教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
takeuchi-akitoshi-1.jpg

竹内 彰敏Akitoshi Takeuchi

  • 1957年生まれ 男性
  • 職位: 教授
  • 所属:
  • システム工学群
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 知能機械システム工学コース

教員略歴

学位 博士 (工学)
学歴 日本大学大学院工学研究科博士後期課程機械工学専攻 単位取得満期退学(1986)
職歴 日本大学助手
日本大学専任講師
資格
専門分野 トライボロジー
非破壊検査
設計工学
研究室 名称 極限ナノプロセス・トライボロジー研究室
(超音波医・工活用研究)
詳細 超音波は現在、鋼のような硬い材料の欠陥から、人の臓器のような軟らかな物体の医療診断に広く利用されています。本研究室では、この超音波を、機械の潤滑状態の診断という新しい分野に適用することで、摩擦の少ない低燃費車の実現に向けた種々の技術を開発しています。また、生体の組織や齲蝕(むし歯)の硬さ、さらには表面の質感評価等、安全で安心な医療診断技術の向上への貢献を目指しています。
所属学会 日本機械学会
日本トライボロジー学会
日本設計工学会
日本非破壊検査協会
日本設備管理学会

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 卒業研究 / CAD・図学 / 機械加工学 / 工学概論 / CAE解析・設計 / 機械システムデザイン
大学院 セミナー1 / セミナー3 / 特別研究 / 機械材料加工学

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 トライボロジー (潤滑:機械工学的視点から)
現在の研究 接触センサ機能を付与した非破壊的連続硬さ測定法の開発

脳波解析に基づく触感覚の定量評価と感性解析

超音波支援型潤滑診断システムの構築

スリップ流れを利用した新しい軸受構造に関する研究開発

超音波利用によるナノ膜厚測定法の確立

メッセージ

当研究室では,主として,超音波法を活用した,次世代エンジンの高性能化支援やハブベアリングの知能化,医用センサの開発を軸とした,トライボロジー(潤滑工学)に関する研究を行っています.

研究業績

主な受賞歴など

  • 優秀発表賞 平成27年度春季研究発表講演会 (2015) 日本設計工学会
  • 日本設計工学会 功労賞(2011) 社団法人 日本設計工学会
  • 科学研究費補助金審査委員としての表彰(2010) 独立行政法人日本学術振興会
  • 優秀発表彰(2005) 日本設計工学会
  • 優秀発表彰(2000) 日本設計工学会
  • 研究奨励賞(1993) 日本機械学会賞
  • 論文賞(1993) 日本トライボロジー学会

