教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
furuta-hiroshi-2.jpg

古田 寛Hiroshi Furuta

教員略歴

学位 学士(理学)
修士(理学)
博士(理学)
学歴 大阪大学理学部物理学科 卒業(1994)
大阪大学大学院理学研究科物理学専攻博士前期課程 修了(1996)
大阪大学大学院理学研究科物理学専攻博士後期課程 修了(1999)
職歴 日本学術振興会特別研究員(DC2)(1998~1999)
日本学術振興会特別研究員(PD)(1999~2000)
株式会社イオン工学研究所研究員(2000)
財団法人ファインセラミックスセンター研究員(2000~2001)
NEDO産業技術者養成事業技術者(NEDOフェロー)(2001~2002)
(株)ロデールニッタ研究員(2002~2004)
JST 高知県地域結集型共同研究事業研究員(兼務)(2003~2007)
高知工科大学総合研究所極限プロセスデザイン研究センター講師(2004~2008)
高知工科大学ナノデバイス研究所講師(2008~2010)
高知工科大学システム工学群准教授(2011~2019)
高知工科大学システム工学群教授(2019~)
資格
専門分野 薄膜工学
ナノ材料
電子物性
応用光学・量子光工学
エネルギーデバイス(変換・蓄エネ)
メタマテリアル
研究室 名称 先進エネルギーナノ材料研究室
詳細 ナノスケール材料(ナノマテリアル)が持つ構造とサイズに起因する電子・光物性を利用したフォトニックメタマテリアルを研究し、高効率のエネルギーデバイスへの応用開発により、地域と世界のエネルギー諸問題の解決を目指す大きなテーマに取り組みます。
所属学会 応用物理学会
フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 (The Fullerens, Nanotubes and Graphene Research Society)
日本MRS / The Material Research Society of Japan(MRS-J)
ESR応用計測研究会
テラヘルツテクノロジーフォーラム
The Optical Society

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 コンピュータリテラシー / 電磁気・電場 / 電子物性基礎 / 光デバイス / システム工学基礎実験 / 電子・光システム工学実験2 / 企業見学 / 卒業研究
大学院 セミナー1 / セミナー2 / 特別セミナー1 / 特別セミナー2 / 特別研究 / 電子・光物性特論

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 カーボンナノチューブ材料・評価・応用技術
薄膜成膜・評価技術
低温絶縁膜・保護膜コーティング技術
現在の研究 カーボンナノチューブメタネットワークの基礎研究
科学研究費補助金(基盤研究C)研究課題20K05093 研究代表

カーボンナノチューブ熱メタマテリアル
科学研究費補助金(基盤研究C)研究課題17K06205 研究代表

カーボンナノチューブフォレスト構造体による光学応答メタマテリアルの実証
科学研究費補助金(基盤研究C)研究課題24560050 研究代表

カーボンナノチューブの光学デバイス応用
平成23年度池谷科学技術振興財団研究助成 助成No.0231019-A
平成23年度日本板硝子材料工学助成会研究助成

多段カーボンナノチューブ自立構造体の創製
H21池谷科学技術振興財団研究助成 単年度研究助成 助成No.0211081-A

カーボンナノチューブエミッタを用いた省エネ光源

低温絶縁膜・保護膜コーティング技術

次世代情報デバイス用薄膜ナノ技術の開発
高知県地域結集型共同研究事業/JST (期間:2003-2007)

メッセージ

結果出します! 

