教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
park-kaechang-1.jpg

朴 啓彰PARK, Kaechang

  • 職位: 客員教授
  • 所属:
  • 総合研究所
    地域連携機構

教員略歴

学位
学歴
職歴
資格
専門分野
研究室 名称
詳細
所属学会

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群
大学院

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

現在の研究

メッセージ

研究業績

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
代表 MRI による高齢者等の自動車運転挙動定量化解析と安全運転対策 挑戦的萌芽研究 2010 - 2011 22656114
代表 白質病変マッピングに基づく運転特性と高齢者等の個人対応型事故防止対策の基礎的検討 基盤研究(B) 2011/04/01 - 2014/03/31 23360227
分担 高齢者運転能力判断用ドライビングシミュレータの現実感の評価 挑戦的萌芽研究 2011 - 2012 23656161
代表 振動覚を利用した動的かつ方向性を有する警告情報提供手法の開発 挑戦的萌芽研究 2011 - 2013 23656322
代表 3 テスラMRI から探る白質病変ドライバの交通事故メカニズム 挑戦的萌芽研究 2012 - 2012 24656304
代表 超高齢社会における道路交通・警告情報提供の脳医学的側面を踏まえた基礎的研究 基盤研究(B) 2013/04/01 - 2016/03/31 25289167
分担 脳底部を標的にした磁気刺激法の基礎的研究 挑戦的萌芽研究 2013/04/01 - 2015/03/31 25560241
分担 脳底部を標的にした磁気刺激法の基礎的研究 挑戦的萌芽研究 2013/04/01 - 2015/03/31 25560241
分担 高齢ドライバーの加齢による脳機能変化と運転行動の関連に関する基礎的研究 基盤研究(B) 2014/04/01 - 2017/03/31 26285147
代表 脳MRIに基づく高齢ドライバーの危険運転予測法の開発 基盤研究(B) 2014/04/01 - 2017/03/31 26289177
分担 擬人観によって運転者の注意力維持を促す自動音声ガイダンスの設計手法の開発 挑戦的萌芽研究 2015/04/01 - 2017/03/31 15K14049
分担 超高齢社会における運転免許の有り方についての研究 挑戦的萌芽研究 2015/04/01 - 2018/03/31 15K14050
分担 空間知覚における多感覚統合過程の影響 基盤研究(C) 2016/04/01 - 2019/03/31 16K00211
代表 非侵襲性経頭蓋脳刺激による運転挙動への影響を探るための 基礎的検討 挑戦的萌芽研究 2016/04/01 - 2017/03/31 16K14322
分担 高齢ドライバーの生理的老化及び病的老化と運転行動の関係に関する基礎的研究 基盤研究(A) 2017/04/01 - 2021/03/31 (予定) 17H01011
代表 脳情報とパーソナリティに基づく自動運転想定下の危険場面回避に関する基礎的検討 基盤研究(B) 2017/04/01 - 2020/03/31 (予定) 17H03326
代表 大規模健常脳MRIデータベースを利用した3D映像酔いの脳内メカニズム解明 挑戦的研究(萌芽) 2017/06/30 - 2019/03/31 17K20013
分担 軽度認知障害が疑われる高齢ドライバーのための集学的リハビリテーションに関する研究 基盤研究(C) 2018/04/01 - 2021/03/31 (予定) 18K10684

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動