教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
chono-shigeomi-1.jpg

蝶野 成臣Shigeomi Chono

  • 1956年生まれ 男性
  • 職位: 教授
  • 役職:
  • システム工学群副学群長
    知能機械システム工学コース長
    学長特別補佐(教育担当)
    知能機械工学コース長
    航空宇宙工学コース長
  • 所属:
  • システム工学群
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 知能機械システム工学コース
    総合研究所 物質創成工学研究センター
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 知能機械工学コース
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 航空宇宙工学コース
  • researchmap: https://researchmap.jp/read0072229

教員略歴

学位 工学博士
学歴 大阪大学工学部産業機械工学科 卒業(1978)
大阪大学工学研究科産業機械工学 修了(1980)
大阪大学工学研究科産業機械工学 退学(1982)
職歴 福井大学工学部助手(1982~1988)
福井大学工学部講師(1988~1989)
福井大学工学部助教授(1990~1997)
高知工科大学教授(1997~)
カリフォルニア大学バークレー客員研究員(1989~1990)
カリフォルニア大学バークレー客員研究員(1996)
資格
専門分野 流体工学
レオロジー
非ニュートン流体力学
研究室 名称 流体工学研究室
詳細 流体の性質や運動を調べてこれをものづくりに応用する学問が流体工学です。流体の代表例は水と空気ですが、本研究室では複雑流体と呼ばれる、分子よりも大きなサイズの高次構造が内部に存在する流体を主対象としています。例えば高分子溶融体、サスペンション、界面活性剤溶液、液晶、生体液など、身近なところに数多く存在しています。複雑流体は外場に反応したり周囲環境に応じてその構造が変化する特徴を有しており、この性質を利用して、極小サイズの駆動装置やセンサを開発しています。
所属学会 日本機械学会
日本レオロジー学会
日本流体力学会
日本混相流学会
米国レオロジー学会

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 力学 / 流れの科学 / 流体力学 / 卒業研究
大学院 流体力学特論 / 特別研究

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 流体工学全般
プラスチック成形加工
現在の研究 液晶の力学

高分子液晶のレオロジー特性の解明

液晶を使ったマイクロデバイスの開発

メッセージ

研究業績

主な受賞歴など

  • 日本繊維機械学会賞(技術賞)(1987)
  • 日本繊維機械学会賞(記念賞)(1991)
  • 日本機械学会賞 (論文) (2007)
  • 日本機械学会フェロー(2008)
  • 日本機械学会中国四国支部技術創造賞(2013)

