教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
matsuzaki-kiminori-1.jpg

松崎 公紀Kiminori Matsuzaki

  • 1979年生まれ 男性
  • 職位: 教授
  • 所属:
  • 情報学群
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 情報システム工学コース
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 情報学コース

教員略歴

学位 博士 (情報理工学)
学歴 東京大学工学部計数工学科 卒業(2001)
東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻 修了(2003)
東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻 退学(2005)
職歴 東京大学大学院情報理工学系研究科助手(2005~2007)
東京大学大学院情報理工学系研究科助教(2007~2009)
資格
専門分野 並列プログラミング
アルゴリズム導出
関数プログラミング
ゲーム情報学
研究室 名称 高度プログラミング研究室
詳細 マルチコア/メニーコアCPUの普及と高度化により、計算機環境が複雑化しています。また、アプリケーション側も、ビッグデータに代表されるデータの巨大化と複雑化が課題となっています。これらの変化に対応していくためには、新しいプログラミング技術や手法が必要となります。本研究室では、高性能計算/ビッグデータ処理/人工知能などのさまざまな問題に対して、関数プログラミングの切り口から新しい高度なプログラミング手法を提案・実現します。
所属学会 日本ソフトウェア科学会
情報処理学会
ACM
IEEE

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 ソフトウェア工学 / 情報学群セミナー / プロジェクト研究1 / 卒業研究 / プロジェクト研究2 / プロジェクト研究3 / ソフトウェア工学演習 / 情報学群ガイダンス / 情報科学2 / 数値計算法 / オートマトンと形式言語 / 情報代数
大学院 特別研究 / 特別セミナー1 / 特別セミナー2 / 情報学先端セミナー1 / 情報学先端セミナー2 / Advanced lecture on Informatics1 / ビッグデータ数理モデル実験計画法

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 プログラムの並列化・最適化による高速化
ソフトウェア開発構成論
問題の数理的性質に基づくアルゴリズム・プログラミング開発
現在の研究 信頼性と開発効率を高める新しい並列プログラミング手法
(具体的には、スケルトン並列プログラミング、および、並列性忘却プログラミング)

ゲーム・パズルプログラミング

メッセージ

研究業績

主な受賞歴など

  • Best Paper Award: K. Matsuzaki and M. Teramura: Interpreting Neural-Network Players for Game 2048.(2018) 2018 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence (TAAI2018)
  • 山内奨励賞: 岡 和人, 松崎公紀. システム的選択によるN-tuple networks の "対戦型2048" への適用.第58回プログラミングシンポジウム.(2018)
  • 学会活動貢献賞(2015) 情報処理学会
  • 日本ソフトウェア科学会プログラミング論研究会PPL2008ワークショップ論文賞, 仕様記述言語に基づく最適経路問題の解法の導出, 森畑明昌, 松崎公紀, 胡振江, 武市正人(2008)
  • 情報処理学会CS領域奨励賞, リスト上の最大マーク付け問題を解く並列プログラムの導出(2008)

