教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
horisawa-sakae-2.jpg

堀澤 栄Sakae Horisawa

  • 1967年生まれ 女性
  • 職位: 教授
  • 所属:
  • 環境理工学群
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 物質生命システム工学コース
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 生命科学コース

教員略歴

学位 博士 (農学)
学歴 北海道大学農学部林産学科 卒業(1991)
職歴 三井ホーム (株) 入社(1991~)
北海道立林産試験場研究職員(1994~)
秋田県立大学木材高度加工研究所研究員(1996~)
同流動研究員(2000~)
資格
専門分野 森林資源科学
研究室 名称 森林資源学研究室
詳細 森林には豊富な生物資源が蓄積されており、環境親和性の高い方法で利用することで化石資源に依存しない循環型社会の形成に貢献できます。この観点では、森林に生息する微生物は有用な遺伝資源であると考えられます。本研究室では環境中の微生物の機能や生態を学び、資源変換に応用する技術の開発を目指します。
所属学会 日本農芸化学会
廃棄物学会
日本木材学会
微生物生態学会
木材保存協会
日本しろあり対策協会

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 生命科学 / セミナー2(環境理工) / セミナー3(環境理工) / 卒業研究 / 細胞生物学 / 生物実験 / 生物資源科学 / 植物生理
大学院 セミナー1 / セミナー2 / セミナー3 / セミナー4 / 特別研究 / 生物資源循環論 / 生命科学演習3 / 生命科学演習4 / 生命科学演習1 / 生命科学演習2

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 森林資源の利用
有機廃棄物の微生物処理および資源化
木材保存技術
現在の研究 1. 未利用生物資源の利用法開発、担子菌類を用いた資源変換
2. 生体分子を使った菌類の同定・検出技術の開発
3. 木材腐朽菌リグニン分解酵素の生産技術および利用技術の開発
4. 遺伝子を用いた環境中における真菌類の集団構造の解明
5. 抗菌材料の開発に関する研究