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
Numerical prediction of the driving performance of liquid crystal actuators Tomohiro Tsuji,Shigeomi Chono Applied Physics Letters,Vol.113,No.26,pp.261901 2018
Numerical simulation of liquid crystal flow induced by annihilation of a pair of defects Shigeomi Chono,Tomohiro Tsuji Open Journal of Fluid Dynamics,Vol.8,No.4,pp.343-360 2018
Time characteristics of dust collection and particle classification performance of a cyclone Yuhei Kosaki,Shigeomi Chono Powder Technology,Vol.305,pp.602-608 2017
Fundamental study on the application of liquid crystals to actuator devices ZHOU Yuan,TSUJI Tomohiro,CHONO Shigeomi Applied Physics Letters,Vol.109,pp.011902 2016
液晶のネマティック相と等方相の相界面を利用したマイクロマニピュレータの開発 亀井 和正,辻 知宏,蝶野 成臣 日本機械学会論文集,Vol.81,No.823,pp.14-00628 2015
液晶駆動型マイクロアクチュエータの開発(第6報,駆動方向制御) 辻 知宏,蝶野 成臣 日本機械学会論文集,Vol.81,No.823,pp.14-00627 2015
Velocity profiles of electric-field-induced backflows in liquid crystals confined between parallel plates TSUJI, Tomohiro,CHONO, Shigeomi,Takanori Matsumi Journal of Applied Physics,Vol.117,No.5,pp.054501-1-054501-8 2015
タンブリング液晶の二重円筒間せん断流れの数値解析 辻 知宏,蝶野 成臣 日本レオロジー学会誌,Vol.40,No.5,pp.239-244 2012
液晶駆動型マイクロアクチュエータの開発 (第5報,平板駆動の数値計算) 蝶野 成臣,辻 知宏 日本機械学会論文集(B),Vol.77,No.781,pp.1758-1766 2011
Three-dimensional molecular dynamics simulations of reorientation process and backflow generation in nematic liquid crystals under application of electric fields A. Sunarso,TSUJI, Tomohiro,CHONO, Shigeomi Journal of Applied Physics,Vol.110,pp.044911 2011
ハイブリッド配向液晶セル内の背流速度分布 辻 知宏,蝶野成臣 日本機械学会論文集(B),Vol.77,No.779,pp.1420-1428 2011
液晶駆動型マイクロアクチュエータの開発 (第4報,平板駆動実験) 蝶野成臣,辻知宏 日本機械学会論文集(B),Vol.76,No.771,pp.1849-1854 2010
GPU-accelerated molecular dynamics simulation for study of liquid crystalline flows A. Sunarso,T. Tsuji,S. Chono Journal of Computational Physics,Vol.229,pp.5486-5497 2010
欠陥対消滅が誘起する液晶流動 (第2報, 速度分布の数値計算) 蝶野 成臣,辻 知宏,黒岩 正寛 日本機械学会論文集(B),Vol.76,No.761,pp.20-27 2010
ネマティック液晶の二重円筒間周方向背流の数値計算 辻 知宏,蝶野 成臣,山﨑 一 日本機械学会論文集(B),Vol.75,No.760,pp.2413-2420 2009
Numerical analysis of characteristics of microactuators driven by liquid crystals S. Chono,T. Tsuji Chemical Engineering Science,Vol.64,No.22,pp.4625-4631 2009
液晶駆動型マイクロアクチュエータの開発 (第3報, 平行平板間速度分布の可視化) 松見 隆紀,辻 知宏,蝶野 成臣 日本機械学会論文集(B),Vol.75,No.753,pp.953-958 2009
Effect of magnetic fields on out-of-plane orientations of nematic liquid crystalline polymers under simple shear flow S. Fu,T. Tsuji,S. Chono Molecular Physics,Vol.107,No.3,pp.245-252 2009
Molecular dynamics simulation of backflow generation in nematic liquid crystals A. Sunarso,T. Tsuji,S. Chono Applied Physics Letters,Vol.93,No.24,pp.244106 2008
Effect of magnetic field on molecular orientation of nematic liquid crystalline polymers under simple shear flow S. Fu,T. Tsuji,S. Chono Journal of Rheology,Vol.52,No.2,pp.451-468 2008
Proposal of mechanics of liquid crystals and development of liquid crystalline microactuators S. Chono,T. Tsuji Applied Physics Letters,Vol.92,No.5,pp.51905 2008
Numerical simulation of molding Hele-Shaw flow of polymeric liquid crystals CHONO, Shigeomi,TSUJI, Tomohiro,SUN, Jianye Journal of Fluid Science and Technology,Vol.2,pp.368-379 2007