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
Interpreting Neural-Network Players for Game 2048 K. Matsuzaki,M. Teramura Proceedings of the 2018 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence,pp.136-141 2018
Empirical Analysis of PUCT Algorithm with Evaluation Functions of Different Quality K. Matsuzaki Proceedings of the 2018 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence,pp.142-147 2018
Parallelization of XPath Queries Using Modern XQuery Processors S. Sato,W. Hao,K. Matsuzaki New Trends in Databases and Information Systems - ADBS 2018 Short Papers and Workshops,pp.54-62 2018
Do Evaluation Functions Really Improve Monte-Carlo Tree Search? --- Empirical Analysis Using Othello --- K. Matsuzaki,N. Kitamura Proceedings of the 10th International Conference on Computers and Games 2018
Optimizing Declarative Parallel Distributed Graph PRocessing by Using Constraint Solvers A. Morihata,K. Emoto,K. Matsuzaki,Z. Hu,H. Iwasaki Proceedings of Fourteenth International Symposium on Functional and Logic Programming,pp.166-181 2018
Identification and Elimination of the Overhead of Accelerate with a Super-resolution Application I. Asakura,H. Masuhara,T. Matsumoto,K. Matsuzaki Journal of Information Processing,Vol.26,pp.48-53 2018
A Generator of Hadoop MapReduce Programs that Manipulate One-dimensional Arrays R. Miyazaki,K. Matsuzaki,Shigeyuki Sato Journal of Information Processing,Vol.25,pp.841-851 2017
Developing 2048 Player with Backward Temporal Coherence Learning and Restart K. Matsuzaki Proceedings of Fifteenth International Conference on Advances in Computer Games (ACG 2017),pp.176-187 2017
Efficient Implementation of Tree Skeletons on Distributed-Memory Parallel Computers K. Matsuzaki Scalable Computing: Practice and Experience,Vol.18,No.1,pp.17-34 2017
Efficient Parallel Tree Reductions on Distributed Memory Environments K. Kakehi,K. Matsuzaki,K. Emoto Scalable Computing: Practice and Experience,Vol.18,No.1,pp.1-15 2017
Keeping Control Away from Computation: A Computation Control Layer over the Vertex-centric Graph Processing Model O. Coll Ruiz,K. Matsuzaki Proceedings of 10th International Symposium on High-Level Parallel Programming and Applications (HLPP2017),pp.187-204 2017
Implementing Maximum Flow Algorithms on Spark GraphX T. Matsumoto,S. Sato,K. Matsuzaki Proceedings of 6th International Symposium on Frontier Technology (ISFT2017),pp.347-352 2017
Improving 2048 Player with Supervised Learning R. Fujita,K. Matsuzaki Proceedings of 6th International Symposium on Frontier Technology (ISFT2017),pp.353-357 2017
Experimential Analysis of Prefix-sums Implementations on Multicore Clusters F. Liao,K. Matsuzaki The 1st cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG 2017), Poster 2017
Evaluation of Libraries for Parallel Computing in Haskell -- A Case Study with a Super-resolution Application T. Matsumoto,K. Matsuzaki Journal of Information Processing 2017
Systematic Selection of N-tuple Networks with Consideration of Interinfluence for Game 2048 K. Matsuzaki Proceedings of the 2016 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence (TAAI 2016) 2016
Functional Models of Hadoop MapReduce with Application to Scan K. Matsuzaki International Journal of Parallel Programming 2016
s6raph: Vertex-centric Graph Processing Framework with Functional Interface O. Coll Ruiz,K. Matsuzaki,S. Sato Proceedings of the 5th ACM SIGPLAN Workshop on Functional High-Performance Computing (FHPC'16),pp.58-64 2016