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
超音波法によるハブベアリングに作用する力やモーメント測定の試み 竹内 彰敏 日本機械学会論文集,Vol.84,No.866,pp.1-16 2018
超音波生体指センサによる指荷重と表面性状評価の試み 竹内 彰敏 日本機械学会論文集,Vol.84,No.857,pp.1-13 2018
An attempt of measurement of load acting on hub-bearing using ultrasonic technique TAKEUCHI, Akitoshi Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing,Vol.8,No.1,pp.1-8 2014
Experimental Study on Water Lubrication Characteristics of Full-Flat Thrust Bearing with Partial Water-Repellent Surface TAKEUCHI, Akitoshi,Yukio Kitamura Journal of Advan ced Mechanical Design, Systems, and, Manufacturing,Vol.7,No.4,pp.594-607 2013
部分撥水処理を施した平坦なスラスト軸受の超音波膜厚測定 竹内 彰敏 日本機械学会論文集(C 編),Vol.79,No.802,pp.2164-2173 2013
転がり軸受面での潤滑油の供給不足と枯渇過程の超音波観測 竹内 彰敏 日本機械学会論文集(C 編),Vol.78,No.795,pp.3776-3786 2012
斜角超音波探触子法による深溝玉軸受の支持荷重測定の試み 竹内 彰敏 日本機械学会論文集(C 編),Vol.78,No.791,pp.2592-2603 2012
Detection of transferred materials and of flaws under glued steel sheet using tactile sensor TAKEUCHI, Akitoshi Sensors and Actuators A: Physical 2013
An Attempt to Evaluate Insufficient Supply of Oil in Ball Bearing with Ultrasonic Technique TAKEUCHI, Akitoshi Materials Transactons,Vol.53,No.2,pp.250-255 2012
部分撥水を施した平坦なスラスト軸受の水潤滑特性に関する実験的研究 TAKEUCHI, Akitoshi,Yukio Kitamura 日本機械学会論文集(C編),Vol.77,No.779,pp.2905-2915 2011
Investigation on Lubrication condition of Piston Pin in Real Engine Block with Ultrasonic Technique TAKEUCHI, Akitoshi Lubrication Science,Vol.23,pp.331-346 2011
部分穴埋め型多孔質スラスト軸受の水潤滑特性に関する実験的研究 竹内 彰敏 日本機械学会論文集(C編),Vol.77,No.775,pp.1133-1142 2011
超音波による多孔質すべり軸受の油膜厚さ測定(軸回転時の油膜厚さ測定) 矢壁正樹,大塚茂,宮近幸逸,小出隆夫,竹内彰敏,権田岳 設計工学 2011
Investigation of Water-Repellent Thrust Bearing Akitoshi Takeuchi Tribology Online 2010
Investigation of Water Repellent Thurust Bearing A.Takeuchi,S.Terada World Tribology Congress 2009 Kyoto Japan, CD.490 2009
An attempt to evaluate insufficient supply of oil in ball bearing with ultrasonic technique A.Takeuchi The 13th Asia-Pacific Conference on Non-Destructive Testing APCNDT2009, 90 2009
Observation of lubrication conditions using an ultrasonic technique A. Takeuchi Lubrication Science,Vol.21,No.10,pp.397-440 2009
Semi-quantitative Evaluation of Flaw Size in Ball Bearing with Ultrasonic Method Akitoshi Takeuchi 16th. International Colloqum Tribology,No.Jan. ,pp.15-17 2008
Obserration of trapped thin oil film behavior between ball and disc with using ultrasonic technique TAKEUCHI, Akitoshi 17th. Word conference on non-destructive testing,,pp.406 2008
Measurement of thin oil film thickness using ultrasonic technique Akitoshi Takeuchi,Seiichi Terada,So Toda Modern Physics LetterB,Vol.22,No.11,pp.1081-1085 2008
超音波診断のメカニズムと特徴, 今後の展望 竹内彰敏 潤滑経済,No.494,pp.19-23 2007
Measurement of thin oil film thickness with using ultrasonic technique Takeuchi, A.,Terada, S.,Toda, S. ANDE 2007 Advanced Nondestructive Evaluation,Vol.SP19 2007
Measurement of lubrication condition and oil film thickness with using ultrasonic technique Takeuchi, A.,Terada, S.,Toda, S. International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics '07,Vol.CD P42 2007
触覚センサの医療分野への応用 竹内 彰敏 溶接学会誌,Vol.75,No.4 2006
Diagnostic Technique of Abnormalities in Ball Bearings with an Ultrasonic Method Akitoshi Takeuchi 12th Asia-Pacific Conference on Non-Destructive Testing 2006
Semi-quantitative Evaluation of Flaw Size in Ball Bearing with Ultrasonic Method Akitoshi Takeuchi,Seiichi Terada,So Toda The 3rd Asia International Conference on Tribology,Vol.2 2006