欠陥対消滅が誘起する液晶流動 (第1報,配向状態と計算精度の関係) 黒岩 正寛,蝶野 成臣,辻 知宏 日本機械学会論文集(B),Vol.73,No.732,pp.1585-1591 2007
Numerical simulation of flow-induced flexoelectric effect in liquid crystals NAGAE, Takanori,TSUJI, Tomohiro,CHONO, Shigeomi Journal of Fluid Science and Technology,Vol.2,pp.258-269 2007
液晶駆動型マイクロアクチュエータの開発 (第2報,各種パラメータの影響) 劉 春波,蝶野 成臣,辻 知宏 日本機械学会論文集(B),Vol.72,No.721,pp.2235-2241 2006
液晶駆動型マイクロアクチュエータの開発 (第1報,流動の発生とそのメカニズム) 蝶野 成臣,辻 知宏 日本機械学会論文集(B),Vol.72,No.715,pp.656-661 2006
高分子液晶のレオロジー特性の数値解析(第4報,配向挙動に及ぼす磁場の影響) 付淑芳,辻 知宏,蝶野 成臣 日本機械学会論文集(B),Vol.71,No.710,pp.2421-2426 2005
高分子液晶のレオロジー特性の数値解析(第3報,2階テンソル型構成方程式の評価) 辻 知宏,蝶野 成臣 日本機械学会論文集(B),Vol.71,No.707,pp.1775-1781 2005
スメクティックC液晶の平行平板間流れの数値シミュレーション 寺田敦史,辻 知宏,蝶野 成臣 日本機械学会論文集(B),Vol.71,No.705,pp.1354-1360 2005
Influence of electric fields on the flow of a liquid crystal mixture in circular pipe electrodes T. Tsukiji,E. Koyabu,TSUJI, Tomohiro,CHONO, Shigeomi JSME International Journal Series B,Vol.48,No.3,pp.517-523 2005
磁場印加時における平行平板間ネマティック液晶の非定常挙動の数値シミュレーション 辻 知宏,蝶野 成臣,築地 徹浩 日本機械学会論文集(B),Vol.70,No.700,pp.3045-3050 2004
磁場下におけるネマティック液晶の平行平板間流れの数値シミュレーション 辻 知宏,蝶野 成臣 日本機械学会論文集(B),Vol.69,No.688,pp.2649-2656 2003
ネマティック液晶の同心回転円板間流れの数値シミュレーション 寺田 敦史,辻 知宏,蝶野 成臣 日本機械学会論文集(B),Vol.69,No.681,pp.1035-1042 2003
液晶注入プロセスの数値シミュレーション (第1報,基本モデリングと解析) 辻 知宏,蝶野 成臣 日本機械学会論文集(B),Vol.68,No.676,pp.3259-3265 2002
せん断流が等方-ネマティック液晶相転移に及ぼす影響 辻 知宏,蝶野 成臣 日本機械学会論文集 (B編),Vol.68,No.675,pp.3012 2002
高分子液晶の二次元流れの数値シミュレーション 辻 知宏,蝶野 成臣 成形加工,Vol.13,No.9,pp.634-639 2001
Size effect of interlacer (Part 3: Formulation of number of tangles) LOU, W.,IEMOTO, Yoshiyuki,CHONO, Shigeomi Journal of the Textile Machinery Society of Japan,Vol.46,pp.53-61 2000
Size effect of interlacer (Part 2: Pressure distribution of air flow in interlacers) IEMOTO, Yoshiyuki,CHONO, Shigeomi,QIN, H.,LOU, W. Journal of the Textile Machinery Society of Japan,,Vol.46,pp.11-19 2000
高分子液晶のレオロジー特性の数値解析 (第2報,せん断・伸長流特性) 蝶野 成臣,辻 知宏 日本機械学会論文集(B),Vol.65,No.639,pp.3539-3545 1999
Model experiment on interlaced yarn (Part 3: Development of a new interlacing process without conventional interlacers) CHONO, Shigeomi,IEMOTO, Yoshiyuki,HAN, Wookan Journal of the Textile Machinery Society of Japan,Vol.45,pp.13-18 1999
Spatial development of director orientation of tumbling nematic liquid crystals in pressure-driven channel flow CHONO, Shigeomi,TSUJI, Tomohiro,Morton M. DENN Journal of Non-Newtonian Fluid Mechanics,Vol.79,pp.515-527 1998
画像処理法による繊維含有流体の二次元流れにおける繊維配向の測定 蝶野 成臣,田上 秀一,家元 良幸 日本機械学会論文集(B),Vol.64,No.626,pp.3213-3220 1998
Numerical simulation of nematic liquid crystalline flows around a circular cylinder CHONO, Shigeomi,TSUJI, Tomohiro Molecular Crystals & Liquid Crystals,Vol.309,pp.217-236 1998
Study on interlaced yarn (Part 4: Yarn posture in interlacer, and relation between yarn positions and number of tangles) IEMOTO, Yoshiyuki,CHONO, Shigeomi,TANAKA, Takayuki Journal of the Textile Machinery Society of Japan,Vol.44,pp.57-63 1998
Study on interlaced yarn (Part 3: Air flow in a yarn duct) IEMOTO, Yoshiyuki,CHONO, Shigeomi Journal of the Textile Machinery Society of Japan,Vol.43,pp.38-46 1997