Think Like a Vertex, Behave Like a Function! A Functional DSL for Vertex-centric Big Graph Processing K. Emoto,K. Matsuzaki,Z. Hu,A. Morihata,H. Iwasaki Proceedings of the 21th ACM SIGPLAN International Conference on Functional Programming (ICFP'16),pp.200-213 2016
A Partial-Tree-Based Approach for XPath Query on Large XML Trees W. Hao,K. Matsuzaki Journal of Information Processing,Vol.24,No.2,pp.425-438 2016
A Generic Implementation of Tree Skeletons S. Sato,K. Matsuzaki International Journal of Parallel Programming,Vol.44,No.3,pp.686-707 2016
Parallel Tree Accumulations on MapReduce K. Matsuzaki,R. Miyazaki International Journal of Parallel Programming,Vol.44,No.3,pp.466-485 2016
An Automatic Fusion Mechanism for Variable-Length List Skeletons in SkeTo K. Emoto,K. Matsuzaki International Journal of Parallel Programming,Vol.42,No.4,pp.546-563 2014
Parallel Tree Contraction with Fewer Types of Primitive Contraction Operations and Its Application to Trees of Unbounded Degree A. Morihata,K. Matsuzaki IPSJ Transaction on Programming,Vol.7,No.5,pp.1-9 2014
Dividing Huge XML Trees Using the m-bridge Technique over One-to-one Corresponding Binary Trees T. Kawamura,K. Matsuzaki IPSJ Transaction on Programming,Vol.7,No.3,pp.40-50 2014
Accumulative Computation on MapReduce Y. Liu,K. Emoto,K. Matsuzaki,Z. Hu IPSJ Transaction on Programming,Vol.7,No.1,pp.18-27 2014
木上のスケルトン並列プログラミングのための演算子生成器 佐藤 重幸,松崎 公紀 情報処理学会論文誌 プログラミング,Vol.6,No.4,pp.38-49 2013
Simultaneous Finite Automata: An Efficient Data-Parallel Model for Regular Expression Matching R. Sin'ya,K. Matsuzaki,M. Sassa Proceedings of 42nd International Conference on Parallel Processing (ICPP 2013),pp.220-229 2013
Programming with BSP Homomorphisms J. Legaux,Z. Hu,F. Loulergue,K. Matsuzaki,J. Tesson EuroPar 2013,pp.446-457 2013
正規表現マッチングの並列化とそのHadoopによる評価 松崎 公紀,江本 健斗,劉 雨 情報処理学会論文誌 プログラミング,Vol.4,No.4,pp.1-11 2011
領域限定言語に基づく最適経路問合せ 森畑 明昌,松崎 公紀,武市 正人 情報処理学会論文誌 プログラミング,Vol.4,No.2,pp.1-18 2011
Balanced Trees Inhabiting in Functional Parallel Programming A. Morihata,K. Matsuzaki Proceedings of 16th ACM SIGPLAN International Conference on Functional Programming (ICFP'11 ),pp.117-128 2011
Towards Systematic Parallel Programming over MapReduce Y. Liu,Z. Hu,K. Matsuzaki Proceedings of 17th International Euro-Par Conference (EuroPar 2011),pp.39-50 2011
A Practical Tree Contraction Algorithm for Parallel Skeletons on Trees of Unbounded Degree A. Morihata,K. Matsuzaki Proceedings of International Conference on Computational Science, (ICCS 2011),pp.7-16 2011
Implementing Fusion-Equipped Parallel Skeletons by Expression Templates K. Matsuzaki,K. Emoto Implementation and Application of Functional Languages, 21st International Symposium, IFL 2009: Revised Selected Papers,pp.72-89 2010
Lessons from Implementing the BiCGStab Method with SkeTo Library K. Matsuzaki,K. Emoto Proceedings of the 4th International Workshop on High-level Parallel Programming and Applications (HLPP 2010),pp.15-24 2010
Generators-of-generators Library with Optimization Capabilities in Fortress K. Emoto,Z. Hu,K. Kakehi,K. Matsuzaki,M. Takeichi Proceedings of the 16th International Euro-Par Conference (EuroPar 2010),pp.26-37 2010
