教員情報詳細

takagi-masataka-2.jpg

高木 方隆Masataka Takagi

  • 1962年生まれ 男性
  • 職位: 教授
  • 所属:
  • システム工学群
    大学院工学研究科 基盤工学専攻 社会システム工学コース
    地域連携機構

教員略歴

学位 農学博士
学歴 愛媛大学大学院連合農学研究科 修了(1990)
職歴 東京大学生産技術研究所第五部研究生
東京大学生産技術研究所第五部助手
資格
専門分野 国土情報処理工学
所属学会 日本写真測量学会
American Society for Photogrammetry and Remote Sensing
地理情報システム学会
日本測量協会
土木学会
農業農村工学会
地盤工学会
地すべり学会

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 測量学2 / 測量学1 / 測量実習 / 卒業研究 / 環境学5-環境リモートセンシングとGIS- / 工学概論 / 土質力学 / 防災システム計画 / 衛星リモートセンシング
大学院 国土情報処理工学 / 特別研究 / 特別セミナー1 / 特別セミナー2

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 リモートセンシングと地理情報システムの高次利用
現在の研究 リモートセンシングによる環境モニタリング

地理情報データの効率よい更新手法

研究業績

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
Estimation of adherent chloride ion amount on concrete surface for bridge maintenance by using GIS data and meteorological data Hirohide Komatsu,Shin Akatsuka,Masataka Takagi Internet Journal of Society for Social Management Systems,Vol.11,No.1,pp.101-111 2017
Construction method of voxel model and the application for Agro-Forestry Takumi Fujiwara,Masataka Takagi,Shin Akatsuka Internet Journal of Society for Social Management Systems,Vol.11,No.1,pp.112-121 2017
Mixed of Zero-inflation Method and Probability Distribution in Fitting Daily Rainfall Data Kwanchai Pakoksung,Masataka Takagi Engineering Journal,Vol.21,No.2,pp.64-80 2017
ミクセル解析を目的としたLandsat/OLIデータとMODISデータの重ね合わせにおける要求精度 高橋 勇太,高木 方隆 写真測量とリモートセンシング,Vol.55,No.6,pp.344-350 2017
基盤科学技術を用いた里山再生の必要性 高木 方隆 高知工科大学紀要,Vol.13,No.1,pp.31-35 2016
地球観測衛星画像解析における表明形状データの空間分解能についての検討 杉野 恭平,高木 方隆 写真測量とリモートセンシング,Vol.55,No.3,pp.191-199 2016
Effect of Satellite Based Rainfall Products on River Basin Responses of Runoff Simulation on Flood Event Pakoksung Kwanchai,TAKAGI Masataka Modeling Earth Systems and Environment,Vol.2,No.143 2016
Application of Unmanned Aerial Vehicle Measurement to Estimate Forest Biomass Ryousuke Kaneko,AKATSUKA SHIN,TAKAGI Masataka Internet Journal of Society for Social Management Systems,Vol.sms15,No.9021 2015
中山間地域の持続可能性評価-地理的要因による地域差の比較と考察- 村井 亮介,正岡 水月,高木 方隆 高知工科大学紀要,Vol.12,No.1,pp.53-63 2015
Digital Elevation Models on Accuracy Validation and Bias Correction in Vertical Pakoksung Kwanchai,TAKAGI Masataka Modeling Earth Systems and Environment 2015
AVNIR2画像を対象とした衛星画像シミュレーション 池澤 勇太,高木 方隆 応用測量論文集,Vol.24,pp.13-24 2013
Evaluation of Natural Environment using GIS for Important Plants Yuta Takahashi,TAKAGI, Masataka Internet Journal of Society for Social Management Systems,Vol.SMS13,No.6716 2014
Detecting Urbanization using Remotely Sensed Data for Evaluating Urban Planning Kyohei Sugino,TAKAGI, Masataka Internet Journal of Society for Social Management Systems,Vol.SMS13,No.1341 2014
Applications of LiDAR Measurement for Road Management Shinpei Akiyama,TAKAGI, Masataka Internet Journal of Society for Social Management Systems 2012
Preparation of Reference Dataset for Satellite Remote Sensing 池澤勇太,TAKAGI, Masataka Internet Journal of Society for Social Management Systems 2012
Land Cover Change Detection using Satellite Remote Sensing For Damaged Area Mapping TAKAGI, Masataka Journal of Society for Social Management Systems 2011
Landform Change Detection using Satellite Remote Sensing, TAKAGI, Masataka Journal of Society for Social Management Systems 2011
Development of LUPINES Database System for Local Useful Plant Inventory, , Vol. 2, 365-367, ICSW2011, Yangon, Myanmar. WATANABE, Takashi,OKAMURA, Kenji,TAKEDA, Fumiaki,TAKAGI, Masataka,Kyaw Sann Oo. Proceeding of the third international conference on science and engineering,No.2,pp.365-367 2011
Multispectral remotely sensed models for monitoring suspended sediment: A case study of Indus River, Pakistan (Accepted) Asif Mumtaz BHATTI,NASU, Seigo,TAKAGI, Masataka International Journal of Water Resources and Arid Environments,Vol.1,No.6 2011
高分解能衛星画像のためのベクトル図形基準点の精度検証 高木 方隆,國友達也・小島光博・石田圭佑 写真測量とリモートセンシング 2010
Image Matching for GCP Collection Using High Resolution Satellite Images 高木 方隆,Kyaw Sann OO Asian Journal of Geoinformatics 2010
“Evaluating the effectiveness and limitations of satellite-based optical sensors for monitoring water bodies” Asif M. Bhatti,M. Takagi,Seigo Nasu proceedings of International Geo-information Forum, Yokohama, Japan17-19 June, 2009. 2009
“Factors effecting remotely sensed signatures of surface waters: lab and field experiments” Asif M. Bhatti,Seigo Nasu,M. Takagi proceedings of International Geo-information Forum, 18-20 June, 2008, Yokohama, Japan. 2008
Possibility of Wide Area Monitoring of Slope Failure Disaster using PRISM: accuracy verification with geometric distortion Kakahiro NAKAGAWA,Masataka TAKAGI Proceedings of The First Joint PI Symposium of ALOS Data Nodes for ALOS Science Program in Kyoto, JAPAN, DIS15 2008
“Application of remotely sensed data for quantification of suspended sediment in turbid river water” Asif M. Bhatti,Seigo Nasu,M. Takagi proceedings of “3rd Int. Symposium on Geo-Information for Disaster Management", Toronto, Canada, 22-25 May 2007. 2007
“Effect of suspended sediment concentration on remote sensing reflectance and light penetration depth” Asif M. Bhatti,Seigo Nasu,M. Takagi proceedings of “15th Symposium of Global Environment”, Japan Society of Civil Engineering, Kochi, Japan, 2-3 August, 2007. 2007
ポリゴンの図心を基準点に用いた高精度幾何補正 宮田剛,Jong Hyeok JEONG,高木方隆 写真測量とリモートセンシング,Vol.46,No.3,pp.33-38 2007
Measurement Method of Landslide displacement with ground based portable laser scanner Tomoya SAKAI,Jong Hyeok JEONG,Masataka TAKAGI Proceedings of International Symposium on Management Systems for Disaster Prevention, JAPAN, Session B6 2006
人工衛星センサにおけるポインティングの変動に伴う変化抽出誤差の低減法 鄭鍾赫,高木方隆 写真測量とリモートセンシング,Vol.45,No.2,pp.16-23 2006
モンゴルの草原の土壌とASTERデータの比較, 写真測量とリモートセンシング 吉野敦雄,菊池有起,高木方隆,梶原康司,本多嘉明 2004
Acquisition Method of Ground Control Points for High Resolution Satellite Imagery Takae KADOTA,Masataka TAKAGI Proceedings of the 23rd Asian Conference on Remotge Sensing, Kathmoandu,No.173 2002
"Vegetation Mapping using Remote Sensing Data in Indo-Chinese Peninsula ", Toward Global Planning of Sustainable Use of The Earth-Development of Global Eco-Engineering S. Murai (editor),Masataka Takagi,Shunji Murai,Yoshiaki Honda Elsevir Science B.V.,pp.441-444 1995
DTM及び衛星データを用いた地すべり危険地域の抽出 高木方隆,村井俊治 地すべり学会誌,Vol.30,No.4,pp.28-35 1994
愛媛県における地すべり地域の地表勾配 高木方隆,中村忠春,宮内定基 地すべり学会誌,Vol.26,No.4,pp.29-36 1989