研究室 http://gecko.eng.kochi-tech.ac.jp
個人研究 http://hiroshifuruta.wordpress.com
メール furuta.hiroshi@kochi-tech.ac.jp

Facebook hiroshifuruta1
Twitter @hiroshifuruta

研究業績

主な受賞歴など

  • Outstanding Poster Paper Award, The 13th International Display Workshops (IDW)‘06: Low-Temperature Synthesis of SiO2 Insulator by ICP CVD Using Tetramethylsilane, H. Furuta, M. Furuta, T.Matsuda, T.Hiramatsu, T.Hirao, The 13th International Display Workshops (IDW) ’06(2006) International Display Workshop (IDW)
  • Selected paper for the issue of Virtual Journal of Nanoscale Science & Technology, vol.22, Issue 7. August 16, (2010)(2010) AIP and APS
  • Distinguished Contributed Paper Award, Society for Information Display (SID) 2006: High mobility top-gate ZnO-TFTs for AMLCDs, T.Hirao, M.Furuta, H.Furuta, T.Matsuda, T.Hiramatsu, H.Hokari, M.Yoshida, SID International Symposium (2006)(2006) The Society for Infomation Display (SID)
  • ベストペーパーアワード(共著者として受賞) 薄膜材料デバイス研究会:「ZnO薄膜蛍光体の形成とその発光中心導入過程」, 李 朝陽、松田 時宜、川原村 敏幸、W. Dapeng、古田 寛、古田 守、一ノ宮 敬治、中西 洋一郎、平尾 孝, 第7回薄膜材料デバイス研究会(2010)(2010) 薄膜材料デバイス研究会

