教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
ishitani-yasuto-1.jpg

石谷 康人Yasuto Ishitani

  • 男性
  • 職位: 准教授
  • 所属:
  • 経済・マネジメント学群
    マネジメント学部
    マネジメント学部 マネジメント学科
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 起業マネジメントコース

教員略歴

学位 博士(工学)
博士(技術経営)
学歴 明治大学工学部電気工学科 卒業(1988)
明治大学工学研究科電気工学専攻 修了(1990)
東京理科大学総合科学技術経営研究科技術経営専攻 修了(2009)
東京理科大学総合科学技術経営研究科イノベーション専攻 学位取得(2012)
職歴 株式会社東芝 総合研究所 情報システム研究所(1990~1996)
株式会社東芝 研究開発センター 研究第5部研究主務(1996~2000)
株式会社東芝 デジタルメディア社 コンピュータ&ネットワークセンター主務(2000)
株式会社東芝 研究開発センター 知識メディアラボラトリー研究主務(2000~2004)
株式会社東芝 研究開発センター 知識メディアラボラトリー主任研究員(2004~2007)
東芝ソリューション株式会社 IT技術研究所 ビジネスインテリジェンスラボラトリー参事(2007~2009)
株式会社東芝 ビジュアルプロダクツ社 コアテクノロジーセンター参事(2010~2011)
学校法人新潟総合学園 事業創造大学院大学 事業創造研究科准教授(2011~2014)
高知工科大学 マネジメント学部准教授(2014~)
資格
専門分野
研究室 名称 起業工学研究室
詳細 「起業工学」という概念は、本学名誉教授の加納剛太先生ならびに冨澤治先生によって創造され、定義されました。そうした起業工学では、アントレプレナーシップ(起業家・企業家精神)を分析するために、イノベーションの原点を事例から学び取り、自然科学と社会科学の融合的な研究を行います。本研究室では、地域の中小企業から産業までさまざまなタイプのアントレプレナーシップやイノベーションのメカニズムを解明します。
所属学会 Academy of Management
Institute of Electrical and Electronics Engineers(IEEE)
組織学会
日本ベンチャー学会
日本教育工学会
日本マネジメント学会
企業家研究フォーラム

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 イノベーション論 / 技術経営論 / プロジェクト研究(マネジメント) / コンピュータリテラシー / 専攻セミナーI / 専攻セミナーII / 起業論 / 経営学概論 / セミナーⅠ / セミナーⅡ
大学院 セミナー1 / セミナー2 / セミナー3 / セミナー4 / 特別研究 / 特別セミナー1 / 特別セミナー2 / 特別セミナー3 / 研究方法論 / 実践プロジェクト演習

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

現在の研究

メッセージ

研究業績

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
アイデンティティ駆動型のエフェクチュエーションからの持続的競争優位の確立 石谷 康人 高知工科大学紀要,Vol.16,No.1 2019
テクノロジー・アントレプレナーシップにおけるアイデンティティ形成と戦略実践の結びつき 石谷 康人 イノベーション・マネジメント,No.16,pp.103-120 2019
G. H. Mead の社会的自我論の拡張による組織的自我論の構築 石谷 康人 組織学会大会論文集,Vol.7,No.2,pp.221-226 2018
起業家的アイデンティティからの持続的競争優位の達成 ―山本貴金属地金株式会社の歯科用金属事業の事例研究― 石谷 康人 VENTURE REVIEW,No.32,pp.15-29 2018
持続的競争優位の源泉としての組織アイデンティティ ―中澤薬業株式会社の事例研究― 石谷 康人 VENTURE REVIEW,No.31,pp.76-80 2018
分権型ビジネスモデルを駆動する経営理念の浸透 石谷 康人 高知工科大学紀要,Vol.14,No.1,pp.167-182 2017
経営理念の浸透の循環プロセスモデル 石谷 康人,松村 一弘 高知工科大学紀要,Vol.13,No.1,pp.115-125 2016

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. 企業家と意思決定:株式会社技研製作所の事例研究,企業家研究フォーラム2019年度年次大会(2019)
  2. アイデンティティ形成と戦略実践のミクロレベルの相互作用,組織学会2019年度研究発表大会(2019)
  3. アイデンティティ形成と現場実践の相互作用がもたらす従業員の成長,日本マネジメント学会(2018年度)第2回関東部会(2019)
  4. Development of Organizational Capability from Entrepreneurial Identity,PICMET (Portland International Conference on Management of Engineering & Technology) 18(2018)
  5. G. H. Meadの社会的自我論の拡張による組織的自我論の構築,2018年度組織学会研究発表大会(2018)
  6. 企業家のアイデンティティ形成がもたらす組織成長への影響,企業家研究フォーラム2018年度第16回年次大会(2018)
  7. ARCSモデルに基づくワークシート法の評価,日本教育工学会 研究会(2017)
  8. Meadの社会的自我論の拡張による組織的自我論の構築と事例分析への応用,組織学会 九州支部例会(2017)
  9. 研究開発型中小企業の成長に及ぼす時代のコンテクストの影響,企業家研究フォーラム 2017年度年次大会(2017)
  10. 経営理念の浸透がもたらすビジネスモデルの徹底遂行 -株式会社一条工務店の事例分析-,2017年度組織学会研究発表大会(2017)
  11. インストラクショナルデザインに基づくワークシートの大学講義への導入,日本教育工学会 研究会(2016)
  12. 地域企業の圧倒的シェア獲得のメカニズム-中澤氏家薬業の事例分析-,『企業家研究フォーラム』2016年度年次大会(2016)

社会貢献及び広報活動