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. 地域における測量技術者のこれからの役割,測量の日記念講演会(2017)
  2. フィールドサイエンスと里山再生,日本リモートセンシング研究会(2017)
  3. データフュージョンによる新緑・紅葉マップの作成,地球環境観測ミッション合同PIワークショップ(2018)
  4. 土地被覆マップ作成における検証のためのボクセルモデル,地球環境観測ミッション合同PIワークショップ(2017)
  5. 地理情報システムを用いた里山プロジェクト,地理空間情報の活用に関する協議会(2016)
  6. 小字情報を用いた土地利用計画,平成27年度地理空間情報の活用に関する高知地域連携協議会(2015)
  7. Mapping Tender Green and Autumn Color by Satellite Data Fusion,地球環境観測ミッション合同PIワークショップ(2016)
  8. 高知県の地域防災力の向上を目指して,四国災害アーカイブス記念講演会(2014)
  9. Mapping Tender Green and Autumn Color by Satellite Data Fusion,地球環境観測ミッション合同PIワークショップ(2015)
  10. 衛星リモートセンシングの利用高度化に向けた取り組み,日本宇宙フォーラム(2013)
  11. 救荒植物(災害時食糧備蓄となる植物)栽培適地評価システムと森林資源をリアルタイムに公開する地域基盤情報システムの研究開発,ICTイノベーションフォーラム(2013)
  12. 高知工科大学における公共機関発行GISデータ活用事例,基盤地図情報の整備活用に関する高知地域連携協議会(2013)
  13. Mapping Tender Green and Autumn Color by Satellite Data Fusion,地球環境観測ミッション合同PIワークショップ(2014)
  14. Mapping Tender Green and Autumn Color by Satellite Data Fusion,地球環境観測ミッション合同PIワークショップ(2013)
  15. GISを活用したBusiness Continuity Plan,基盤地図情報の整備活用に関する高知地域連携協議会(2013)
  16. 衛星画像による三次元計測の必要性,ALOS 3 ワークショップ(2012)
  17. Mapping Tender Green and Autumn Color by Satellite Data Fusion,地球環境観測ミッションPIワークショップ(2012)
  18. 衛星画像を用いた変化抽出における課題,ALOS-3 ワークショップ(2011)
  19. 四国におけるリモートセンシングとGISに関する取り組み,日本写真測量学会関西支部総会(2011)
  20. 高知GISデータハウス構想の経験から,四国GISシンポジウム(2011)
  21. Development of LUPINES Database System for Local Useful Plant Inventory, , Vol. 2, 365-367, ICSW2011, Yangon,Myanmar.,ICSW2011(2011)
  22. 地球環境観測ミッション合同PIワークショップ,(2010)
  23. ALOS symposium,(2010)
  24. 生研フォーラム,(2010)