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. 潤滑状態の簡易評価法の検討,一般社団法人 日本機械学会 RC274研究分科会(2018)
  2. Characteristics of ultrasonic and eddy current methods for lubrication evaluation in rolling bearing,The JSME International Conference on Motion and Power Transmissions(2017)
  3. 潤滑状態の簡易評価法の検討,一般社団法人 日本機械学会 RC274進歩的なパワートレインを支えるトライボロジー研究分科会(2017)
  4. Pressure Measurement of Partial Water-Repellent Thrust Bearing,International Tribology Conference, Tokyo 2015(2015)
  5. 撥水・親水処理による潤滑面からの気泡排出の可能性,日本設計工学会(2015)
  6. 部分撥水スラスト軸受の圧力測定,日本設計工学会四国支部(2015)
  7. Ultrasonic Echo Height Change in Hub Bearing under Braking,10th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics(2015)
  8. ハブベアリングに取り付けた超音波探触子で観測される制動時のエコー挙動,日本設計工学会四国支部(2015)
  9. An Attempt to Measure the Force and Moment Acting on Hub-bearing with Ultrasonic Technique,ATEM'15: International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2015(2015)
  10. An Attempt of Inhibition of Oil Film Rupture in Start Process of Sliding with the trapped oil film,International Tribology Conference, Tokyo 2015(2015)
  11. ハブベアリング設置型超音波探触子によるタイヤに作用する力の定量評価,日本設計工学会(2015)
  12. 球と平板の滑り出し過程におけるキャビティー発生状況の超音波観測,日本設計工学会四国支部(2015)
  13. モデル指を用いた超音波触感評価の試み,日本設計工学会四国支部(2013)
  14. ハブベアリング設置型超音波探触子によるタイヤに作用する力の定性評価,日本設計工学会(2013)
  15. ハブベアリングでの超音波荷重測定の一試み,日本設計工学会(2013)
  16. 部分撥水軸受の基本特性,日本機械学会中国四国支部第51期総会・講演会(2013)
  17. An Attempt of Measurement of Load Acting on Hub-bearing Using Ultrasonic Technique,8th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics(2013)
  18. 無限幅軸受理論によるスリップスラスト軸受の特性解析,日本設計工学会 四国支部(2012)
  19. 部分撥水型フラットスラスト軸受の超音波膜厚特性,日本設計工学会(2012)
  20. 転がり軸受面間での潤滑剤の供給不足と枯渇過程の超音波観測,日本設計工学会(2012)
  21. AN ATTEMPT OF EVALUATION ON OIL INSUFFICIENCY IN BALL BEARING WITH ULTRASONIC TECHNIQUE,5th Pacific-Asia Conference on Mechanical Engineering(2012)
  22. Detection of transferred materials and of flaws under glued steel sheet by tactile sensor,IWPMA 2012(2012)
  23. An Observation of Lubrication Condition in Ball Bearing after Running Out of Oil with Ultrasonic Technique,ITC HIROSHIMA 2011: International Tribology Conference Hiroshima 2011(2011)
  24. 触覚センサによる移着物ならびに鋼製シート接着面下の欠陥検出,日本設計工学会平成23年度(2011年)秋季大会研究発表講演会(2011)
  25. Observation of Lubrication Condition of Piston in Real Engine Block with Ultrasonic Technique,ATEM'11: International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2011(2011)
  26. 超音波法によるピストンの潤滑評価,日本設計工学会 平成23年度春季大会研究発表講演会(2011)
  27. Evaluation of Oil Insufficiency in Ball Bearing with Ultrasonic Technique,ICMDT 2011: The 4th. International Conference on Manufacturing,Machine Design and Tribology(2011)
  28. The 2nd International Conference on Design Engineering and Science (撥水スラスト軸受),(2010)
  29. The 2nd International Conference on Design Engineering and Science (ピストンピンの潤滑),(2010)
  30. 5th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics,,(2010)
  31. 日本設計工学会平成22年度秋季大会 研究発表講演会,(2010)
  32. 日本設計工学会平成22年度春季大会 研究発表講演会,(2010)

主な特許

  1. 軸受 (2018- 16690)
  2. 触覚センサ(2014-018726,5450745)
  3. 軸受にかかる垂直荷重および/または軸荷重の検出装置および検出方法(2013-022491,2014-153164,特許第5542221号)
  4. 触覚センサ
  5. 磁性流体を用いた軸受構造(特願2012-005271,特開2013-145010,特許第5439508号)
  6. 転がり軸受における潤滑状態観測方法(特願2009-024020,特開2010-181237,特許第5258607号)
  7. 触覚センシング方法(特願2010-129093,特開2011-257144,特許第5247762号)
  8. 軸受構造及び軸受部材の摺動面の形成方法 (2件)
  9. 超音波法による転がり軸受の潤滑診断システムに関する特許 (9件)
  10. 超音波法による薄膜測定技術 (6件)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
代表 潤滑面でのスリップ流れを利用した簡易な軸受構造 基盤研究(C) 2011 - 2013 23560168
代表 撥油・親油テクスチャリングと閉じ込め油膜による滑り出し過程での油膜破断抑制法 基盤研究(C) 2015/04/01 - 2018/03/31 15K05766
代表 撥水穴部に保持された気泡部での潤滑剤の滑りを利用したスリップスラスト軸受構造 基盤研究(C) 2018/04/01 - 2021/03/31 (予定) 18K03913

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

競争的資金など

研究課題 事業名等 研究期間 受託先 担当教員
省エネ軸受の安全・安心な運転を保証する超音波マルチ潤滑診断技術 研究成果最適展開支援プログラムファージリビリティスタディステージ探索タイプ 2015/01/01~2017/12/31 (独)科学技術振興機構(JST) 竹内 彰敏