メッセージ

研究業績

主な受賞歴など

  • 日本木材学会奨励賞(2003) 日本木材学会

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
木材の腐朽発生メカニズムと腐朽リスクの現状 堀澤 栄 建築技術,Vol.829,No.2,pp.68-71 2019
空中浮遊菌と木造住宅における木材腐朽の発生 堀澤 栄 木材保存,Vol.44,No.3,pp.134-135 2018
Analysis of fungal diversity and community structure in decayed wood Sakae Horisawa,Koudai Hamaguchi Journal of the Forest Biomass Utilization Society,Vol.12,No.2 2017
Diversity and community structure of wood-inhabiting fungi found in Japanese wooden houses analyzed by the next-generation sequencing Sakae Horisawa,Makoto Yoshida,Kiwamu Umezawa,Tomoko Wada,Hisashi Abe,Shuichi Doi,Masahiro Samejima,Ikuo Momohara J Wood Sci,Vol.63,No.4,pp.369-378 2017
Evidence of Subterranean Termite Feeding Deterrent Produced by Brown Rot Fungus Fibroporia radiculosa (Peck) Parmasto 1968 (Polyporales, Fomitopsidaceae) Nadia Nuraniya Kamaluddin,Akiko Nakagawa-Izumi,Shota Nishizawa,Ayuko Fukunaga,Shuichi Doi,Tsuyoshi Yoshimura,HORISAWA Sakae Insects,Vol.7,No.3,pp.41-50 2016
Direct ethanol production from cellulosic materials by consolidated biological processing using the wood rot fungus Schizophyllum commune HORISAWA Sakae,Hiromasa Andou,ARIGA Osamu,Sakuma Yoh Bioresource Technology,Vol.197,pp.37-41 2015
腐朽した土台材中に存在する菌類の菌叢解析 和田朋子,中田裕治,吉田誠,五十嵐圭日子,鮫島正浩,堀澤 栄,土居修一,桃原郁夫 木材保存,Vol.39,No.6,pp.280-29 2013
Ethanol production from lignocellulosic material by white rot fungi Sakae Horisawa,Tatsuyoshi Nishida Journal of advances in clean energy,Vol.1,No.1,pp.71-76 2014
Identification and species-typing of wood rotting fungi using melting curve analysis Sakae Horisawa,Yoh Sakuma,Shuichi Doi J Wood Sci,Vol.59,No.5,pp.432-441 2013
木造建築物床したの換気と木材腐朽菌の侵入 土居修一,小岩俊行,堀澤 栄,吉村剛 しろあり,Vol.158,pp.1-7 2012
光合成色素の分離実験における海藻食品試料の開拓と実験時間の短縮への提案 内田英伸,堀澤 栄,岡田茂,横浜康継 生物教育,Vol.53,No.1, 2,pp.41-56 2012
環境技術開発を基盤とした持続可能な環境経営システムの構築に向けて 第4報 榎本惠一,松元信也,大濱 武,堀澤 栄,有賀 修,角 克宏,両角仁夫,井上喜雄,冨澤 治,那須 清吾,平野 真,草柳俊二,馬渕 泰 高知工科大学紀要,Vol.8,No.1,pp.73-79 2011
The effect of different foundation systems on the fungal flora in the crawl space of a new wooden Japanese house Aya Toyoumi,Sakae Horisawa,Tsuyoshi Yoshimura,Shuichi Doi,Yuji Imamira Building and Environment,Vol.45,No.4,pp.1054-1060 2010
環境技術開発を基盤とした持続可能な環境経営システムの構築に向けて 第3報 榎本惠一,堀澤 栄,有賀 修,松元信也,大濱 武,角 克宏,両角仁夫,井上喜雄,冨澤 治,那須清吾,平野 真,草柳俊二,馬渕 泰 高知工科大学紀要,Vol.7,No.1,pp.125-131 2010
環境技術開発を基盤とした持続可能な環境経営システムの構築に向けて 第2報 榎本惠一,冨澤 治,那須清吾,平野 真,角 克宏,両角仁夫,松元信也,井上喜雄,大濱 武,有賀 修,堀澤 栄,草柳俊二,馬渕 泰 高知工科大学紀要,Vol.6,No.1,pp.69-80 2009
Qualitative and quantitative PCR methods using species-specific primer for detection and identification of wood rot fungi Sakae Horisawa,Yoh Sakuma,Shuichi Doi J Wood Sci,Vol.55,pp.133-138 2009
環境技術開発を基盤とした持続可能な環境経営システムの構築に向けて 榎本惠一,那須清吾,冨澤 治,松元信也,井上喜雄,大濱 武,角 克宏,有賀 修,堀澤 栄,両角仁夫,平野 真,草柳俊二,馬渕 泰 高知工科大学紀要,Vol.5,No.1,pp.91-98 2008
Profiling of a microbial community under confined conditions in a fed-batch garbage decomposer by denaturing gradient gel electrophoresis Sakae Horisawa,Yoh Skuma,Yasunori Nakamura,Shuichi Doi Bioresource Technology,Vol.99,pp.3084-3093 2008
Detection of intra-and inter-species variation of the dry rot fungus Serpla lacrymaus by PCR-RFLP and RAPD analysis Sakae Horisawa,Yoh Sakuma,Katsuhiko Takata,Shuichi Doi J. Wood Sci.,Vol.50,pp.427-432 2004
Changes in surface propertirs of tropical wood species exposed to the Indonesian climate in relation to mold colonies Yanni Sudiyani,Sakae Horisawa,Keli Chen,Shuichi Doi,Yuji Imamura J. Wood Sci.,Vol.48,No.6,pp.542-547 2002
The Effect of Wood species on degradation rates and Bacterial Communities in a Small Scale Biodegradation System for Garbage Using Wood matrix Sakae Horisawa,Yoh Sakuma,Keli Chen,Shuichi Doi J. Wood Sci.,Vol.48,pp.232-236 2002
Succession of the Community of Dominant Growth-Bacteria in an Aerobic Biodegradation Machine for Garbage Which Uses a Wood matrix Sakae Horisawa,Yoh Sakuma,Yutaka Tamai,Shuichi Doi,Minoru Terazawa Eurasian Journal of Forest Res.,Vol.3,pp.11-22 2001
Effect of Environmental Temperature on a Small Scale Bio-degradation System for Organic Solid Waste Sakae Horisawa,Yoh Sakuma,Yutaka Tamai,Shuichi Doi,Minoru Terazawa J. Wood Sci,Vol.47,pp.154-158 2001
Effect of Moisture Content of Matrix on a Small Scale Bio-degradation System for Organic Solid Waste Sakae Horisawa,Yutaka Tamai,Yoh Sakuma,Shuichi Doi,Minoru Terazawa J. Wood Sci.,Vol.46,pp.317-321 2000