科学研究費

CiNiiは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
分担 適切な1.5車線的道路整備推進のための走行安全性および円滑性評価手法の構築 基盤研究(B) 2009 - 2011 21360248
分担 地理情報システム利用によるレアプランツのインベントリーと有用性・安全性の評価 基盤研究(A) 2013/10/21 - 2018/03/31 25242013
代表 新アグロフォレストリーのための森林・有用植物資源の賦存量の評価・予測モデルの構築 基盤研究(B) 2014/04/01 - 2017/03/31 26281063
代表 アグロフォレストリーのための統合ボクセルモデルの構築 基盤研究(B) 2017/04/01 - 2020/03/31 (予定) 17H01933
分担 里山環境の人為的遷移の歴史分析ならびに野外実験にもとづく新里山創成 基盤研究(C) 2017/04/01 - 2020/03/31 (予定) 17K00696

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 国土交通省国土地理院 感謝状(2012~)
  2. 日本写真測量学会 理事(2008~)
  3. 地理情報システム学会 四国地方事務局長(2000~2009)
  4. 日本測量協会 地理空間情報フォーラム測量コンテスト審査委員長(2012~)

地域活動にかかわる委員など

  1. 国土交通省四国地方整備局 四国建設業BCP等審査委員会(2009~)
  2. 四国地方整備局 四国地方整備局新技術活用評価委員会(2011)
  3. 日本水土総合研究所 三波川農地保全事業 委員会(2011)
  4. 日本水土総合研究所 高瀬農地保全事業 委員会(2011)

その他の社会活動など

  1. JAXA GCOM-C1 PI(2009~)
  2. JAXA ALOS PI(2001~2010)

一般講演など

  1. アグロフォレストリーを目指して,環境に配慮した法面保護工講習会(2017)
  2. GNSSとドローンの現状と技術者の育成,高知県産業教育研究会(2017)
  3. 地域における測量技術者のこれからの役割,測量の日記念講演会(2017)
  4. 高知工科大学が進める里山プロジェクト,香美市あったかふれあいセンター事業(2017)
  5. 地理情報システムを基盤とした里山プロジェクト,中国四国中山間地域総合整備事業推進協議会(2017)
  6. 救荒植物(災害時食糧備蓄となる植物)栽培適地評価システムと森林資源をリアルタイムに公開する地域基盤情報システムの研究開発,ICTイノベーションフォーラム(2013)
  7. 衛星リモートセンシングの利用高度化に向けた取り組み,宇宙フォーラム(2013)
  8. 地理情報システムの活用,
  9. モンゴルでの現地調査からみた環境問題,
  10. 宇宙から地球を測る,
  11. 四万十川僻村塾,四万十川僻村塾(2010)
  12. JAXA タウンミーティング,JAXA(2010)
  13. 基盤地図情報連携協議会,国土地理院(2010)

主な著書など

  1. 国土を測る技術の基礎,日本測量協会,2012
  2. 「測量工学ハンドブック」村井俊治編 (第13章計測データの表現手法),朝倉書店,2005
  3. 「地理情報科学事典」地理情報システム学会編,朝倉書店,2004
  4. リモートセンシング通論 (第1章リモートセンシングの原理),リモートセンシング研究会,2000
  5. イメージセンシング (第5章三次元データの可視化),日本測量協会,1997
  6. リモートセンシングハンドブック(第1章リモートセンシングの原理),宇宙開発事業団,1997

その他

メッセージ