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. 液晶の流動と機械要素への応用,日本機械学会流体工学部門北陸地区流体工学研究会(2018)
  2. Development of amorphous actuators driven by liquid crystal flows,9th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference(2017)
  3. Macroscopic electric polarization of liquid crystals under shear flows,9th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference(2017)
  4. Development of microactuators utilizing the flow of liquid crystal induced by electric fields,27th International Symposium on Transport Phenomena(2016)
  5. Molecular dynamics simulation of shear induced liquid crystal phase of mixture of spherical and rodlike molecules,The 17th International Congress on Rheology(2016)
  6. Numerical simulation of the pipe flow of tumbling nematic liquid crystal,The 17th International Congress on Rheology(2016)
  7. Flow-induced electric polarization of nematic liquid crystals,6th Pacific Rim Conference on Rheology(2014)
  8. Development of micro-manipulator utilizing isotropic-nematic phase interface,25th International Liquid Crystal Conference(2014)
  9. Development of novel microactuators driven by liquid crystalline materials,MEMS 2013(2013)
  10. Performance of liquid crystalline microactuators driven by backflow,24th International Liquid Crystal Conference(2012)
  11. Experimental and numerical investigations on dynamics of nematic-isotropic interface,16th International Congress on Rheology(2012)
  12. Driving performance of liquid crystalline actuators,ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011(2011)
  13. Coupling between molecular reorientation and macroscopic flow in nematic liquid crystals under electric fields studied using molecular dynamics simulations,5th Pacific Rim Conference on Rheology(2010)
  14. Measurement of driving force of liquid crystalline actuators,5th Pacific Rim Conference on Rheology(2010)
  15. Development of liquid crystalline actuators,23rd International Liquid Crystal Conference(2010)
  16. Effect of molecular aspect ratio on dynamic responses of nematic liquid crystals under application of electric fields,23rd International Liquid Crystal Conference(2010)
  17. Molecular dynamics simulation of backflow generation in nematic liquid crystal between parallel plates,15th International Congress on Rheology(2008)
  18. Back-flow of nematic liquid crystals and its application to liquid crystalline microactuators,15th International Congress on Rheology(2008)
  19. On liquid crystalline microactuators,22nd International Liquid Crystal Conference(2008)
  20. Numerical simulation of azimuthal flow of nematic liquid crystal between concentric cylinders,22nd International Liquid Crystal Conference(2008)
  21. Liquid crystal motors and actuators using backflow effect in HAN cells,22nd International Liquid Crystal Conference(2008)
  22. A phase transition mechanism of liquid crystals reconsidered as a feedback system,22nd International Liquid Crystal Conference(2008)
  23. Numerical and experimental studies of liquid crystalline flows induced by annihilation of paired defects,5th Joint ASME/JSME Fluids Engineering Conference(2007)
  24. Effect of twist angle on back-flow profile in nematic cell,21st International Liquid Crystal Conference(2006)
  25. Numerical study on liquid crystalline actuators using back-flow effect,21st International Liquid Crystal Conference(2006)
  26. Development of micro-actuators driven by liquid crystals,21st International Liquid Crystal Conference(2006)
  27. Flow induced flexoelectric effect for tumbling nematic liquid crystals,21st International Liquid Crystal Conference(2006)
  28. Development of liquid crystalline micro actuators,1st International Symposium on Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs(2006)
  29. Effect of magnetic field on the molecular orientation of nematic liquid crystalline polymers under shear flows,MRS Fall Meeting(2004)
  30. Numerical simulation of nucleation and coarsening of nematic textures under shear flow,MRS Fall Meeting(2004)
  31. Flow characteristics of a liquid crystal mixture in the circular pipe electrodes,1st International Conference on Flow Dynamics(2004)
  32. Numerical analysis of back-flow effect and proposal of liquid crystalline actuators,14th International Congress on Rheology(2004)
  33. Numerical and experimental analysis on liquid crystalline micro actuators,20th International Liquid Crystal Conference(2004)
  34. Three dimensional simulations of nematic-isotropic phase transition under shear flows,20th International Liquid Crystal Conference(2004)
  35. Numerical simulation of nematic liquid crystalline flows between parallel plates under magnetic fields,ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting(2003)
  36. Numerical simulation of smectic C liquid crystalline flow between parallel plates,19th International liquid crystal conference(2002)
  37. Computational modeling of nematic texture networks under shear flow,MRS Fall Meeting(2001)
  38. Effect of shear flow on three dimensional nematic defect structures,3rd Pacific Rim Conference on Rheology(2001)
  39. On the capability of tensor type order parameters for nematic fluids,13th International Congress on Rheology(2000)
  40. Strain-induced chiral transitions of super-twisted nematic liquid crystals,MRS Fall Meeting(1998)
  41. Direct numerical dynamic simulation of nematic defect structures in rectilinear shear flow,70th Annual Meeting of the Society of Rheology(1998)
  42. Numerical simulation of nematic liquid crystalline flow between parallel plates under a magnetic field,8th National Conference on Rheology(1998)

