく変更する場合があります。

2) プログラム修了証交付に関する手続き

修了要件を満たした学生は、「ジョン万次郎プログラム修了証交付申請書」(様式 1)に 必要事項を記入し、以下の必要書類とともに教務部へ提出してください。

※発行には3日間程度掛かります。

必要書類

(1)「ジョン万次郎プログラムポイント管理表」(様式 2)
(2)TOEICスコア証明書
(3)国際学会発表、英語スピーチコンテストに参加した場合は、参加を証明できるもの
 (大会要領、発表者や出場者が記載されたプログラム、参加証明書、写真等)

6. KUT Youth Ambassador 任命要件及び任命書の発行について

次のI~IIIの全ての要件を満たした学生は、本学の「大使」として、海外に本学の魅力を伝えていく KUT Youth Ambassador として、国際交流センター長が任命します。

I. ジョン万次郎プログラムの修了証の交付を受けた者で、かつ合計 650Pt 以上を取得した者
II. TOEIC スコア 730 点以上を獲得した者
III. 次のいずれかの実績を証明できる者

  • 協定校への留学により単位認定されていること
  • 協定校へ研究留学していること
  • 海外で行われる国際学会で英語による発表を行ったこと

 修了要件を満たした学生は、「KUT Youth Ambassador 任命申請書」(様式 3)に必要事項を記入し、以下の必要書類とともに教務部へ提出してください。

必要書類

  1. 「ジョン万次郎プログラムポイント管理表」(様式 2) 
  2. TOEIC スコア証明書
  3. 海外で行われる国際学会での英語による発表を行った場合は、それを証明できるもの
    (大会要領、発表者が記載されたプログラム、参加証明書、写真等)

7. 平成25年度以前の入学者のポイントの取扱いについて

平成25年度以前の実績について、認められるポイントは次のとおりです。

1) 正課授業

入学以降に取得した指定科目の単位数全てがポイントとして認められます。

2) 国際交流関連活動

協定校への科目履修留学、本学主催海外研修、海外インターンシップ、他機関主催海外短期プログラム(国際交流センターが指定するもの)、国際学会での研究発表、本学主催国際サマースクールに関するポイントが認められます。

3) TOEICスコア

入学後に受験したTOEICスコアに限りポイントとして認められます。

※プログラムに関する問い合わせは、香美キャンパス本館1階事務局教務部もしくは、永国寺キャンパス教育研究棟3階工科大事務局までお願いします。