教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
nakahara-kiyoshi-1.jpg

中原 潔Kiyoshi Nakahara

  • 職位: 教授
  • 所属:
  • 情報学群
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 情報システム工学コース
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 情報学コース
    総合研究所 脳コミュニケーション研究センター
  • ホームページ: https://sites.google.com/view/nakahara-lab/home
  • researchmap: https://researchmap.jp/nhk

教員略歴

学位 博士(医学)
学歴 京都大学大学院医学研究科博士課程 単位取得満期退学(1997)
大阪大学大学院医学系研究科医科学修士 修了(1993)
京都大学工学部 卒業(1991)
職歴 高知工科大学情報学群教授(兼任)(2014~)
高知工科大学総合研究所教授(2013~)
新潟大学超域学術院准教授(2011~)
国立精神・神経センター室長(2006~)
JSTさきがけ研究者(併任)(2006~)
東京大学大学院医学系研究科・統合生理学講師(2006~)
東京大学大学院医学系研究科・統合生理学特任教員(2002~)
JST心表象プロジェクト研究員(1997~)
資格
専門分野 認知神経科学
神経生理学
分子生理学
脳機能イメージング
研究室 名称 認知神経科学研究室
詳細 心を生み出す脳の仕組みの解明は、科学における最大の課題の一つです。私たちは認知記憶を司る脳の仕組み、及び社会性や経済行動を生み出す脳の仕組みに注目した研究を進めています。ヒトの脳活動を計測する機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を主要な研究手法としています。
所属学会 日本神経科学学会
Society for Neuroscience
The Organization for Human Brain Mapping

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 脳情報学 / プロジェクト研究1 / プロジェクト研究2 / プロジェクト研究3 / 情報学群ガイダンス / 情報学群セミナー / 卒業研究
大学院 情報学先端セミナー1 / 情報学先端セミナー2 / 特別セミナー1 / 特別セミナー2 / 特別研究

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 脳科学、神経生理学
脳機能イメージング
分子生物学
現在の研究 高次認知機能の神経機構

メッセージ

主に脳機能イメージング(fMRI)によるヒトの脳科学研究を行っています。脳研究に興味を持つ学生の研究室参加を歓迎いたします。実験に被験者として参加する学生も募集しております。脳コミュニケーション研究センターの被験者募集メーリング・リストにぜひご登録下さい。

研究業績

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
Large-scale network integration in the human brain tracks temporal fluctuations in memory encoding performance. Ruedeerat Keerativittayayut,Ryuta Aoki,Taghizadeh Sarabi Mitra,Koji Jimura,Kiyoshi Nakahara eLife,Vol.doi: 10.7554/eLife.32696. 2018
Associative-memory representations emerge as shared spatial patterns of theta activity spanning the primate temporal cortex NAKAHARA Kiyoshi,ADACHI Ken,KAWASAKI Keisuke,MATSUO Takeshi,SAWAHATA Hirohito,MAJIMA Kei,TAKEDA Masaki,SUGIYAMA Sayaka,IIJIMA Atsuhiko,TANIGAWA Hisashi,SUZUKI Takafumi,KAMITANI Yukiyasu,HASEGAWA Isao Nature Communications,Vol.doi: 10.1038/ncomms11827 2016
Local and retrograde gene transfer into primate neuronal pathways via adeno-associated virus serotype 8 and 9. Masamizu Y.,Okada T.,Kawasaki K.,Ishibashi H.,Yuasa S.,Takeda S.,Hasegawa I.,Nakahara K. Neuroscience 2011
Exploring the neural basis of cognition: multi-modal links between human fMRI and macaque neurophysiology. NAKAHARA,Kiyoshi,Adachi Y.,Osada T.,Miyashita Y. Trends in Cognitive Sciences 2007
MRI-based localization of electrophysiological recording sites within the cerebral cortex at single-voxel accuracy. Matsui T.,Koyano KW.,Koyama M.,NAKAHARA,Kiyoshi,Takeda M.,Ohashi Y.,Naya Y.,Miyashita Y. Nature Methods 2007
Understanding intentions: Through the looking glass. NAKAHARA,Kiyoshi,Miyashita Y. Science 2005
Functional magnetic resonance imaging of macaque monkeys performing visually guided saccade tasks: Comparison of cortical eye fields with humans. Koyama M.,Hasegawa I.,Osada T.,Adachi Y.,NAKAHARA,Kiyoshi,Miyashita Y. Neuron 2004
Functional MRI of macaque monkeys performing a cognitive set-shifting task. NAKAHARA,Kiyoshi,Hayashi T.,Konishi S.,MIyashita Y. Science 2002
Top-down signal from prefrontal cortex in executive control of memory retrieval. Tomita H.,Ohbayashi M.,NAKAHARA,Kiyoshi,Hasegawa I.,Miyashita Y. Nature 1999
Transient activation of inferior prefrontal cortex during cognitive set shifting. Konishi S.,Nakajima K.,Uchida I.,Kameyama M.,NAKAHARA,Kiyoshi,Sekihara K.,Miyashita Y. Nature Neuroscience 1998