Automatic Parallelization of Recursive Functions Using Quantifier Elimination A. Morihata,K. Matsuzaki Proceedings of the 10th International Symposium on Functional and Logic Programming (FLOPS2010),pp.321-336 2010
Systematic Development of Correct Bulk Synchronous Parallel Programs L. Gesbert,Z. Hu,F. Loulergue,K. Matsuzaki,J. Tesson Proceedings of the 11th International Conference on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies (PDCAT 2010) 2010
並列プログラムの候補生成と適合性検査による並列化 森畑 明昌,松崎 公紀,胡 振江,武市 正人 情報処理学会論文誌:プログラミング,Vol.2,No.2,pp.132-143 2009
The Third Homomorphism Theorem on Trees: Upward & Downward Leads to Divide-and-Conquer A. Morihata,K. Matsuzaki,Z. Hu,M. Takeichi Proceedings of the 36th Annual ACM SIGPLAN-SIGACT Symposium on Principles of Programming Languages (POPL2009),pp.177-185 2009
リスト上の最大マーク付け問題を解く並列プログラムの導出 松崎 公紀,胡 振江,武市 正人 情報処理学会論文誌:プログラミング,Vol.49,No.SIG 3 (PRO36),pp.16-27 2008
Write it Recursively: A Generic Framework for Optimal Path Queries A. Morihata,K. Matsuzaki,M. Takeichi, Proceedings of the 2008 ACM SIGPLAN International Conference on Functional Programming (ICFP2008),pp.169-178 2008
木スケルトンによるXPathクエリの並列化とその評価 野村 芳明,江本 健斗,松崎 公紀,胡 振江,武市 正人 コンピュータソフトウェア,Vol.24,No.3,pp.51-62 2007
Automatic Inversion Generates Divide-and-Conquer Parallel Programs K. Morita,A. Morihata,K. Matsuzaki,Z. Hu,M. Takeichi Proceedings of the ACM SIGPLAN 2007 Conference on Programming Language Design and Implementation (PLDI2007),pp.146-155 2007
Domain-Specific Optimization Strategy for Skeleton Programs K. Emoto,K. Matsuzaki,Z. Hu,M. Takeichi Proceedings of the 13th International Euro-Par Conference (EuroPar2007),pp.705-714 2007
Efficient Implementation of Tree Accumulations on Distributed-Memory Parallel Computers K. Matsuzaki Proceedings of the 4th International Workshop on Practical Aspects of High-level Parallel Programming (PAPP 2007),pp.609-616 2007
Efficient Parallel Tree Reductions on Distributed Memory Environments K. Kakehi,K. Matsuzaki,K. Emoto Proceedings of the 4th International Workshop on Practical Aspects of High-level Parallel Programming (PAPP 2007),pp.601-608 2007
Parallel Skeletons for Manipulating General Trees K. Matsuzaki,Z. Hu,M. Takeichi Parallel Computing,Vol.32,No.7-8,pp.590-603 2006
Towards Automatic Parallelization of Tree Reductions in Dynamic Programming K. Matsuzaki,Z. Hu,M. Takeichi Proceedings of the 18th Annual ACM Symposium on Parallelism in Algorithms and Architectures (SPAA 2006),pp.39-48 2006
Surrounding Theorem: Developing Parallel Programs for Matrix-Convolutions K. Emoto,K. Matsuzaki,Z. Hu,M. Takeichi Proceedings of the 12th International Euro-Par Conference (EuroPar 2006),pp.605-614 2006
A Library of Constructive Skeletons for Sequential Style of Parallel Programming K. Matsuzaki,K. Emoto,H. Iwasaki,Z. Hu Proceedings of the 1st International Conference on Scalable Information Systems (InfoScale 2006) 2006
Systematic Derivation of Tree Contraction Algorithms K. Matsuzaki,Z. Hu,K. Kakehi,M. Takeichi Parallel Processing Letters,Vol.15,No.3,pp.321-336 2005
最適化機構を持つC++並列スケルトンライブラリ 明石 良樹,松崎 公紀,岩崎 英哉,筧 一彦,胡 振江 コンピュータソフトウェア,Vol.22,No.3,pp.214-222 2005
A Fusion-Embedded Skeleton Library K. Matsuzaki,K. Kakehi,H. Iwasaki,Z. Hu,Y. Akashi Proceedings of the 10th International Euro-Par Conference (Euro-Par 2004),pp.644-653 2004
Parallelization with Tree Skeletons K. Matsuzaki,Z. Hu,M. Takeichi Proceedings of the 9th International Euro-Par Conference (Euro-Par 2003),pp.789-798 2003