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. Bioethanol production from cellulosic material by consolidated biological processing using co-culture of wood-rot fungi.,INTERNATIONAL CONFERENCE ON MICROBIOLOGY & INFECTIOUS DISEASES(2018)
  2. 微生物環境に基づく 木材腐朽メカニズムを理解する,日本木材学会生物劣化研究会(2017)
  3. Community structure analysis of wood-inhabiting fungi by DNA based methods.,the International Union of Microbiological Societies (IUMS) 2017 Congress(2017)
  4. 環境気相中から侵入する木材腐朽菌相に住宅の換気方法が及ぼす影響,日本木材学会(2016)
  5. 回転培養による木材腐朽菌を用いたセルロース系バイオマスの並行複発酵,日本木材学会(2015)
  6. リグノセルロースを原料とするエタノール生産における
    スエヒロタケの発酵特性,第64回日本木材学会大会(2014)
  7. MALDI-TOF-MSを用いた糸状菌類のタイピングにおける種間および種内変異の検討,日本農芸化学会2014年度大会(2014)
  8. Analysis of fungal community structure constructed on decayed wood using next generation sequencer.,International mycological congress 2014(2014)
  9. Protein profiling using MALDI-TOF-MS for characterization and identification of basidiomycetes,International mycological congress 2014(2014)
  10. Production of bioethanol by the white-rot basidiomycetes Schizophyllum commune,International mycological congress 2014(2014)
  11. Characterization and identification of filamentous fungi using MALDI-TOF-MS,The 13th International Marine and Freshwater Mycology Symposium(2013)
  12. Ethanol production from lignocellulosic material by white rot fungi,International Conference & Exhibition on Clean Energy2013(2013)
  13. Analysis of fungal community structure in decayed wood by PCR-DGGE, clone library and metagenomic sequencing.,The 13th International Marine and Freshwater Mycology Symposium(2013)
  14. リグノセルロース原料からのエタノール製造における白色腐朽菌の利用,日本木材学会(2013)
  15. 環境中における腐朽木材中の糸状菌群集構造の解析,日本木材学会(2013)
  16. 木材腐朽菌種同定のためのDNA配列の種内変異,第62回に本木材学会大会(2012)
  17. 腐朽木材中の真菌類の群集構造解析,木材学会中四国支部研究発表会(2012)
  18. 白色腐朽菌によるリグノセルロースを原料としたエタノール発酵,木材学会中四国支部研究発表会(2012)
  19. エタノール発酵が可能な白色腐朽菌,日本木材学会中四国支部(2011)
  20. 木材の環境中における腐朽メカニズムの解析,日本木材学会中四国支部(2011)
  21. Use of ITS region and D1/D2 domain of nuclear rDNA as a two-locus DNA barcode for identification of wood rot fungi,International Union of Microbiological Societies 2011 Congress(2011)
  22. Dye degradation by white rot-fungi cultured on the supporting materials,International Union of Microbiological Societies 2011 Congress(2011)
  23. Development of rapid analysis tool for basidiomycetes community in decayed wood.,International Union of Microbiological Societies 2011 Congress(2011)
  24. Species identification of wood rot fungi according to a melting temperature of marker DNA fragment.,International Union of Microbiological Societies 2011 Congress(2011)
  25. Use of D1/D2 region in 28S rDNA as the barcode for wood rot fungi,XVIII International Botanical Congress(2011)

主な特許

  1. 木質廃棄物成形技術(特願2005-140770 )
  2. きのこ用菌床(特開平07-107853)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
分担 腐朽材に対するシロアリの摂食忌避行動の解明とその現象の利用の可能性 基盤研究(C) 2009 - 2011 21580200

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

競争的資金など

研究課題 事業名等 研究期間 受託先 担当教員
生分解性抗菌ナノ粒子を不織布加工技術と融合させた医療分野への商品開発および農業水産分野への新規抗菌技術開発 高知県産学官連携産業創出研究推進事業 2013/04/01~2014/03/31 高知県 榎本 惠一、大濱 武、有賀 修、堀澤 栄

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 日本木材学会 日本木材学会代議員(2017~2019)
  2. 京都大学生存圏研究所 京都大学生存圏研究所DOL/LSF全国国際共同利用専門委員(2018~2020)
  3. 日本木材学会 日本木材学会ダイバシティ推進委員(2017~2019)
  4. 日本農芸化学会中四国支部会 日本農芸化学会中四国支部会参与(2017~2019)
  5. 日本木材学会 日本木材学会ダイバーシティ推進委員(2015~2017)

地域活動にかかわる委員など

  1. 高知県水産振興部 高知県内水面漁業管理委員会委員(2016~2020)
  2. 高知県林業振興・環境部 高知県立甫喜ケ峰森林公園及び森林研修センター情報交流館指定管理者
    事業評価委員(2017~2018)
  3. 高知県林業振興・環境部 高知県森林環境保全基金運営委員会(2017~2019)
  4. 高知市環境部環境政策課 鏡川清流保全審議会委員(2017~2019)
  5. 高知県林業振興・環境部 高知県月見山こどもの森指定管理者審査委員会(2017~2018)
  6. 高知県林業環境政策課 高知県森林環境保全基金運営委員会(2015~2017)
  7. 高知県林業振興・環境部 高知県月見山こどもの森指定管理者審査委員(2014~2015)
  8. 高知県地球温暖化防止県民会議 高知県地球温暖化防止県民会議運営委員(2010)

一般講演など

  1. 木材腐朽菌について,

主な著書など

  1. コンサイス木材百科 (分担),1900
  2. High-Perfomance Utilization of Wood for Outdoor Uses (分担),1900