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
プラズマを使った触媒生成による高密度カーボンナノチューブ(カーボンナノチューブフォレスト)生成とそのデバイス応用 古田 寛,圓井 太智,小路 紘史,Adam Michal Pander プラズマ・核融合学会誌,Vol.98,No.4,pp.153-157 2022
Oxidative Stress Pathways Linked to Apoptosis Induction by Low-Temperature Plasma Jet Activated Media in Bladder Cancer Cells: An In Vitro and In Vivo Study Hideo Fukuhara,Endre J. Szill,Jun-Seok Oh,Kawada Chiaki,Shinkuro Yamamoto,Atsuhi Kurabayashi,Mutsuo Furihata,Masayuki Tsuda,Hiroshi Furuta,Howard D. Lindsay,Robert D. Short,Akimitsu Hatta,Keiji Inoue Plasma,Vol.5,No.2,pp.233-246 2022
Fabrication of Self-Assembling Carbon Nanotube Forest Fishnet Metamaterials Adam Michal Pander,Takatsugu Onishi,Akimitsu Hatta,Hiroshi Furuta Nanomaterials,Vol.12,No.3,pp.464-1-464-14 2022
Formation of Thermally Stable, High-Areal-Density, and Small-Diameter Catalyst Nanoparticles via Intermittent Sputtering Deposition for the High-Density Growth of Carbon Nanotubes Hirofumi Koji,Yuji Kusumoto,Akimitsu Hatta,Hiroshi Furuta Nanomaterials,Vol.12,No.3,pp.365-1-365-11 2022
Study of self-organized structure in carbon nanotube forest by fractal dimension and lacunarity analysis Adam Michal Pander,Takatsugu Onishi,Akimitsu Hatta,Hiroshi Furuta Materials Characterization,Vol.160,p.110086 2020
Shape-dependent infrared reflectance properties of CNT forest metamaterial arrays Adam Michal Pander,Keisuke Takano,Akimitsu Hatta,Makoto Nakajima,Hiroshi Furuta Optics Express,Vol.28,No.1,pp.607-625 2020
Optical reflectance of patterned frost column-like CNT forest for metamaterial applications Hiroki Miyaji,Adam Pander,Keisuke Takano,Hideo Kohno,Akimitsu Hatta,Makoto Nakajima,Hiroshi Furuta Diamond and Related Materials,Vol.83,pp.196-203 2018
The influence of the inner structure of CNT forest metamaterials in the infrared regime Adam Pander,Keisuke Takano,Akimitsu Hatta,Makoto Nakajima,Hiroshi Furuta Diamond and Related Materials,Vol.80,pp.99-107 2017
FIB Secondary Etching Method for Fabrication of Fine CNT Forest Metamaterials Adam Michal Pander,HATTA Akimitsu,FURUTA Hiroshi Nano-Micro Letters,p.9:44 2017
Carbon nanotube (CNT) honeycomb cell area-dependent optical reflectance Udorn Junthorn,HATTA Akimitsu,FURUTA Hiroshi Nanomaterials,Vol.6,No.11,pp.202-1-202-10 2016
Electrical conductance behavior of thin Ni catalyst films during intermittent direct current magnetron sputtering Yuji Kusumoto,FURUTA, Hiroshi,Kazuki Sekiya,Hirofumi Koji,HATTA, Akimitsu J. Vac. Sci. Technol. A,Vol.32,pp.031502-1-031502-5 2014
Long Lifetime Emission from Screen Printing Carbon Nanotubes over 45,000 Hours at 1.27 mA/cm² with 10% Duty Ratio FURUTA, Hiroshi,KOJI, Hirofumi,KOMUKAI, Takuji,HATTA, Akimitsu Diamond and Related Materials,Vol.35,pp.29-35 2013
Increased CNT Growth Density with an Additional Thin Ni Layer on the Fe/Al Catalyst Film KOJI, Hirofumi,FURUTA, Hiroshi,SEKIYA, Kazuki,NITTA, Noriko,HARIGAI, Tooru,HATTA, Akimitsu Diamond and Related Materials 2013
Crystal Structure Analysis of Multiwalled Carbon Nanotube Forests by Newly Developed Cross-Sectional XRD Measurement H. Furuta,T. Kawaharamura,M. Furuta,K. Kawabata,T. Hirao,T. Komukai,K. Yoshihara,Y. Shimomoto,T. Oguchi Applied Physics Express,Vol.3,pp.105101-1-105101-3 2010
Simulation Study of the In-plane Type Triode Carbon Nanotube Emitter H. Furuta,K. Ishii,K. Okada,M. Furuta,T. Hirao Journal of Vacuum Science & Technology B,Vol.28,No.4,pp.878-881 2010
High-Density Short-Height Directly Grown CNT Patterned Emitter on Glass H. Furuta,T. Kawaharamura,K. Kawabata,M. Furuta,T. Matsuda,C. Li,T. Hirao e-Journal of Surface Science and Nanotechnology,Vol.8,pp.336-339 2010
SiO2 Insulator Film Synthesized at 100℃ using Tetramethylsilane by Inductively Coupled Plasma-Chemical Vapor Deposition H. Furuta,M. Furuta,T.Matsuda,T.Hiramatsu,T. Hirao Japanese Journal of Applied Physics,Vol.46,No.10,pp.L237-L240 2007
(解説記事)「産学官協力の場-高知工科大学 カーボンナノチューブ材料と応用」 古田 寛,古田 守,小向 拓治,青木 勝詔,平尾 孝 マテリアルインテグレーション,Vol.19,No.10,pp.17-30 2006
(解説記事)「非耐熱性基板用低温絶縁膜技術の開発」 古田 寛,古田 守,松田 時宜,平松 孝弘,平尾 孝 マテリアルインテグレーション,Vol.19,No.10,pp.31-33 2006
(博士論文)Application of ESR Imaging and Pattern Formation in Porous Silicon Hiroshi Furuta 大阪大学大学院理学研究科博士論文 (理学・物理学) 1999
Self-Organized Pattern Formation in Porous Silicon Using a Lattice Model with Quantum Confinement Effect H. Furuta,T. Matsuda,C. Yamanaka,M. Ikeya Journal of the Physical Society of Japan,Vol.68,pp.2218-2220 1999
Degradation of Photoluminescence and Electron Paramagnetic Defects in Naturally Oxidized or Oxygen-implanted Porous Silicon with Electron Spin Resonance Imaging H. Furuta,C. Yamanaka,M. Ikeya Japanese Journal of Applied Physics,Vol.37,pp.249-253 1998

