教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
takeda-masaki-1.jpg

竹田 真己TAKEDA Masaki

  • 1976年生まれ 男性
  • 職位: 特任教授
  • 所属: 総合研究所 脳コミュニケーション研究センター

教員略歴

学位 博士(医学)
学歴 東京大学医学研究科機能生物学 単位取得満期退学(2005)
大阪大学医学系研究科 修了(2001)
国際基督教大学教養学部 卒業(1999)
職歴 順天堂大学医学研究科特任准教授(2016~2018)
順天堂大学医学研究科特任講師(2015~2016)
東京大学医学系研究科特任講師(2012~2015)
東京大学医学系研究科助教(2007~2012)
東京大学医学系研究科助手(2005~2007)
資格
専門分野 神経科学
研究室 名称 システム神経科学研究室
詳細 脳の作動原理を解明することは、私たちの心の働きを理解するうえで非常に重要な課題です。この難問に、脳活動を全脳レベルで可視化する機能的磁気共鳴画像法(fMRI)をはじめとする複数の脳機能計測技術を組み合わせることによりアプローチします。私たちの生活を支える様々な高次脳機能に焦点を当てて、脳神経回路の作動原理を様々な時間・空間解像度で調べることで、その統合的理解を目指します。
所属学会 Society for Neuroscience
日本神経科学学会
日本生理学会
日本心理学会
Organization for Human Brain Mapping

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群
大学院

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 神経科学
脳機能イメージング
現在の研究 脳神経回路の柔軟性、記憶の固定と想起メカニズム

メッセージ

脳神経回路の動作の柔軟性に興味を持って研究をしています。共に研究を推進してくれる方[助教(ポスドク研究員)、学振PDなど]を募集しています。

研究業績

主な受賞歴など

  • 平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞(2016)
  • 上原記念生命科学財団研究助成(2019) 上原記念生命科学財団

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
Dynamic laminar rerouting of inter-areal mnemonic signal by cognitive operations in primate temporal cortex TAKEDA Masaki,Hirabayashi, T,Adachi, Y,Miyashita, Y Nature Communications,Vol.9,pp.4629 2018
Brain mechanisms of visual long-term memory retrieval in primates TAKEDA Masaki Neuroscience Research,Vol.In press 2018
Conversion of object identity to object-general semantic value in the primate temporal cortex. Tamura K,Takeda M,Setsuie R,Tsubota T,Hirabayashi T,Miyamoto K,Miyashita Y Science,Vol.357,pp.687-692 2017
Causal neural network of metamemory for retrospection in primates. Miyamoto K,Osada T,Setsuie R,Takeda M,Tamura K,Adachi Y,Miyashita Y Science,Vol.355,pp.188-193 2017
Laminar module cascade from layer 5 to 6 implementing cue-to-target conversion for object memory retrieval in the primate temporal cortex Koyano KW,Takeda M,Matsui T,Hirabayashi T,Ohashi Y,Miyashita Y Neuron,Vol.92,pp.518-529 2016
記憶を正しく思い出すための脳の仕組み 竹田 真己 BRAIN and NERVE,Vol.68,No.4,pp.473-477 2016
霊長類大脳皮質における長期記憶の情報処理メカニズム 竹田 真己 生体の科学,Vol.67,No.1,pp.37-41 2016
Associative-memory representations emerge as shared spatial patterns of theta activity spanning the primate temporal cortex Nakahara K,Adachi K,Kawasaki K,Matsuo T,Sawahata H,Majima K,Takeda M,Sugiyama S,Nakata R,Iijima A,Tanigawa H,Suzuki T,Kamitani Y,Hasegawa I Nature communications,Vol.7,pp.11827 2016
Top-down regulation of laminar circuit via inter-area signal for successful object memory recall in monkey temporal cortex Takeda M,Koyano KW,Hirabayashi T,Adachi Y,Miyashita Y Neuron,Vol.86,pp.840-852 2015

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. 視覚記憶のマルチスケール神経回路,ヒューマン情報処理研究会(2019)
  2. 霊長類における脳内視覚記憶システムの多階層性にせまる,玉川大学 脳科学研究所 社会神経科学共同研究拠点研究会「世界や社会と相互作用して生きるヒトや動物の視覚-生理学、心理物理学、計算論」(2018)
  3. Brain mechanism for successful memory recall: layer specific inter-areal circuit in temporal cortex,The 39th annual meeting of the Japan neuroscience society(2016)
  4. Inter-areal and inter-laminar circuit for memory retrieval in primate temporal cortex,The 93rd annual meeting of the physiological society of Japan(2016)
  5. Inter-area signal targeting translaminar processing during successful memory retrieval in macaque temporal cortex,Society for Neuroscience(2015)
  6. Across-areal signal flow between area 36 and TE of macaques performing the pair-association task,Society for Neuroscience(2013)
  7. MRI-based localization of electrophysiological recording sites in the primate cerebral cortex,Brain and Health Informatics 2013(2013)

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクトニホンザル 提供検討委員会委員(2017~2018)
  2. 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクトニホンザル 供給検討委員会委員(2011~2017)

一般講演など

  1. ヒト記憶メカニズムの理解に向けたサル研究,ナショナルバイオリソースプロジェクト「ニホンザル」第15回公開シンポジウム(2019)
  2. ニホンザルをもちいて大脳記憶メカニズムに迫る,ナショナルバイオリソースプロジェクトニホンザル第14回公開シンポジウム(2017)
  3. 覚醒行動下のサルを用いて大脳認知機能に迫る,脳科学最前線2009「階層性と多様性の問題への挑戦」(2009)

主な著書など

  1. Physics of the Mind and Brain Disorders: Integrated Neural Circuits Supporting the Emergence of Mind,Springer,2017,ISBN 978-3-319-296
  2. Brain imaging using PET,Academic press,2002,ISBN 978-012636651