大学院

1.日本学生支援機構奨学金

種別区分貸与金額貸与期間

第一種

(無利子)

修士 50,000円 or 88,000円 最短終業年限
の終期まで
博士後期 80,000円 or 122,000円

第二種

(有利子)

学士 3万、5万、8万、10万、12万円より選択
修士 5万、8万、10万、13万、15万円より選択
博士後期

■入学時特別増額貸与奨学金(有利子)・・入学月の貸与月額に10万,20万,30万,40万,50万円のいずれかの貸与金額を増額することができる。

日本学生支援機構奨学金Webサイト

平成29年度 特に優れた業績による返還免除候補者の推薦に係る募集について

 日本学生支援機構では、大学院在学中に優れた業績をあげた者に対して、大学院第一種奨学金貸与金額の全額又は一部の返還を免除する返還免除制度があります。

希望者は募集要項を確認のうえ、期日までに香美キャンパス学生支援課へ申請書類一式を提出してください。

〈募集要項・様式〉

2.ティーチングアシスタント(TA)制度(修士課程)

大学院修士課程の院生には、ティーチングアシスタントとして採用されると学群・学部生の授業、実験、演習等の指導補助に従事することにより給与を受給できる制度があります。

3.給付奨学金(博士後期課程)

大学院博士後期課程では、学生が研究に専念できるよう、年間授業料に相当する給付奨学金を支給し経済的な支援を行います。対象者は学業、人物ともに優れ、他の学生の模範となる者として認められる者で教員とともに研究を行う本学博士後期課程の学生です。 下記の条件に該当する場合を除きます。

  • 本人および配偶者の当該年度(1月〜12月)の収入が日本学生支援機構博士後期課程学生への奨学金貸与の第一種奨学金の家計基準に該当しない。
  • 授業料が免除されている。
  • 他団体、企業等から授業料の支援を受けている。
  • 在学期間が3年を超えている。(休学期間は含まない)
  • 休学中である。
  • 教員とともに研究を行っていない。