主な特許

  1. 液晶流動を利用した高効率発電機構(特願2015-024007)
  2. 横電界式液晶流動形成機構および液晶流動を利用した横電界式物体移動機構(特許第6192049号)
  3. 変形可能な液晶移動体(特許第6145749号)
  4. 液晶を利用した変形可能なアクチュエータ(特許第6176613号)
  5. 液晶中の不純物除去方法と装置(特許第6029139号)
  6. 液体-液晶間相転移と液晶欠陥の相互作用による物体移動機構および物体移動方法(特許第5880999号)
  7. 液体-液晶間相転移を利用した物体選別機構および物体選別方法(特許第5846600号)
  8. 液晶を利用した物体移動機構(特許第5370972)
  9. 液晶を利用したソフトアクチュエータ(特許第5370971)
  10. Liquid crystal motor making use of flow of liquid crystal(US8,363,172 B2)
  11. 液体-液晶間相転移を利用した物体移動機構および物体移動方法(特許第4925479号)
  12. 分子配向の揃った分子配向部材およびその製造方法(特許第5207248)
  13. 多極型液晶モータ(特許第5126746)
  14. 液晶を利用した傾き検出装置(特許第5229813)
  15. 液晶流動を利用した液晶浸漬物体の移動制御機構(特許第5099809号)
  16. 液晶流動を利用した発電機構(特許第4997528号)
  17. 液晶を利用したトルク測定装置,トルクセンサおよびトルク測定方法(特許第4853849号)
  18. 液晶を利用した軸受(特許第4761203号)
  19. 液晶欠陥を利用した液晶流動形成機構および液晶流動形成方法,並びに,液晶流動を利用した物体移動機構および物体移動方法(特許第4701415号)
  20. 液晶の流動による液晶分子場歪み発生機構並びにこの機構を用いた速度・変位量センサ並びに歪み速度・歪み量センサ(特許第4803344号)
  21. 液晶の流動を利用したスイッチング・メモリ素子(特許第4621861号)
  22. 金型内高分子液晶流動解析装置,金型内高分子液晶流動解析方法及び金型内高分子液晶流動解析プログラム(特許第4630987号)
  23. Liquid crystal flow forming mechanism, method of forming same, and object moving mechanism using liquid crystal flow(US7,826,029 B2)
  24. Object rotating mechanism using liquid crystal flow(US7,324,182 B2)
  25. 液晶流動を用いた物体回転機構(特許第4273341号)
  26. 液晶流動形成機構, 液晶流動形成方法および液晶流動を用いた物体移動機構(特許第3586734号)
  27. 液晶流動の高効率形成機構, 液晶流動の高効率形成方法および液晶流動を用いた高効率物体移動機構(特許第4925468号)
  28. ハイブリッド液晶流動形成機構, ハイブリッド液晶流動形成方法および液晶流動を用いたハイブリッド物体移動機構(特許第5142142号)
  29. エネルギ貯蔵装置(特許第4984048号)
  30. 液晶流動を利用した液晶接触物体の移動制御機構(特許第5099810号)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
分担 液晶メカニズムに基づいた液晶発電システムの開発 基盤研究(C) 2009 - 2011 21560192
代表 液晶の圧電効果の評価と力学センサの開発 挑戦的萌芽研究 2009 - 2010 21651064
代表 先端医療機器の高度化を目的とした液晶駆動型超小型モータの開発 基盤研究(B) 2010 - 2012 22360081
代表 タンブリング液晶のせん断特性とマイクロ力学センサの開発 挑戦的萌芽研究 2011 - 2013 23651140
分担 発電機能を有する液晶流体軸受けの開発 基盤研究(C) 2012/04/01 - 2015/03/31 24560205
代表 液晶ドロップレットを用いた無定形マイクロアクチュエータの開発 基盤研究(B) 2013/04/01 - 2016/03/31 25289035
分担 流体力学的特性に優れた液晶材料の開発 基盤研究(C) 2015/04/01 - 2018/03/31 15K05803

