教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
hoshino-yukinobu-1.jpg

星野 孝総Yukinobu Hoshino

教員略歴

学位 博士 (工学) 立命館大学(2002)
学歴 米国Westmar University College of Natural Science 卒業(1995)
立命館大学大学院理工学研究科 修了(1998)
立命館大学大学院理工学研究科 単位取得満期退学(2001)
職歴 立命館大学リサーチアシスタント(2000~2001)
立命館大学講師(2002~2006)
資格
専門分野 ソフトコンピューティング(Soft Computing)
System on a chip
知能システム(インテリジェントシステム)
ファジィ理論・ファジィシステム
FPGA設計
機械学習システム
画像処理システム
組み込みシステム
電子回路
RoboCup
研究室 名称 Soft Intelligent SoC 研究室
詳細 Fuzzy理論と機械学習システムのSoC化を研究しています。SoCは、コンピュータや他の電子システムのすべての構成要素をICチップに集積する集積回路技術の事です。ソフトコンピューティングは、Fuzzy理論をベースに人間の持つ経験的知識処理を研究する分野です。これらは産業機械において、多く実装されています。研究室では、今までの理論やシステムをSoCに向けシステムとして研究しています。それに、さらにもっと複雑なシステムへの応用が期待されています。
所属学会 IEEE
日本知能情報ファジィ学会
システム制御情報学会
計測自動制御学会
日本感性工学会
ヒューマンインタフェース学会
ゲーミング&シミュレーション学会
電子情報通信学会

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 プログラミング演習 / 電子・光システム工学実験2 / 卒業研究 / CAD・図学 / アルゴリズムとデータ構造 / 電子システム設計
大学院 セミナー1 / セミナー2 / 特別研究 / 特別セミナー1 / 特別セミナー2 / マイクロプロセッサ

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 人工知能
ロボット
知能システム(インテリジェントシステム)
ファジィシステム
感性工学
ヒューマンインタフェース
FPGA
進化計算
ニューラルネットワーク
自己組織化マップ
意思決定支援
現在の研究 マルチエージェントシステム

知的画像処理

知的制御システム

ロボカップサッカーシミュレーションリーグ

AIシステム(知能システム・ソフトコンピューティングシステム)

リアルタイム画像処理システム

意思決定支援システム

Soft Intelligent SoC

メッセージ

ホームページ http://www.ele.kochi-tech.ac.jp/hoshino/
星野研ホームページ http://www.lab.kochi-tech.ac.jp/future/

研究業績

主な受賞歴など

  • 第28回バイオメディカル・ファジィ・システム学会 年次大会 学生奨励賞(学生受賞) 発表タイトル:Development of an fNIRS System for BCI, Masayuki Kubo, Yukinobu Hoshino(2015) バイオメディカル・ファジィ・システム学会
  • 優秀発表賞 (学生受賞) 2011年度電気関係学会四国支部連合大会 発表タイトル:Experiment of foot control of KHR-2HV by using a motion capture system, Yuta Fukuoka, Yukinobu Hoshino(2012) IEEE四国支部
  • 2007学会賞技術賞 受賞 「SD法による心理計測および近赤外分光法による生理計測にもとづく打楽器音楽の感性評価」 亀井且有,青山美由夏,木下雄一朗,クーパー・エリック,星野孝総(2007) 日本感性工学会
  • 1998年7月~1999年3月立命館大学 南部陽一郎研究奨励生(1998)