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. (招待講演) スケルトン並列プログラミングからのソフトウェア自動チューニングへの期待 --- 並列スケルトンを用いたBiCGStab法アプリケーション実装のケーススタディを通じて ---,第3回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム(2011)
  2. (特別講演) Balanced Trees Inhabiting Functional Parallel Programming,日本ソフトウェア科学会第28回大会(2011)
  3. Implementation of the BiCGStab Method with the Parallel Skeleton Library SkeTo (Invited Talk),International Workshop on Information Technology 2010 (iwit 2010)(2010)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
代表 先進的言語機能によるスケルトン並列プログラミングの実用化に関する研究 若手研究(B) 2010 - 2012 22700037
代表 スケルトン並列プログラミング手法による高速・大規模脳情報処理の実現 基盤研究(C) 2013/04/01 - 2016/03/31 25330088
分担 大規模グラフ並列処理のための代数的構造に基づく理論基盤とプログラム開発基盤の構築 基盤研究(B) 2014/04/01 - 2018/03/31 26280020
代表 並列分散XMLクエリアルゴリズムおよびその断片化適応型ライブラリの実現 基盤研究(C) 2017/04/01 - 2020/03/31 (予定) 17K00108

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

競争的資金など

研究課題 事業名等 研究期間 受託先 担当教員
「日本一の健康長寿県構想」に資する高度脳画像クラウドの研究開発 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) 2015/04/01~2017/03/31 総務省四国総合通信局 岩田 誠、中原 潔、松崎 公紀
並列スケルトンを用いた並列プログラム開発に関する研究 戦略的国際科学技術協力推進事業(SICP) 2012/04/01~2014/03/31 (独)科学技術振興機構(JST) 松崎 公紀

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 第20回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ
    (PPL 2018)共同プログラム委員長(2018)
  2. 情報処理学会論文賞選定委員(2017~)
  3. 情報処理学会論文誌編集委員(2017~)
  4. 情報処理学会プログラミング研究会 幹事(2016~)
  5. 情報処理学会 プログラミング研究会論文誌 編集委員(2010~2014)
  6. 情報処理学会 プログラミング研究会 運営委員(2008~2017)
  7. 情報処理学会 学会誌編集委員 (2007~2011, FWG)(2011~2017)
  8. ACM ICPC プログラミングコンテスト審判(2010~)
  9. ACM ACM ICPC 2013 会津大会 審判長(2013)
  10. 情報処理学会四国支部 幹事(2016~)
  11. 情報処理学会 四国支部 評議員(2011~2013)
  12. IEEE四国支部 Membership Development Chair(2011~2012)
  13. 情報処理学会 代表会員(2010~2012)
  14. Steering Committee Member, International Symposia on High-Level Parallel Programming and Applications (HLPP)(2013~)
  15. 日本ソフトウェア科学会第33回大会 副プログラム委員長(2016~)
  16. 情報処理学会 情報処理学会 プログラミング・シンポジウム 幹事(2012~2016)
  17. 日本ソフトウェア科学会 プログラミング論研究会 PPL2010ワークショップ 実行委員長(2011)
  18. 情報処理学会 第72回全国大会 (50周年記念大会) 実行委員(2010)
  19. 文科省委員(入試関係)(2013~2015)

地域活動にかかわる委員など

  1. 高知県教育委員会 平成30年度高知県公立学校教員採用候補者選考審査筆記審査問題研究員(2017~)

一般講演など

  1. スーパーコンピュータを知ろう,高知工科大学 オープンキャンパス(2011)

主な著書など

  1. 世界標準MIT教科書 ストラング:線形代数イントロダクション,近代科学社,2015,ISBN 978-476490405
  2. アルゴリズムパズル—プログラマのための数学パズル入門,オライリージャパン,2014,ISBN 978-487311669
  3. エレガントな問題解決:柔軟な発想を引き出すセンスと技 (共著),オライリージャパン,2010
  4. 目指せ!プログラミング世界一:大学対抗プログラミングコンテストICPCへの挑戦 (共著),近代科学社,2009