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. [H2-PV23-21] Size and density control of Fe catalyst particles by interval sputtering method for the growth control of CNT forests,MRM2021 (Materials Research Meeting)(2021)
  2. カーボンナノチューブフォレスト熱メタマテリアルとSDGs適用への期待, Live配信セミナー:熱に関するメタマテリアルの原理,設計の効率化,応用,評価,技術情報協会(2021)
  3. Thermal properties of MWNT coatings for solar collector,The 61th Fullerenes-Nanotubes-Graphene General Symposium (FNTG61)(2021)
  4. Carbon Nanotube Metamaterials for the Future Energy Devices,Virtual Conference on Future of Science 2020, TIIM(2020)
  5. Shape-dependent infrared reflectance properties of CNT forest metamaterial arrays,光・量子ビーム科学合同シンポジウム2020(2020)
  6. "Nanocarbon metamaterials for optronics and energy devices",12th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials (ISPlasma2020) / 13th International Conference on Plasma-Nano Technology & Science (IC-PLANTS2020)(2020)
  7. Nano-carbon materials for energy and metamaterials applications,The 6th International Conference on Nano Science and Nanotechnology (ICNST2019)(2019)
  8. Nano carbon structures for Metamaterials,第28回日本MRS年次大会 国際セッション(2018)
  9. Optical Properties of Carbon Nanotube Forest Metamaterials,The 55th Fullerenes-Nanotubes-Graphene General Symposium (FNTG55)(2018)
  10. Reflectance of Carbon Nanotube Forest metamaterials,WONTON2018 (7th Workshop on Nanotube Optics and Nanospectroscopy)(2018)
  11. Shape Effects of CNT Forest Metamaterials on IR and THz Properties,JSAP-OSA Joint Symposia(2017)
  12. Size/shape effects of CNT forest metamaterials in optical and THz properties,International symposium on carbon nanotube in commemoration of its quarter-century anniversary (2016-CNT25)(2016)
  13. [15a-2D-2] Structure Dependence of CNT Forests on Optical and THz Properties,JSAP-OSA Joint Symposia 2015(2015)
  14. (Invited)Development of Carbon Nanotubes for Optical Applications,ICCE-23(2015)
  15. Optical and THz properties of carbon nanotube forests,NT15, The sixteenth International Conference on the Science and Application of Nanotubes(2015)
  16. (Invited)Magnetron sputtering deposition of catalyst nano-particles for the growth control of carbon nanotubes,IUMRS-ICA 2014(2014)
  17. Magnetron sputtering deposition of catalysts for the growth control of carbon nanotubes,ICRP-8/SPP-31(2014)
  18. Optical properties of vertically aligned CNT forests formed at various growth temperature,The 45th Fullerenes-Nanotubes-Graphene General Symposium(2013)
  19. カーボンナノチューブ成長制御と評価(招待講演),CVD研究会(2012)
  20. Crystal structure analysis of MWNT forests,The 43rd Fullerenes-Nanotubes-Graphene General Symposium(2012)
  21. Long Lifetime Emission from Screen Printing Carbon Nanotubes over 45,000hours at 1mA/cm2 with 10% Duty Ratio,the International Conference on Diamond and Carbon Materials(2012)
  22. High-density, Short-height Carbon Nanotube Forests: Approach to Optical Metamaterial,The 2nd Korea-Japan Metamaterials Forum,(2012)
  23. Stacked Self-standing Carbon Nanotube Forest Films utilizing Periodical Multi-layered (Fe/AlN)n Films,Nanotech Conference & EXPO, Techconnect WORLD(2012)
  24. カーボンナノチューブパターン化エミッタと電子放出デバイス応用,発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会(2011)
  25. 電子材料応用を目的とした基板成長CNTのXRD/Raman構造解析,応用物理学会(2010)
  26. Fabrication of Directly Grown Vertically Aligned CNT Pattern Emitter on Glass,International Display Workshop (IDW)(2008)