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
Improved PSO Algorithm for Training of Neural Network in Co-design Architecture Tuan Linh Dang,Yukinobu Hoshino International Journal of Computer Applications,Vol.182,No.44 2019
A proposal of prior probability-oriented clustering in feature encoding strategies Yuki Shinomiya,Yukinobu Hoshino Plos One 2019
A Feature Encoding based on Low Space Complexity Codebook called Fuzzy Codebook for Image Recognition Yuki Shinomiya,Yukinobu Hoshino International Journal of Fuzzy Systems 2018
A Consideration of Effects of Different Numbers of Seconds in Spontaneous Time Production with fMRI Analysis Ryosuke Hayasaka,Keita Mitani,Yukinobu Hoshino HCI 2018: HCI International 2018 – Posters' Extended Abstracts,pp.354-360 2018
Verification for Commonality or Specificity of Brain Representations Related to the Different Evaluation Criteria Keita Mitani,Yukinobu Hoshino International Journal of Innovative Computing Information and Control,Vol.14,No.05,pp.1553-1582 2018
A Proposal of a Usability Scale System for Rehabilitation Games Based on the Cognitive Therapeutic Exercise Yukinobu Hoshino,Keita Mitani International Journal of Innovative Computing Information and Control,Vol.14,No.04,pp.1189-1205 2018
Wavelet Transform Analysis the Recognizing Brain Activities for Development the Palm-Size and Simplification Near-Infrared Spectroscopy Prototype System by Using Arduino Yukinobu Hoshino,Masayuki Kubo,Thang Cao Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,Vol.22,No.3,pp.306-315 2018
Hardware/Software Co-design for a Neural Network Trained by Particle Swarm Optimization Algorithm Dang Tuan Linh,Yukinobu Hoshino Neural Processing Letters 2018
A Quantitative Quality Measurement for Codebook in Feature Encoding Strategies Yuki Shinomiya,Yukinobu Hoshino Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,Vol.21,No.7,pp.1232-1239 2017
A PROPOSED PSOSEED2 ALGORITHM FOR TRAINING HARDWARE-BASED AND SOFTWARE-BASED NEURAL NETWORKS Dang Tuan Linh,Cao Thang,Yukinobu Hoshino International Journal of Innovative Computing, Information and Control,Vol.13,No.4,pp.1205-1219 2017
Evaluation of the Neural Network trained by the PSO with velocity control algorithm in the hybrid hardware-software architecture Dang Tuan Linh,HOSHINO Yukinobu,Cao Thang ICIC International Express Letters,Vol.11,No.3,pp.565-574 2017
Data pre-processing for a neural network trained by an improved particle swarm optimization algorithm Dang Tuan Linh,Cao Thang,HOSHINO Yukinobu International Journal of Computer Applications,Vol.154,No.1 2016
Simulation of Human Detection System using BRIEF and Neural Network Yuuto Yasuoka,Yuuki Shinomiya,HOSHINO Yukinobu Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,Vol.20,No.7 2016
BOLD信号による賦活状態識別のためのロジスティック関数を用いた差分進化法による識別器の最適化 星野 孝総,岡坂 翔,三谷 慶太 知能と情報,Vol.24,No.1 2016
ハノイの塔を用いた社会学習と固体学習差の検証実験 星野 孝総,三谷 慶太,三浦直樹,田邊宏樹,長井謙治 ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究,Vol.10,pp.117-118 2015
Bag of Features Based on Feature Distribution Using Fuzzy C-Means Yuki Shinomiya,Yukinobu Hoshino HCI 2014: HCI International 2014 - Posters’ Extended Abstracts,Vol.434,pp.546-550 2014
Development the Hand Color Detection System for Hand Gesture Front of the Face Yukinobu Hoshino,Hiroomi Okada,Keita Mitani HCI 2014: HCI International 2014 - Posters’ Extended Abstracts,Vol.434,pp.427-433 2014
Touch Screen Rehabilitation System Prototype Based on Cognitive Exercise Therapy Fuyuki Matsushima,Roberto Gorriz Vilar,Keita Mitani,Yukinobu Hoshino HCI 2014: HCI International 2014 - Posters’ Extended Abstracts,pp.361-365 2014
遺伝的アルゴリズムの看護師勤務表作成問題への適用と一考察 星野 孝総,安岡 優斗,服部 綾乃,四宮 友貴 高知工科大学紀要,Vol.11,No.1,pp.101-107 2014
Modeling Emotional Evaluation of Traditional Vietnamese Aodai Clothes Based on Computer Vision and Machine Learning Thang Cao,Hung T. Nguyen,Hien M. Nguyen,HOSHINO Yukinobu Industrial Applications of Affective Engineering,pp.111-112 2014
小型サーボモータの負荷応答速度を考慮したFPGAサーボコントローラの設計と評価 星野 孝総,岸 雅基 高知工科大学紀要,Vol.10,No.1,pp.121-128 2013
Motion Analysis for Stone-Knapping of the Skilled Levallois Technique Yukinobu Hoshino,Keita Mitani,Naoki Miura,Hiroki C. Tanabe,Kenji Nagai Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 2,pp.79-90 2013
ライントレースカーの二段ファジィ制御による速度制御と差分進化アルゴリズムによる加速制御器の最適化 星野 孝総,瀧本浩志 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌),Vol.25,No.3,pp.760-771 2013
人型ロボットの動作に関するイメージ印象調査 星野 孝総,木屋 亮 高知工科大学紀要 第9巻第1号, pp.77-84,Vol.9,No.1,pp.77-84 2012
差分進化アルゴリズムによるファジィ制御器の最適化 星野 孝総 高知工科大学紀要,Vol.8,No.1,pp.25-35 2011
Application of Co-Evolutionary System for Strategy Developments of Teams in the Same Generation to Team Match-Up Games J. Kushida,I. Nakaoka,K. Kamei,Y. Hoshino International Journal of Innovative Computing, Information and Control,Vol.5,No.12 2009
A Coevolutionary System for Strategy Development in Poker Games J. Kushida,I. Nakaoka,K. Kamei,N. Taniguchi,Y. Hoshino International Journal of Innovative Computing, Information and Control,Vol.4,No.12,pp.3259-3272 2008
Applying Fuzzy Logic and Neural Network to Rheumatism Treatment in Oriental Medicine Cao Thang,Eric W. Cooper,Yukinobu Hoshino,Katsuari Kamei Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,Vol.11,No.1,pp.4-10 2007
A PROPOSAL OF FUZZY CONTROL SYSTEMS FOR TRAILERS DRIVEN BY MULTIPLE MOTORS IN SIDE SLIPWAYS TO HAUL OUT SHIPS Nyan Win Aung,Eric W. Cooper,Yukinobu Hoshino,Katsuari Kamei International Journal of Innovative Computing, Information and Control,Vol.3,No.4 2007
Maintaining Individual Diversity by Fuzzy c-Means Selection Yoshiaki Sakakura,Noriyuki Taniguchi,Yukinobu Hoshino,Katsuari Kamei Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,Vol.11,No.8 2007
An Application of Soft Computlng to RETS: Rheumatic Evaluaton and Treatment System by Oriental Medicine Thang Cao,Eric W.Cooper,Yukinobu Hoshino,Katsuari Kamei,Hoang Phuong Nguyen Biomedical Soft Computing and Human Sciences,Vol.11,No.1,pp.7-13 2006
Kansei and colour harmony models for townscape evaluation Yuichiro Kinoshita,Eric W Cooper,Yukinobu Hoshino,Katsuari Kamei Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Part I: Journal of Systems and Control Engineering,Vol.220,No.8,pp.725-734 2006
A Proposed Model of Diagnosis and Prescription in Oriental Medicine Using RBF Neural Networks Cao Thang,Eric W. Cooper,Yukinobu Hoshino,Katsuari Kamei,Nguyen Hoang Phuong Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,Vol.10,No.4,pp.458-464 2006
SD法による心理計測および近赤外分光法による生理計測にもとづく打楽器音楽の感性評価 亀井 且有,青山 美由夏,木下 雄一朗,クーパー エリック,星野 孝総 感性工学研究論文集,Vol.6,No.4,pp.67-75 2006
SOMを用いたキャッシュ・フローにもとづく倒産予測手法の提案 中岡 伊織,谷 久壹朗,星野 孝総,亀井 且有 知能と情報,Vol.18,No.5,pp.777-786 2006
A Decision Support System for Rheumatic Evaluation and Treatment in Oriental Medicine Using Fuzzy Logic and Neural Network Cao Thang,Eric W. Cooper,Yukinobu Hoshino,Katsuari Kamei Modeling Decisions for Artificial Intelligence 2005
Maintenance of Building Blocks in GA Using Symbiotic Evolutionary Viruses Yoshiaki Sakakura,Noriyuki Taniguchi,Yukinobu Hoshino,Katsuari Kamei* Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,Vol.8,No.4,pp.421-425 2004
A Proposal of GA Using Symbiotic Evolutionary Viruses and Its Virus Evaluation Techniques Yoshiaki Sakakura,Noriyuki Taniguchi,Yukinobu Hoshino,Katsuari Kamei Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,Vol.8,No.4,pp.421-425 2004
Effective Use of Learning Knowledge by FEERL Yukinobu Hoshino,Katsuari Kamei Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,Vol.7,No.1,pp.6-9 2003
ファジィ環境評価ルールを用いた強化学習の提案とチェスへの応用 星野 孝総,亀井 且有 日本ファジィ学会誌,Vol.13,No.6,pp.626-632 2001
ファジィ環境評価型強化学習のLightsOutゲームへの応用と探索における迂回系列の回避 星野 孝総,亀井 且有 システム制御情報学会誌,Vol.14,No.8,pp.395-401 2001