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. Dynamic integration of large-scale brain network predicts incidental memory encoding performance,Annual meeting of the organization for human brain mapping(2018)
  2. Feasibility of multiband EPI for detection of brain activation in the reward system,Neuroscience 2016(2016)
  3. Cortical theta waves associated with a visual long-term memory task in the monkey medial temporal lobe.,Neuroscience 2013(2013)
  4. 多点皮質脳波電極による霊長類側頭葉記憶システムの解析,高知大学大学院医学専攻DCセミナー(2013)
  5. Cross-frequency coupling of cortical oscillations during long-term memory retrieval in the monkey medial temporal lobe,日本神経科学学会(2013)
  6. Direct functional comparisons of human and monkey brains.,2nd Japanese-German Frontiers Science Symposium.(2005)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
分担 柔軟な記号認知と操作のトップダウン大脳制御-サルECoGから拓く比較認知脳科学 基盤研究(B) 2011/04/01 - 2014/03/31 23300150
代表 多点皮質電極記録による霊長類内側側頭葉における記憶想起機構の研究 基盤研究(B) 2013/04/01 - 2017/03/31 25282249
代表 側頭葉ガンマ波増強操作による記憶想起機能向上への可能性 挑戦的萌芽研究 2013/04/01 - 2016/03/31 25560433
分担 視覚からコミュニケーションへ:皮質脳波法で読み解く大脳神経回路の情報流 基盤研究(A) 2014/04/01 - 2017/03/31 26242088
分担 嚥下に関わる脳の神経制御機構のイメージング解析と脳の可塑性からみた嚥下障害治療 基盤研究(B) 2015/04/01 - 2018/03/31 15H04988
代表 脳活動パターン類似度解析による、ヒト全脳における記憶痕跡の探索 挑戦的萌芽研究 2015/04/01 - 2018/03/31 15K12777
代表 脳の通奏低音―認知・意識における自発的脳活動の機能解明 基盤研究(A) 2017/04/01 - 2021/03/31 (予定) 17H00891
代表 脳の時空間パターン刺激で記憶を再生する 挑戦的研究(開拓) 2017/06/30 - 2020/03/31 (予定) 17H06268
分担 遅延報酬の直接経験に基づく報酬獲得行動の形成機構 基盤研究(C) 2017/04/01 - 2020/03/31 (予定) 17K01989
分担 fMRIによる痙攣性発声障害の脳内イメージング解析と治療法開発への展開 基盤研究(C) 2017/04/01 - 2020/03/31 (予定) 17K11388

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

競争的資金など

研究課題 事業名等 研究期間 受託先 担当教員
「日本一の健康長寿県構想」に資する高度脳画像クラウドの研究開発 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) 2015/04/01~2018/03/31 総務省四国総合通信局 岩田 誠、中原 潔、松崎 公紀

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. Academic editor, Editorial board, PLOS ONE(2018~)
  2. Review editor, Editorial board, Frontiers in Human Neuroscience(2018~)
  3. 日本神経科学学会 第41回日本神経科学大会 シンポジウム「霊長類高次認知機能の解明に向けた脳機能イメージングの新展開」共同オーガナイザー(2018)
  4. ヒト脳イメージング研究会 ヒト脳イメージング研究会運営委員(2016~)
  5. 日本神経科学学会 第28回日本神経科学大会 執行幹事(2005)

一般講演など

  1. 放送大学面接授業「脳科学概論」,放送大学(2017)

主な著書など

  1. Visual Associative Memory. In: Squire L. R. (ed.) Encyclopedia of Neuroscience.,2008
  2. 「fMRIでヒトとサルの脳活動を比較する」科学, vol.74,岩波書店,2004