教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
tanaka-seiji-1.jpg

田中 誠司Seiji Tanaka

  • 1965年生まれ 男性
  • 職位: 教授
  • 所属:
  • 環境理工学群
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 物質生命システム工学コース
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 生命科学コース
  • researchmap: https://researchmap.jp/setanaka

教員略歴

学位
学歴 神戸大学理学部生物学科 卒業(1988)
神戸大学大学院理学研究科 修了(1990)
神戸大学大学院自然科学研究科 修了(1993)
職歴 大阪大学 微生物病研究所助手(1994~2001)
日本学術振興会 特別研究員PD(1993~1994)
Research Fellow in Imperial Cancer Research Fund - Cancer Research UK(1999~2003)
日本学術振興会 海外特別研究員(1999~2001)
国立遺伝学研究所助手-助教(2003~2017)
高知工科大学 環境理工学群教授(2017~)
資格
専門分野 分子生物学
研究室 名称 細胞増殖制御研究室
詳細 細胞の増殖の制御は生命の最も基本的かつ重要な局面である。細胞が増殖するとき、その生物の設計図である染色体DNAは正確に複製・分配され、世代を超えて安定に維持されなくてはならず、この過程における異常は直接致死、あるいはがんなどの疾病につながる。当研究室では、細胞周期・染色体DNA複製の制御機構やゲノム安定維持機構の解明を目的として、主に真核細胞のモデル系である酵母を用いて研究を行っている。
所属学会 日本分子生物学会、 日本遺伝学会、 酵母遺伝学フォーラム.

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 細胞増殖制御の分子生物学 / インターンシップ / セミナー2(環境理工) / セミナー3(環境理工) / 環境遺伝学 / 細胞機能学 / 生物実験 / 卒業研究 / 分子生物学
大学院 セミナー1 / セミナー2 / セミナー3 / セミナー4 / 生命科学演習3 / 生命科学演習4 / 特別研究 / システム生物学 / 生命科学演習1 / 生命科学演習2

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 分子生物学・分子遺伝学一般、
特に、真核細胞の細胞増殖制御、染色体DNA複製、ゲノム安定維持機構
現在の研究 真核細胞の染色体DNA複製制御
ゲノムの安定維持機構
部位特異的遺伝子増幅
DNA複製とクロマチン制御
真核細胞において、染色体DNAは細胞分裂に先立ち、正確に倍化されなくてはなりません。これまでの研究で、われわれは、DNA複製が1回の細胞周期につき、一度しか起こらないように制御しているメカニズムや、DNA複製開始のメカニズムの解明に貢献してきました。これからもDNA複製の制御という視点から、生物が世代を超えてそのゲノムを安定に維持してゆく機構や、適切に細胞増殖をするメカニズムを明らかにしていきたいと考えています。
In eukaryotic cells, chromosomal DNA must be precisely duplicated prior to the cell division. In the previous studies, we have contributed to reveal the mechanisms to limit DNA replication once per cell cycle and to promote the initiation of DNA replication. Currently we are focusing to understand the mechanism for the stable genome maintenance over generations and how DNA replication is regulated properly during cell proliferation.

メッセージ

大学(大学院)時代は、人生において最も自由な時間です。学生の皆さんには、この期間に新しい挑戦やいろんな経験をして、視野をどんどん広げていってもらいたいと思います。

研究業績

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
Nucleosomes around a mismatched base pair are excluded via an Msh2-dependent reaction with the aid of SNF2 family ATPase Smarcad1 Riki Terui,Koji Nagao,Yoshitaka Kawasoe,Kanae Taki,Torahiko L. Higashi,Seiji Tanaka,Takuro Nakagawa,Chikashi Obuse,Hisao Masukata,Tatsuro S. Takahashi GENES & DEVELOPMENT,Vol.32,pp.806-821 2018
Pre‐initiation complex assembly functions as a molecular switch that splits the Mcm2‐7 double hexamer M Miyazawa‐Onami,H Araki,Seiji Tanaka EMBO reports,Vol.18,No.10,pp.1752-1761 2017
Two separate pathways regulate protein stability of ATM/ATR-related protein kinases Mec1 and Tel1 in budding yeast GH Goto,H Ogi,H Biswas,A Ghosh,Seiji Tanaka,K Sugimoto PLoS Genetics,Vol.13,No.8,pp.e1006873 2017
Chapetr 13. Role of CDK in Replication Initiation Seiji Tanaka,H Araki The Initiation of DNA Replication in Eukaryotes (Book, ISBN 978-3-319-24694-9),pp.263-278 2016
iAID: an improved auxin‐inducible degron system for the construction of a ‘tight’conditional mutant in the budding yeast Saccharomyces cerevisiae Seiji Tanaka,M Miyazawa‐Onami,T Iida,H Araki Yeast,Vol.32,No.8,pp.567-581 2015
Efficient initiation of DNA replication in eukaryotes requires Dpb11/TopBP1-GINS interaction Seiji Tanaka,Y Komeda,T Umemori,Y Kubota,H Takisawa,H Araki Molecular and Cellular Biology,Vol.33,No.13,pp.2614-2622 2013
Helicase activation and establishment of replication forks at chromosomal origins of replication Seiji Tanaka,H Araki Cold Spring Harbor perspectives in biology,Vol.5,No.12,pp.a010371 2013
Multiple regulatory mechanisms to inhibit untimely initiation of DNA replication are important for stable genome maintenance Seiji Tanaka,H Araki PLoS Genetics,Vol.7,No.6,pp.e1002136 2011
Origin association of Sld3, Sld7, and Cdc45 proteins is a key step for determination of origin-firing timing Seiji Tanaka,R Nakato,Y Katou,K Shirahige,H Araki Current Biology,Vol.21,No.24,pp.2055-2063 2011
CDK-dependent phosphorylation of Sld2 and Sld3 initiates DNA replication in budding yeast Seiji Tanaka,T Umemori,K Hirai,S Muramatsu,Y Kamimura,H Araki Nature,Vol.445,No.7125,pp.328-332 2007
Deregulated G1-cyclin expression induces genomic instability by preventing efficient pre-RC formation Seiji Tanaka,JFX Diffley Genes & Development,Vol.16,No.20,pp.2639-2649 2002
Interdependent nuclear accumulation of budding yeast Cdt1 and Mcm2-7 during G1 phase Seiji Tanaka,JFX Diffley Nature Cell Biology,Vol.4,No.3,pp.198-207 2002

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. Interaction between replication initiation factor Sld3 and histone acetyltransferase Esa1 promotes the activation of subset of replication origins in budding yeast,第41回日本分子生物学会年会(2018)
  2. Interaction between replication initiation factor Sld3 and histone acetyltransferase Esa1 promotes the activation of subset of replication origins in budding yeast,EMBO (European Molecular Biology Organization)(2018)
  3. Interaction between the replication initiation factor Sld3 and the histone acetyltransferase Esa1 promotes the activation of subset of replication origins in budding yeast,Cold Spring Harbor Laboratory Meeting: Eukaryotic DNA Replication & Genome Maintenance(2017)

社会貢献及び広報活動

主な著書など

  1. Role of CDK in Replication Initiation (chapter 13 in the book: The Initiation of DNA Replication in Eukaryotes),Springer International Publishing,2016,ISBN 978-3-319-246