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. Deeplearningを用いた農村における檻型猿捕獲システムの開発,四国オープンイノベーションワークショップ(主催:産総研四国センター)(2018)
  2. マクロファージ細胞の顕微鏡画像の解析ツール開発,平成29年度第1回 高知工科大学&高知大学医工連携交流会(2017)
  3. Hardware/Software co-design SoC-system for a Neural Network trained by Particle Swarm Optimization,2017 IEEE 10th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA)(2017)
  4. 小型カメラと SoCFPGA を用いた高速画像処理システム の開発とリアルタイム性の検討,第32回ファジィシステムシンポジウム(2016)
  5. 第 4 回研究大会ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:
    学習能力の進化に基づく実証的研究,科学研究費補助金「新学術領域研究」2010-2014(2011)
  6. ルヴァロア剥片製作における熟練行動の運動的特徴抽出
    Extracting kinematic features of skilled behavior on Levallois flake
    production,科学研究費補助金「新学術領域研究」2010-2014(2011)
  7. ハノイの塔を用いた社会学習と固体学習差の検証実験,交替劇(2015)
  8. 特別講演:学部生らに向けたファジィ理論の入門教育
    ~ファジィ学問塾の取組み~,日本知能情報ファジィ学会(2015)
  9. Unveiling the mysteries of the “black hole” in recruiting systems: connecting recruiters and job seekers like a jigsaw puzzle,AHFE2015 International(2015)
  10. fMRI experiment about executive function by difference of learning methods: Using Tower of Hanoi,RNMH 2014(2014)
  11. Touch Screen Rehabilitation System Prototype Based on Cognitive Exercise Therapy,HCI2014 International(2014)
  12. Development of the Hand Color Detection System for Hand Gesture Front of the Face,HCI2014 International(2014)
  13. Human computer interfaces for controlling robots and rehabilitation,Ai-Mast2014(2014)
  14. 反復ルヴァロワ方式の身体動作データ解析による生産性の検証,第 8 回研究大会 ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究(2013)
  15. Evaluation of Application Switcher Using the Initial Writing Operation,HCI International 2013(2013)
  16. A Proposal of Kansei Evaluation for Traditional Vietnamese Aodai Clothes based on Computer Vision,International Symposium on Affective Engineering 2013 (ISAE 2013)(2013)
  17. Motion Analysis for Stone-Knapping of the Skilled Levallois Technique,2012 Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning (RNMH 2012)(2012)
  18. 問題解決のための創造的適応的行動の選択に関与する神経基盤の解明,第 5 回研究大会 ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究(2012)
  19. Visibility Test of CG Model for RC Helicopter Control Skill Study Support System Using HMD,The 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI 2012)(2012)
  20. PSO training of the Neural Network application for a controller of the line tracing car,WCCI 2012 (FUZZ-IEEE 2012)(2012)
  21. 差分進化アルゴリズムによるファジィ制御器最適化とライントレースカー走行実験,進化計算シンポジウム2011(2011)
  22. 3次元身体動作解析データに基づく、旧人の石器製作における学習要素の推定,第 4 回研究大会 ネアンデルタールと サピエンス交替劇の真相: 学習能力の進化に基づく 実証的研究(2011)
  23. A Report The Difference Features Of A Multi-agent Using An Overlay Knowledge In The Fire Panic Problem,2011 IEEE International Conference on Fuzzy Systems (FUZZ-IEEE 2011)(2011)
  24. Development of PSO_VC for Training the Neural Network for a Real Line Tracing Car,The 2011 IFSA World Congress and the 2011 AFSS(2011)
  25. ルヴァロア剥片製作における熟練行動の運動的特徴抽出,ネアンデルタールとサピエンス交代劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究 第3回講演会(2011)
  26. Evaluating ideal combinations of Necktie and Yshirt by Selforganization Map for the coordination system,WCCI 2010 (FUZZ-IEEE 2010)(2010)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
分担 旧人・新人の学習行動に関する脳機能マップの作成 新学術領域研究(研究領域提案型) 2010/04/01 - 2015/03/31 22101007
代表 認知運動療法リハビリテーションのための空間操作システム開発 基盤研究(C) 2013/04/01 - 2016/03/31 25330240

