表彰制度について

学長賞

前年度の各学年最低修得単位数(1年終了時35、2年終了時70、3年終了時100単位)以上の者で、各賞の要件を満たした者に対し表彰します。

学業成績最優秀賞

基準・内容

前年度のGPAが各学群・学部上位1%程度である者

対象者人数副賞
2・3・4年生 各学年各学群・学部上位1%程度 奨学金 30万円(単年度)

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学業成績優秀賞

基準・内容

前年度のGPAが各学群・学部上位5%程度である者。ただし、学業成績最優秀賞に該当する者を除く。

対象者人数副賞
2・3・4年生 各学年各学群・学部上位5%程度 奨学金 10万円(単年度)

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

アスリート特別優秀賞

基準・内容

スポーツ実績が各競技における主たる競技団体が開催する西日本大会レベルの競技会において上位の成績をおさめ、かつ前年度の学業成績が各学群・学部上位20%程度である者

対象者人数副賞
2・3・4年生 特に定めない 奨学金 30万円(単年度)

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

アスリート優秀賞

基準・内容

スポーツ実績が四国大会優勝レベルで、前年度のGPAが2.0程度以上である者

対象者人数副賞
2・3・4年生 特に定めない 奨学金 10万円(単年度)

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

文化特別優秀賞

基準・内容

地域又は全国的に組織され文化活動を行っている団体や協会、連盟等が開催する西日本大会レベルのコンクール等におおいて上位の成績をおさめた者で、前年度の学業成績が各学群・学部上位20%程度である者

対象者人数副賞
2・3・4年生 特に定めない 奨学金 30万円(単年度)

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

文化優秀賞

基準・内容

地域又は全国的に組織され文化活動を行っている団体や協会、連盟等から表彰を受けた者で、前年度のGPAが2.0程度以上である者

対象者人数副賞
2・3・4年生 特に定めない 奨学金 10万円(単年度)

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

廣井勇賞

基準・内容

hiroi.jpg

高知が生んだ先駆的技術者である廣井勇の名を冠し、有志からの寄付を基に創設された賞。

学友を慈しみ熱き向学心を持ち、今後も学群・学部のリーダーとして卒業までの間活動する意志を有する者として、同級生及び教職員から推挙され、学群長又は学部長が認める者。

対象者人数副賞
学群・学部3年生 6名以内 小樽築港見学(2泊3日)

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学長褒賞

基準・内容

課外活動で優れた業績を残した者、災害防止等の功績者、善行行為者等に該当する個人又は団体のうち、大学の名誉高揚に貢献した活動を行ったと認められる個人又は団体

対象者人数副賞
学群・学部生、大学院生 特に定めない ギフトカード1万円分

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

末松賞

基準・内容

suematsu

高知工科大学の初代学長・末松安晴氏から、科学研究に顕著な業績があった者に与えられるドイツのエデュワード・ライン賞の受賞を記念し、本学に寄せられた浄財を基に創設された賞。

卒業年度の4Q(卒業年度末の集中講義は除く)までのGPAが学年で各学群・学部上位10%程度である者のうち、各学群・学部を代表する者であると、各学群長又は学部長が認める者

対象者人数副賞
卒業者 6名以内 表彰盾・銀メダル

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

岡村賞

基準・内容

okamura

入学時から卒業年度までの間、課外活動に取り組み、卓越した実績を挙げるとともに、卒業年度の4Q(卒業年度末の集中講義は除く)までのGPAが学年で各学群・学部上位20%程度である者

対象者人数副賞
卒業者 特に定めない 表彰盾

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

佐久間賞

基準・内容

sakuma

修士課程においては、修了年度の4Q(修了年度末の集中講義は除く)までのGPAが学年で各コース上位5%程度の者で、原則として国際的な学術集会において英語で研究成果を発表している者。

博士後期課程においては、研究成果が国際的に高く評価されており、国際的に評価の高い学術誌に本人を筆頭著者とする論文が採録又は採録が決定されている者。

対象者人数副賞
修了者 修士は各コース上位5%程度 博士は特に定めない 表彰盾

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

入試情報(学士課程)