主な特許

  1. 多層CNT集合体評価手法(特願2010-094102,特開2011-215119,特許第5580102号)
  2. 電子放出素子(特願2009-47406,特開2010-205458,特許第5158809号)
  3. 半導体装置の製法(特願2006-258080,特開2008-78512,特許第5112668号)
  4. 絶縁膜の成膜方法(特願2006-258079,特開2008-78511,特許第5015534号)
  5. 半導体素子の製造方法(特願2004-259542,特開2006-80130,特許第4397764号)
  6. 薄膜トランジスタの製造方法(特願2004-179225,特開2006-5115,特許第4660124号)
  7. 薄膜及び成膜方法並びに該方法により得られる薄膜蛍光体(特開2011-021159)
  8. 酸化亜鉛半導体膜(特開2009-094535)
  9. 冷陰極電子源(特開2008-305767)
  10. 冷陰極電子源(特開2008-305769)
  11. 薄膜トランジスタ及びその製造方法(特開2006-005115)
  12. 電界放出型冷陰極およびその製造方法(特開2004-253201)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
代表 カーボンナノチューブフォレスト構造体による光学応答メタマテリアルの実証 基盤研究(C) 2012 - 2014 24560050
代表 カーボンナノチューブフォレスト熱メタマテリアル 基盤研究(C) 2017 - 2019 17K06205
代表 カーボンナノチューブメタネットワークの基礎研究 基盤研究(C) 2020 - 2022 (予定) 20K05093

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. micro, Microscale Materials Science Section, MDPI Editorial board member(2020~)
  2. International Association for Advancement of Science (IAAS) Executive committee member(2020~)
  3. 応用物理学会 応用物理学会中国四国支部幹事(2013~)
  4. MDPI: Nanomaterials Journal Topic Board: Topic Editor(2020~)
  5. 応用物理学会 中国四国支部 2019年度応用物理・物理系学会 中国四国支部合同学術講演会 実行委員(庶務)(2019~2020)
  6. 応用物理学会第35回プラズマプロセシング研究会 応用物理学会第35回プラズマプロセシング研究会 現地実行委員(2018~2019)
  7. 電気関係学会四国支部(電気学会 電子情報通信学会 情報処理学会 照明学会 映像情報メディア学会 計測自動制御学会 IEEE 電気設備学会) 平成27年度電気関係学会四国支部連合大会 プログラム編集委員(2015)
  8. 応用物理学会 応用物理学会中国四国支部 2010年支部学術講演会 プログラム委員(2010)

地域活動にかかわる委員など

  1. 高知工科大学 教員免許状更新講習 講師(2019)
  2. 高知工業高等専門学校 非常勤講師(物理)(2013~2015)

その他の社会活動など

  1. 書道部 大学書道部顧問

一般講演など

  1. 出張講義:追手前ゼミナール「ナノテクノロジーの進歩と未来展望」,高知県立高知追手前高等学校(2019)
  2. 「世界を変えるナノテクノロジー」,高知工科大学オープンキャンパス(2012)
  3. 「ナノテクノロジーで切りひらく省エネ社会」,高知工科大学オープンキャンパス(2011)

主な著書など

  1. 「メタマテリアルの設計、作製と新材料、デバイス開発への応用」(分担執筆)
    第6章 メタマテリアルのテラヘルツ波制御への応用 第8節 カーボンナノチューブの熱メタマテリアル応用,技術情報協会,2022,ISBN 978-4-86104-8
  2. カーボンナノチューブ~進む材料開発技術と今後の用途展開~, 第6章 プラズマ技術によるカーボンナノチューブの合成と応用,(株)情報機構,2002
  3. イオン工学ハンドブック(分担執筆) 「8.2.4 電子スピン共鳴(ESR)とESR画像計測による材料評価」,イオン工学研究所,2004,ISBN 9784526053801