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 日本知能情報ファジィ学会 第34回ファジィシステムシンポジウム実行委員(2018~2019)
  2. 日本知能情報ファジィ学会 会員データベース委員会 委員(2017~)
  3. 日本知能情報ファジィ学会 大会デザイン委員会 委員(2017~)
  4. 日本知能情報ファジィ学会 広報委員会 委員(2017~)
  5. 日本知能情報ファジィ学会 第33回ファジィシステムシンポジウム実行委員(2017~2018)
  6. 日本知能情報ファジィ学会 中国・四国支部 幹事(2016~2018)
  7. IDHF2016 General Chair(2016~2017)
  8. 日本知能情報ファジィ学会 第32回ファジィシステムシンポジウム実行委員(2016~2017)
  9. バイオメディカルファジィシステム学会 バイオメディカルファジィシステム学会 第29回年次大会 実行委員長(2016~2017)
  10. Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International SCIS&ISIS2016 International Relationship Committee Chairs(2016~2017)
  11. 電気関係学会四国支部連合大会(SJCIEE) SJCIEE 現地実行委員会(2015~2016)
  12. IEEE IEEE四国支部 Student Activities Chair(2015~2017)
  13. 計測自動制御学会 計測自動制御学会四国支部 四国支部評議員(2015~2016)
  14. 日本知能情報ファジィ学会 日本知能情報ファジィ学会 中国・四国支部 運営委員(四国地区)(2015~)
  15. Korean Institute of Intelligent Systems ISIS2015 International Relations Committee Chairs(2015~2016)
  16. 日本知能情報ファジィ学会 第31回ファジィシステムシンポジウム実行委員(電子システム担当)(2015~2016)
  17. SCIS&ISIS2014 Program Committee Vice-Chairs(2014~2015)
  18. IDHF2014 General Chair(2014)
  19. 日本知能情報ファジィ学会 第30回ファジィシステムシンポジウム実行委員長(2013~2014)
  20. IEEE 四国支部 Advised Chair, IEEE Kochi Student Group(2012~2014)
  21. 電気学会四国支部 総務企画幹事(2013~2015)
  22. 日本知能情報ファジィ学会 理事会(2013~2017)
  23. 日本知能情報ファジィ学会 評議員(2011~2013)
  24. 電気学会四国支部 協議員(2011~2012)
  25. 日本知能情報ファジィ学会 日本知能情報ファジィ学会人間共生システム研究会幹事(2010~)
  26. 日本知能情報ファジィ学会 日本知能情報ファジィ学会ソフトロボティックス研究会代表幹事(2009~)
  27. IEEE IEEE四国支部セクレタリ(2009~2012)
  28. 日本知能情報ファジィ学会 日本知能情報ファジィ学会論文編集委員(2005~2012)

