教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
maeda-kazunori-1.jpg

前田 和範Kazunori Maeda

  • 男性
  • 職位: 助教
  • 所属: 経済・マネジメント学群

教員略歴

学位 修士(スポーツ科学)
学歴 兵庫県立大学経済学部国際経済学科 卒業(2008)
大阪体育大学大学院スポーツ科学研究科スポーツ科学専攻 修了(2013)
職歴
資格
専門分野 スポーツマネジメント
スポーツマーケティング
研究室 名称 スポーツマネジメント研究室
詳細 スポーツ組織が行う様々な活動が、地域コミュニティ形成にどのような影響を与え、いかに人々を豊かにするのか、といった、スポーツがもたらす社会的価値に関する研究を行っています。スポーツは、地域の課題解決においても重要な役割を果たす存在であると考えられており、スポーツ組織の適切なマネジメントが必要とされています。また、スポーツ消費者(実施者、観戦者、イベント参加者)の特性やニーズを解明することも、私の研究課題です。
所属学会 日本スポーツマネジメント学会
日本スポーツ産業学会
日本体育・スポーツ経営学会
日本体育学会
四国体育・スポーツ学会
ヨーロッパスポーツマネジメント学会

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 スポーツ経営学 / スポーツマーケティング / 専攻セミナーI / 専攻セミナーII / 競技スポーツ論 / プロジェクト研究(マネジメント) / スポーツと社会学 / スポーツ企業マネジメント / セミナーⅠ / セミナーⅡ
大学院

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 スポーツマネジメント
スポーツマーケティング
現在の研究 プロスポーツ組織の社会的価値マネジメントに関する研究
プロスポーツ組織のホームタウンに対するコミュニティ感覚に関する研究

メッセージ

研究業績

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
国際会議レポート 実践スポーツマネジメント学会 2018年度大会(Applied Sport Management Association Conference 2018) 前田 和範 スポーツマネジメント研究,Vol.10,No.1,pp.104-109 2018
地域スポーツリーグ観戦者の特性把握:高知ファイティングドッグスを事例に 住田 健,前田 和範,大沼 博靖,中西 健一郎 スポーツと人間 : 静岡産業大学論集,Vol.2,No.1,pp.89-99 2017
Social value of sports: focus on sports creating a sense of community - A case study on sports promotion in Japan MAEDA KAZUNORI,TOMIYAMA KOZO,SUMIDA KEN Macromarketing 2017 Conference Proceedings: Macromarketing Systems’ Contributions to Society: Past, Present and Potential,pp.359-382 2017
新規参入プロスポーツチームの観戦者特性 ーPush-Pull要因の視点からー 前田 和範,冨山 浩三,吉倉 秀和 生涯スポーツ学研究,Vol.9,No.1・2,pp.33-42 2013

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. Sports tourists’ experiential value and its effects on event satisfaction and behavioral intention: a case study of the Kochi Ryoma Marathon,Asian Association for Sport Management Conference 2019(2019)
  2. 第11回スチューデントセミナー「スポーツマネジメントの学び方」,日本スポーツマネジメント学会 第11回大会(2019)
  3. スポーツファンのアイデンティティプロセスに関する研究:チームアイデンティフィケーションと拡張された自己の検討(共同研究),日本スポーツマネジメント学会 第11回大会(2019)
  4. プロスポーツ組織における選手のホームタウンに対する態度変容:プロ野球独立リーグ所属選手のコミュニティ感覚に着目した縦断的研究,日本スポーツマネジメント学会 第11回大会(2019)
  5. An athlete's attitude toward his hometown: Professional baseball players' display of sense of community as a responsibility toward their hometowns,European Association for Sport Management Conference 2018(2018)
  6. スタジアム雰囲気がチーム・アイデンティティに及ぼす影響-プロ野球独立リーグ観戦者の事例-(共同研究),日本体育・スポーツ経営学会 第41回大会(2018)
  7. 学生アスリートが大学に対して抱くコミュニティ感覚に関する一考察,日本スポーツマネジメント学会 第10回大会(2018)
  8. Exploration and Conceptualization of a Sense of Community as Responsibility to the Hometown of Members of Professional Sports Organizations,Applied Sport Management Conference 2018(2018)
  9. Social value of sports: focus on sports creating a sense of community - A case study on sports promotion in Japan,Macromarketing 2017 Conference(2017)
  10. プロ野球独立リーグ観戦者のセンス・オブ・コミュニティに関する研究ーファンコミュニティにおけるチームアイデンティフィケーションとの関係に注目してー,日本スポーツマネジメント学会 第9回大会(2016)
  11. Two psychological avenues to shape of team identification: Sports fans belong to and own a team,SMAANZ(Sports Management Association of Australia and New Zealand)(2016)
  12. Characteristics of Spectators of Newly Formed Professional Sports Teams -Based on the Perspective of Push-Pull Factors-,European Association for Sport Management Conference 2012(2012)
  13. 新規プロチームの観戦者獲得戦略 −プロバスケットボールJBL2 の事例−,日本生涯スポーツ学会 第13回大会(2011)

代表的な設計・作品・調査など

  1. 平成30年度市町村における地域スポーツ等の現状・課題に関する調査・研究(2019)
  2. 高知龍馬マラソン2019満足度調査(2019)

社会貢献及び広報活動

地域活動にかかわる委員など

  1. 公益財団法人高知県体育協会 強化・普及委員会 副委員長(2018~2020)
  2. 高知県文化生活スポーツ部スポーツ課 高知県スポーツコミッション検討会 会長(2018~)
  3. 志国高知幕末維新博推進協議会 「志国高知幕末維新博関連企画・銅像めぐりサイクリングイベント」運営委託業務に関するプロポーザル審査委員会(2018)

その他の社会活動など

  1. 文化庁 「スポーツ文化ツーリズムアワード2018選考等事業」実施業務公募企画選定委員会委員(2018~2019)

一般講演など

  1. スポーツマネジメント「社会に求められるスポーツのあり方」,公益財団法人高知県スポーツ協会「高知ingアカデミー」(2019)
  2. Sport management -sport and community-,JICA四国 研修:野球指導者の人材育成(2019)
  3. JFAフットボールカンファレンス高知2019記念 川淵三郎氏講演会 2部「スポーツによるまちづくり」対談 コーディネーター,一般社団法人高知県サッカー協会(2019)
  4. Sport management -sport and community-,JICA四国 研修:野球指導者の人材育成(2018)
  5. スポーツマネジメントの視点からみる学校の運動部活動と地域スポーツ振興の今後,高知県教育委員会 平成30年度 高等学校及び特別支援学校体育主任・体育担当者会(2018)

主な著書など

  1. スポーツツーリズム概論,学術研究出版/ブックウェイ,2018,ISBN 9784865843675