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 日本流体力学会 理事(2019~2021)
  2. 日本機械学会 年次大会 オーガナイザー(2018~2019)
  3. 日本流体力学会 中四国・九州支部 幹事(2018~2020)
  4. 日本機械学会 流体工学部門 運営委員(2018~2020)
  5. 日本機械学会 中国四国支部支部長(2018~2019)
  6. 日本機械学会 年次大会 オーガナイザー(2017)
  7. 日本流体力学会 年会 オーガナイザー(2017)
  8. 日本機械学会 中国・四国支部 副支部長(2017~2018)
  9. 日本機械学会 会員部会委員(2017~2018)
  10. 日本流体力学会 代議員(2017~2019)
  11. 日本流体力学会 中四国・九州支部 支部長(2016~2018)
  12. 日本機械学会 年次大会ワークショップ「複雑流体の新展開」企画・司会(2016)
  13. 日本機械学会 計算力学部門運営委員(2015~2017)
  14. 日本混相流学会 シンポジウム実行委員長(2014~2015)
  15. 日本流体力学会 中四国・九州支部 副支部長(2014~2016)
  16. 日本機械学会 論文集特集号「複雑流体の流動現象」,アソシエイトエディター(2014)
  17. 日本機械学会 Journal of Fluid Science and Technology,編修委員(2014~2019)
  18. 日本機械学会中国四国支部 商議員(2014)
  19. 日本機械学会 代表会員(2013)
  20. 日本混相流学会 理事(2013~2015)
  21. 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員(2013~2015)
  22. 日本機械学会 「機械工学年鑑」執筆代表者(2011~2012)
  23. 日本混相流学会 評議員(2012~2015)
  24. 日本流体力学会中四国・九州支部 幹事(2012~2013)
  25. 日本流体力学会 実行委員会委員(2012)
  26. 日本機械学会 年次大会オーガナイザー(2012)
  27. 日本機械学会流体工学部門 複雑流体研究会主査(2011~2013)
  28. 日本機械学会 年次大会オーガナイザー(2011)
  29. 日本流体力学会 年会オーガナイザー(2011)
  30. AJK Joint Fluids Engineering Conference 国際会議座長(2011)
  31. AJK Joint Fluids Engineering Conference 国際会議セッションオーガナイザー(2011)
  32. 電磁力関連シンポジウム セッションオーガナイザー(2011)
  33. 日本機械学会中四国支部 商議員(2011~)
  34. 日本機械学会中四国支部 幹事(2011~)
  35. 日本流体力学会 代議員(2011~)
  36. 日本機械学会 流体工学部門運営委員(2011~2012)
  37. 日本機械学会 日本機械学会年次大会オーガナイザー(2010~)
  38. Pacific Rim Conference on Rheology 国際会議座長(2010~)
  39. Pacific Rim Conference on Rheology 国際会議セッションオーガナイザー(2010)
  40. 日本機械学会 評議員(2008~2010)
  41. 日本機械学会 中四国支部商議員(2008~)
  42. 日本機械学会 計算力学部門 運営委員(2007~2009)
  43. 日本液晶学会 編集委員(2006~2008)
  44. 日本機械学会 複雑流体研究会幹事(2006~2011)
  45. 日本流体力学会 中四国・九州支部幹事(2006~2007)
  46. 日本レオロジー学会 西日本支部幹事(2005~2007)
  47. 日本機械学会 バイオエンジニアリング部門 運営委員(2004~2006)
  48. 日本機械学会 流れの夢コンテスト実行委員長(2003~2004)
  49. 日本機械学会 流体工学部門 技術委員, 総務委員, 広報委員, 編集委員(2003~2004)

地域活動にかかわる委員など

  1. 高知県 高知県紙産業フォローアップ委員会 委員(2019~2020)
  2. 高知市 れんけいこうち広域都市圏ビジョン推進懇談会 委員(2018~2020)
  3. 高知市 高知広域連携中枢都市圏ビジョン策定懇談会委員(2016~2018)
  4. 高知県 高知県産業振興センター地域研究成果事業化支援事業審査員(2015~2017)
  5. 高知県 高知県産業振興センター評議員(2013~2017)
  6. 高知県 高知県紙産業フォローアップ委員会委員(2016~2018)
  7. 高知県 高知県紙産業の在り方検討会委員(2014~2016)
  8. 高知工業高等専門学校 参与(2013~2019)

一般講演など

  1. 液晶を使った小型駆動装置の開発,日本工学アカデミー(2011)

主な著書など

  1. アクチュエータ研究開発の最前線
    (第2編第2章第10節 液晶駆動型マイクロアクチュエータの開発),(株)エヌ・ティーエス,2011,ISBN 4-86043-386-4
  2. エース流体の力学,朝倉書店,1999