一般講演など

  1. ブルーバード訪問教育 「くるくるハート 作成」,高知工科大学 地域教育支援(2018)
  2. ブルーバード訪問教育 「ペットボトル Xジャイロ 作成」,高知工科大学 地域教育支援(2018)
  3. ブルーバード訪問教育 「2足ロボットを作って、歩く動作を考えてみよう」,高知工科大学 地域教育支援(2018)
  4. ブルーバード訪問教育 「2足ロボットを作って、歩く動作を考えてみよう,高知工科大学地域教育支援(2018)
  5. ブルーバード訪問教育「釣り糸で光を曲げる!作って実験LED光ツリー」,高知工科大学地域教育支援(2018)
  6. AIを用いた害獣捕獲システム,第84期 高知市民の大学(2018)
  7. ワンデーサイエンスセミナー「電気と光と人の生活」,ワンデーサイエンスセミナー(2017)
  8. 親子理科教室~片地小学校~(CD-ROM光分光器の作成),高知工科大学(2017)
  9. ワンデーサイエンスセミナー「電気と光と人の生活」,土佐塾中学高等学校(2015)
  10. ブルーバード訪問教育「2足ロボットを作って、歩く動作を考えてみよう」,高知県立窪川高等学校(2016)
  11. ブルーバード訪問教育(くるくるハート 制作),片地小学校(2016)
  12. ブルーバード訪問教育(ペットボトル Xジャイロ 制作),鴨田小学校(2016)
  13. わくわく科学教室(ペットボトル Xジャイロ 制作),舟入小学校(2016)

主な著書など

  1. ChapterTitle: Modeling Emotional Evaluation of Traditional Vietnamese Aodai Clothes Based on Computer Vision and Machine Learning
    Book: Industrial Applications of Affective Engineering
    ,Springer,2014,ISBN 9783319047973
  2. ChapterTitle: Chapter 9 Motion Analysis for Stone Knapping of the Skilled Levallois Technique
    Book: Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 2,Springer,2014,ISBN 9784431545538