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 日本設計工学会 日本設計工学会四国支部 商議員(2018~2019)
  2. 日本機械学会 日本機械学会機素潤滑設計部門
    中国四国機素潤滑設計技術研究会委員 (2015~2016)
  3. 日本機械学会 日本機械学会中国四国支部MD&T研究会委員(2015~2016)
  4. 日本機械学会 RC267:環境性能向上のためのパワートレイントライボロジー研究分科会委員(2015~2017)
  5. 設計工学,Vol.50, No.8  (日本設計工学会) モデル指による粗さ面性状の評価の試み(2015~)
  6. 日本設計工学会 平成26年度武藤栄次賞Valuable Publishing賞審査委員会委員(2015~)
  7. 日本機械学会 日本機械学会機素潤滑設計部門
    中国四国機素潤滑設計技術研究会 委員(2012~2013)
  8. 独立行政法人 日本学術振興会  「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」審査・評価部門会専門委員(2012~2013)
  9. 公益社団法人 日本設計工学会 武藤栄次賞 Valuable Publishing 賞審査委員会委員(2012)
  10. トライボロジー学会 International Tribology Conference
    ITC広島2011実行委員会委員(2011~2012)
  11. 独立行政法人 日本学術振興会  「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」審査・評価部門会専門委員(2011~2012)
  12. 社団法人 日本設計工学会 武藤栄次賞 Valuable Publishing 賞審査委員会委員(2011)
  13. 日本設計工学会 The 2nd International Conference on
    Design Engineering and Science
    JCDES2010実行委員会委員(2010~2011)
  14. 日本機械学会 日本機械学会機素潤滑設計部門
    中国四国機素潤滑設計技術研究会 委員(2010~2012)
  15. 日本設計工学会 日本設計工学会四国支部商議員(2010~2011)
  16. (社)日本トライボロジー学会 校閲委員会委員長(2008~)
  17. (社)日本トライボロジー学会 理事(2007~2008)
  18. 日本トライボロジー学会(潤滑経済) 国際トライボロジー会議広島2011(ITC Hiroshima 2011)の見どころ・聞きどころ,の記事執筆
  19. 社団法人 日本設計工学会 四国支部 日本設計工学会四国支部平成22年度研究発表講演会,座長
  20. Japanese Society of Tribology ITC HIROSHIMA 2011: International Tribology Conference Hiroshima 2011,座長(Technical session 16: Maintenance Tribology)
  21. Japanese Society of Tribologists ITC HIROSHIMA 2011: International Tribology Conference Hiroshima 2011,座長(Technical session 19:History and Education of Ttibology )
  22. 日本設計工学会 The 2nd International Conference on
    Design Engineering and Science
    JCDES2010:座長
  23. (社)コンピュータソフトウェア協会 CAD利用技術者試験センター本部、試験実施責任者 高知工科大学会場
  24. (社)日本非破壊検査協会 バイオメカニクス研究委員会 委員

地域活動にかかわる委員など

  1. 高知県立高知東工業高等学校 平成22年度開かれた学校づくり推進
    委員会委員(2010~2011)

その他の社会活動など

  1. JSTシーズ発掘試験研究 超撥水処理だけで実現できる新しい軸受構造(2009~2010)
  2. JSTシーズ発掘試験研究 壁面スリップ流れを積極的に利用した新しく簡便な軸受構造
  3. 地域研究開発促進拠点支援事業 「超音波を用いた転がり軸受の新しい潤滑診断技術」
  4. 共同研究、光洋精工株式会社「超音波による軸受転動体荷重計測」
  5. 地域コンソーシアム研究開発、NEDO「横断的メンテナンス技術の研究開発」

一般講演など

  1. 転がり軸受の超音波マルチ潤滑診断技術,JST推薦シーズ新技術説明会(2015)
  2. 摩擦と潤滑の話,
  3. 超音波で診る人や機械の健康状態,岡山県立井原高等学校(2011)
  4. 第9回評価・診断に関するシンポジウム 講師(2010/12/16~17),日本機械学会 日本トライボロジー学会 日本設備管理学会(2010)

主な著書など

  1. 新機械設計製図演習4渦巻ポンプ・歯車ポンプ・遠心ファン,オーム社,2007
  2. 機械工学便覧 デザイン編 β4 機械要素・トライボロジー,丸善,2005