教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
kim-donghoon-1.jpg

金 東勲KIM Donghoon

  • 1978年生まれ 男性
  • 職位: 講師
  • 所属:
  • 経済・マネジメント学群
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 起業マネジメントコース

教員略歴

学位 博士(商学)
学歴 一橋大学大学院経営管理研究科商学研究科 経営・マネジメント専攻 修了(2018)
職歴
資格
専門分野 組織学、イノベーション
研究室 名称 チームダイナミクス研究室
詳細 企業という組織について研究します。その中でもミクロ組織を深掘りしていきます。チームプロセスに影響を与える要素を観察した上でそれらの要素がどのような影響を与え、どのような結果を生み出しているかを明らかにしていくことを目指しています。チーム活動は人々の活動の中で身近に経験できる活動です。その活動を理論的に接近し、その内容を分析していきます。
所属学会 組織学会

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 セミナーⅡ / リーダーシップ論 / 専攻セミナーI / 専攻セミナーII / セミナーⅠ / プロジェクト研究(マネジメント) / 経営システム特別講義 / 経営管理論 / 経営組織論 / 数理マネジメントセミナーⅠ
大学院

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

現在の研究

メッセージ

研究業績

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. Team familiarity and product quality: longitudinal analysis of Japanese sake brewing,American Association of Wine Economists(2022)
  2. Team Familiarity and Performance in Movie Industry,Asia Pacific Conference(2017)
  3. チームファミリアリティがパフォーマンスへ与える影響:映画産業を題材に,組織学会(2017)
  4. 親密なチームのパフォーマンスはどのようになるか,組織学会(2017)
  5. ゴジラとダースベイダーどちらが魅力的か,組織学会(2016)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
分担 経営資源の流動性とイノベーション 基盤研究(B) 2019 - 2023 (予定) 19H01518
分担 伝統産業における熟練とイノベーションの実証研究 基盤研究(B) 2020 - 2024 (予定) 20H01542

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動